動画配信サービス

コスパ最強!dTVを利用してみた感想┃メリット・デメリット

投稿日:2016年10月10日 更新日:

television-remote-control-525705_960_720

docomoの機種変更のさいに、機種代金が「安くなりますよ」って進められるがままに契約して、数年が経ちました。

dTVに契約するまで、ゲオやTSUTAYAなどのレンタルのヘビーユーザーだったのですが、今ではレンタルすることはありません。

まあ他にもHuluとかの動画配信サービスにも、契約してるのですが、、、笑

そんな私が、実際に使って見て、コスパ最強だと思うので紹介していきたいと思います。

dTVとは?

dTVはいち早く映像配信をスタートしただけあって、作品数、会員数ともに№1のサービスとなっています。

dTVってdocomoの映像配信サービスのイメージが強いのですが、docomoユーザーじゃなくてもインターネットさえ繋がれば、利用できるのご心配なく。

対応端末

PC・TV・ios端末・android端末・ChromeCast・Apple TV・Amazon FIre TV Stick・SmartTV dstick・dTVターミナルとなっています。

対応機種は豊富ですね。他のサービスだと、AmazonプライムビデオはChromeCastに対応していないとか、映像配信サービス内に壁が存在するのですが、dTVはほとんどの端末に対応してるので安心です。

料金

500円/月額

とかなりリーズナブルな値段となっています。この月額500円は他の映像配信サービスと比べても断トツで安い!!です。

例えば、Huluは933円ですし、Netflixが950円、U-NEXTは1990円もします。

しかし、HuluやNetflixなどとは違い、すべてが見放題ではなく、一部は個別課金が必要です。

作品のほとんどは無料で見放題なのですが、新作の一部がレンタルで、映画だと1本標準画質が400円、HD画質が500円となっています。

支払い方法

docomoユーザー

docomoの携帯端末であれば、docomoのアカウントである、dアカウント(旧docomoID)で登録すると、携帯料金の支払いと同じ様に支払うことができます。

携帯料金の支払い方法が、通帳引き落としなら通帳引き落としで、クレジットカード払いならクレジットカード払いってことですね。

docomoユーザー以外

docomoユーザー以外の人がdTVに加入するには、dアカウント(旧docomoID)が必要があります。

dアカウントが必要って言っても、そんなに面倒じゃないですよ。他の動画配信サービスの会員登録と同じレベルです。

ただ、docomoユーザー以外の人がdアカウントでの支払いをするには、通帳引き落としが出来ないので、クレジットカードが必要になります。

おすすめクレジットカード↓

クレジットカードは楽天カードで決まり!ポイントが貯まりやすく、使いやすい

無料期間

初回31日間のお試し期間があります。これも、Huluは2週間のみなので、長いですね。

試しに1ヶ月利用してみて、見たい作品が無かったら、解約すればいいだけですからね、安心です。

dTVで無料期間契約して解約、次にHuluの無料期間契約なんてことをしても、誰も怒ったりしないですから、とりあえず試してみるのもありだと思いますよ。

作品数

作品数は12万以上の圧倒的な作品数を誇っています。しかしこれに訳があって、映像作品だけの数じゃないんですよね。

映画やドラマ、アニメ、音楽、ニュース、カラオケ、MVとありとあらゆる種類の作品をすべて合わせた数が、12万以上となっています。

他サービスと比べても、常に作品数は1位ですが、すべての作品が無料で見放題ではないのが惜しい所です。

dTVオリジナルコンテンツ

dTVではオリジナルコンテンツにも力を入れています。

BeeTVと言うコンテンツなんですが、このBeeTVが凄くて、ドラマ・アニメ・バラエティーそれぞのクオリティーが高いです。

アニメだと闇金ウシジマくんスペシャルドラマ、バラエティーだとトゥルルさまぁ~ずとかBeeTVだけでも500円分の価値があります。最近だとあのゴッドタンもオリジナル番組としてスタートし注目を集めましたね。

dTVをテレビで見る方法

・dTVターミナルを利用する

・dsutikを利用する

・AmazonFireTVを利用する

・AppleTVを利用する

・NexusPlayerを利用する

・dTV対応テレビを利用する

・ひかりTVチューナーを利用する

・スマートフォンとテレビをHDMIケーブルで繋ぐ

とまあこんぐらいですかね。

dTVターミナルなどdTV専用の機器がありますが、私はAmazonFireTVを利用することおすすめします。

対応サービスも豊富で値段も安いですし、コスパ最強ですよ。

詳しくは↓

dTV見る方法まとめ┃Fire TV,Chromecast,dTVターミナルなど徹底比較

Fire TV Stick レビュー┃ミラーリングもできてコスパ最強!買わなきゃ損するよ

dTVのメリット

・月額500円と、とにかく安い

・作品数が豊富

・オリジナルコンテンツの完成度が高い

とまあ料金が安く、作品数が多いのがメリットですね。

私はdocomoユーザーなので、携帯料金と一緒に請求されるのですが、月額500円なんで、作品を1回も見ない月があっても解約しようと思ったことはありません。

dTVのデメリット

・すべてが定額ではなく、個別課金がある

・海外新作ドラマの作品数が少ない

やはり個別課金作品があるのは、少しストレスが貯まりますね。

メジャーな作品などは、ほとんど見放題なのですが、新作の作品で「お!この作品面白そう!」と思ったら、個別課金が必要だったりします。

レンタルはHD画質が500円と映画1本が月額と同じ料金ですからねちょっと割り高です。

迷ってるならdTVがベスト

動画配信サービスに加入するときに、Huluがいいかな?Netflixがいいかな?dTVがいいかな?と、どの動画配信サービスにしたらいいのか、迷うと思います。

そんな時は、取り敢えずdTVに加入するのが、ベストな選択だと思います!

dTVは、他のサービスと比べ、月額500円と圧倒的に安いので、実際に利用してみて、dTVで満足できるなら、万々歳だと思いませんか。

満足できない時に、他の動画配信サービスを検討すれば、いいんですよ。

無料お試し期間も31日間ありますしね。

まとめ

これといった見たい作品がない、とにかく色々な作品をできるだけ安く見たい人におすすめします。

動画配信サービス「dTV」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題

どの動画配信サービスにしようかな?と迷っているのであれば、取り敢えずdTVにしとけば間違いないでしょう。

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

関連記事広告

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

-動画配信サービス

Copyright© なるほど net news , 2017 AllRights Reserved.