Amazon関連

ボタンひとつで注文できる『Amazon Dash Button(アマゾンダッシュボタン)』の種類まとめ┃Amazonプライム

投稿日:2016年12月5日 更新日:

haitatu2

Amazonがボタンを発売した。ボタン?なにやらボタンを押すだけで日用品が購入でき、家に届くらしい。

一体どういうことなんだろう?

ってことで今回は『Amazon Dash Button』の使い方やどんな商品がボタンを押すだけで注文できるのかを紹介していきたいと思います。

Amazon Dash Buttonとは?

日用品などの普段よく使う商品がボタンを押すだけで注文できる、そのボタンが『Amazon Dash Button』です。

Amazonプライム会員の方なら、知っていると思いますが、ワンクリック注文をもっと簡略化するための商品ですね。

Amazonプライム会員になると、お届け先や料金支払い方法の選択など、購入に必要な情報をあらかじめ登録しているので、今までも、商品のページでクリックするだけで商品が購入できました。

それを、『Amazon Dash Button』を使うことによって、web上ではなく、物理ボタンで商品が注文できるようになります。

Amazonプライム会員について詳しくは↓

Amazonプライム会員は登録しとくべき!お得する訳を紹介!

『Amazon Dash Button』の使い方

例えばエリエールの『Amazon Dash Button』を購入するとします。エリエールの『Amazon Dash Button』はトイレットペーパーやティッシュが7種類のうち、1つお気に入り登録ができます。お気に入り登録した商品が欲しければボタンを押せば商品が届くわけです。

お気に入り登録はWi-Fi環境でiosやandroidのAmazonショッピングアプリから設定ができます。

トイレットペーパー置き場にこの『Amazon Dash Button』を置いておけば、無くなりそうだなと思えばボタンを押せば注文できるのでかなり便利ですよね。

料金は?

ボタンの料金は一律で500円なんですが、初回注文時に料金から500円引きされるので、実質無料になります。

1度でも使用する機会があるのなら、買っておいて損はありませんね。

ボタンを間違って押してしまった

1度押して注文すれば、商品が届くまで再度注文はできないので、誤注文も防げますし、もし間違ってボタンを押した場合でも一定期間は注文取消しや返送は可能なので心配はいりません。

ティッシュ・トイレットペーパー

トイレットぺーパーやティッシュって、まとめ買っておいたはずなのになんでいつのまにか無くなっていますよね。

このボタンがあれば、エリエール商品がトイレットペーパー・テッシュ・アルコールタオルが7種類買うことができます。

洗濯用品

洗濯用品の種類は豊富にありますね。洗濯洗剤や柔軟剤はニオイに好みがありますから柔軟に対応したのでしょう。(ちょっと掛けてみた笑)

台所用品

 

 

食器洗剤も気付いたら無くなっていますよね。食洗器洗剤にも対応してるので便利ですね。

消臭剤

ファブリーズって使いだしたら、使わないと臭いんじゃないかな?と心配になって、必要以上に使ってしまうので、すぐに無くなります。

飲み物・食べ物

水とか炭酸水って毎日飲むものですから、消費量が多いですよね。基本的には1箱(24本)からの注文となります。

日頃からネスカフェを愛用している人にオススメ!ただ詰め替え用しかないので、注意してください。

ノンアルコールビールも2種類登場。

健康のために毎日飲んでる人はこれでますます健康に!

朝食の定番のフルグラがボタン一つで自宅に。3種類あります。

髭剃り用品

髭剃り用品って思ったより消耗するんですよね。シェービングがなくなったり、刃のキレ味が悪くなったりと、まあそのままでもいいか!って使いがちですけど、、、

デンタル用品

デンタル用品も、電動歯ブラシ・歯磨き粉・歯ブラシなど種類が豊富です。

制汗剤

汗のニオイ対策はエチケットです。特にスポーツをする人には必需品ですよね。

まとめ

Amazonの商品配達の早さと普及率あってこそのサービスですね。

東京23区や主要都市はその日のうちに配達されるAmazonですが、私が住んでいる田舎でも次の日には商品は届きます。

このサービスは買い物に行くのが難しいお年寄りなんかの顧客拡大につながりそうですね。

Wi-Fi環境やスマホアプリが必要など、少しハードルは高そうですが、、、、

ただでさえ配送業者が悲鳴をあげているAmazon商品の配達ですが、これからまだまだ忙しくなりそうです。

利用者にとっては便利でありがたいので、利用しますが、配達業者に感謝の気持ちは持って接していきたいと思います。

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

関連記事広告

-Amazon関連

Copyright© なるほど net news , 2017 AllRights Reserved.