本・マンガ

アニメ放送決定した『三月のライオン』を読んだ感想&放送日とか

投稿日:

今秋のアニメ放送が決定した『三月のライオン』ですが、放送を記念したポスターが日本全国47都道府県の駅にポスターが掲出されたり、盛りがっていますね。

今回は、『3月のライオン』のアニメ放送日やDVD発売情報とともに、マンガを読んだ感想を紹介していきたいと思います。

[ad#ad-1]

『3月のライオン』テレビアニメ放送

まずは、軽く『3月のライオン』の説明をしますと。

将棋を題材とした、羽海野チカのマンガ作品です。

羽海野チカさんと言えば『ハチミツとクロバー』が有名ですかね。

騎士の先崎学さんが監修されているので、本格的な棋士の世界が描かれつつも、家族や人間の暖かさを感じさせられる作品です。

アニメ放送日

アニメ放送開始は、

NHK総合から2016年10月8日(土)23:00~23:30となっています。

放送開始が待ち遠しいですね。

Blu-ray・DVD発売決定

アニメ放送もまだ開始されていないのに、Blu-ray・DVDの発売が決定しています。

それだけ期待度が高いってことですね。

第1巻が2017年1月25日、第2巻が4月26日、第3巻は6月28日、第4巻は8月23日に発売される予定です。

『3月のライオン』を読んでみた感想

実はアニメ放送されるのは知らずに、最近読んだのですがこれがかなり面白く、どはまりしました。

あらすじは、

少年・桐山零(きりやま れい)は、幼い頃に交通事故で家族を失い、父の友人である棋士、幸田に内弟子として引き取られ、15歳で将棋のプロ棋士になった。幸田の実子との軋轢もあり、六月町にて1人暮らしを始めた零は、1年遅れで高校に編入するが、周囲に溶け込めず校内で孤立し、将棋の対局においても不調が続いていた。

自らの境遇を停滞していると感じていた零は、ある日先輩棋士に無理やり付き合わされたあげくに酔いつぶされ、倒れてこんでいたところを介抱されたことがきっかけで、橋向かいの三月町に住む川本家と出会い、夕食を共にするなど交流を持つようになる。

出典:Wikipedia

ってな感じ。

読み始めのきっかけはマンガアプリで1巻が無料だったからなんですが、課金しまくって読みました。

題材が将棋と言うことで、将棋マンガなの?と思う人も多いでしょうが、将棋が題材にしかすぎません。

確かに、将棋についても戦術や大会など詳しく書かれているのですが、この作品の本質は、主人公を軸にした登場人物が織りなす人間ドラマです。

主人公の桐山零が生きる事に悩み、苦悩し成長していくのですが、それに関わる登場人物の心理描写も繊細に描かれてます。

心理描写ってマンガで表わすのは難しいと思うのですが、この作品はガンガン心に突き刺さってきました。

心が温かくなりながらも考えさせられる作品ですね。

まとめ

読んでない人は、アニメを見てもいいのですが、ぜひマンガでも読んでほしい作品です。

現在(10月2日)1巻は、マンガBANG!で無料で読めるので是非読んでみて下さい。

私はマンガBANG!で続きも購入して読んだのですが、kindleで読んだ方が少し安かったことを後で気づきました、、、、笑

 


スポンサーリンク





スポンサーリンク

-本・マンガ

Copyright© なるほど net news , 2017 All Rights Reserved.