動画配信サービス

新シリーズ『勇者ヨシヒコと導かれし7人』を見る方法まとめ┃dTV/Hulu/Amazonプライムビデオ

投稿日:

根強いファンが多くいる、人気ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズ第3弾となる『勇者ヨシヒコと導かれし7人』が、放送が開始され、勇者ヨシヒコファンがSNSなどで盛り上がりを見せたのは記憶に新しい。

しかし、私の地域では『勇者ヨシヒコと導かれし7人』は放送されませんでした、、、。しかし、遂に動画サービスに、『勇者ヨシヒコと導かれし7人』が登場しましたよ。

ってことで今回は、『勇者ヨシヒコ』シリーズについて、作品を見る方法などとともに紹介していきたいと思います。

『勇者ヨシヒコと導かれし7人』とは?

特報動画を見るだけで、ワクワクしますね。

シリーズ第3弾となる『勇者ヨシヒコと導かれし7人』は、勇者ヨシヒコが暗黒の神デスタークとの戦いに勝利してから数百年後を舞台に、再び暗黒の時代となった世界を救うため、旅に出たヨシヒコ一行の冒険の様子を描いています。

勇者ヨシヒコとは?

これまでに2011年に放送された『勇者ヨシヒコと魔王の城』、翌年の2012年に『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』の2シリーズ放送されている大人気ドラマです。

低予算冒険活劇と言われるだけあって、「これまでに見たことない映像美!」とかは無く、素人でも「これぐらい作れるんじゃね?」と勘違いするほど安っぽい感じがします。笑

しかし、本当に面白い!

基本的にはドラクエ風なんですが、

勇者ヨシヒコ「山田孝之」を初め、魔法使いメレブ「ムロツヨシ」、戦士ダンジョ―「宅麻伸」、素人の女ムラサキ「木南晴香」、仏「佐藤二郎」の豪華俳優陣の掛け合いが何とも言えなく面白いんです。

後、ゲスト俳優も結構豪華だったりします。

しかも、クウェア・エニックスが協力としてクレジットされており、スライムやモンスターは本物のドラクエのモンスターが出てきます。(張りぼてですが、、笑)

とにかく面白いので見てない人は見た方がいいですよ。

『勇者ヨシヒコシリーズ』を見る方法

過去の勇者ヨシヒコシリーズは様々な動画配信サービスで見ることができます。

ぶっちゃけテレビ東京の作品は大体の動画配信サービスで配信されているんですよね。

ってことで今回は、勇者ヨシヒコ全3シーズン見られることを前提に、おすすめの動画配信サービスを紹介していきます。

注意:2017/4/12現在の情報ですので、既に配信が終了している場合もあります。

dTVで見る

dTVは、月額500円(税抜)とお手頃な価格ながら、圧倒的なコンテンツ数を配信する、コスパ最強動画配信サービスです。

勇者ヨシヒコシリーズは、かなり前から配信し続けていますし、私と勇者ヨシヒコシリーズとの初めての出会いもdTVでした。

初回は31日間の無料お試し期間があり、気軽に会員登録できます。

dTVについて詳しくは↓

コスパ最強!dTVを利用してみた感想┃メリット・デメリット

Huluで見る

Huluは、月額933円(税抜)の、海外ドラマ作品が多く見られる、動画配信サービスです。

勇者ヨシヒコシリーズは、一度配信停止していて見られなかったのですが、現在は全3シリーズとも見られますね。

初回は、2週間の無料トライアル期間があります。

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオは、Amazonプライム会員(年間3900円)の特典の1つの動画見放題配信サービスです。

特典の1つですが、Amazonプライムビデオのためだけに、お金を払ってもいいくらいのサービスですね。

Amazonプライムについて詳しくは↓

Amazonプライム会員は登録しとくべき!お得すぎる訳を紹介!

Amazonプライムビデオについて詳しくは↓

Amazonプライムビデオはただの特典レベルではない!メリット・デメリットを紹介

『勇者ヨシヒコシリーズ』見るのに一番おすすめの動画配信サービスは?

勇者とヨシヒコシリーズを見たいだけなら、dTVをおすすめします。

月額500円ながら、作品数、会員数№1の動画配信サービスですし、無料お試し期間も30日と長いので、ゆっくりと勇者ヨシヒコシリーズを見られます。

30日間あれば、3シーズン分を全部見ても、お釣りが出ますよ。勇者ヨシヒコシリーズだけ見て、解約すればお金も払わなくて、済みますしね。笑

まとめ

『勇者ヨシヒコと導かれし7人』が配信開始され、見始めたのですが、面白すぎて1日で全話見てしまい、寝不足です。

ゲストも最初から、菅田将暉ですかね!この作品の意気込みが感じられます。速攻で、倒されますが。笑

俳優・女優陣もかなり有名になり、このメンバーが集まるのは、難しかったでしょうが、集まってくれて本当に良かった。

『勇者ヨシヒコと導かれし7人』を、もしまだ見ていないのなら是非!


スポンサーリンク


スポンサーリンク



-動画配信サービス

Copyright© なるほど net news , 2017 All Rights Reserved.