本・マンガ 芸能

絵本作家になったキングコング西野!絵本の評価は?

投稿日:2016年6月28日 更新日:

お笑いコンビキングコングの西野亮廣が肩書から芸人を引退することを宣言したそうです。

今後は絵本作家として活動していくみたいなので、絵本作家「にしのあきひろ」としてにお評価、作品を紹介していきたいと思います。

キングコング西野お笑い芸人やめるってよ

キングコング西野がお笑い芸人引退宣言をしたのは、6月27日深夜放送の『EXD44』でした。

番組内容は、西野に対してアンチ西野側が文句を言う内容でアンチ西野の執拗な「芸人が絵本なんか描きやがって」「芸人辞めろ」の批判に芸人は「自由に生きる姿勢こそが芸人」と反論したが、アンチ西野側が納得せず、西野が折れる形で芸人引退宣言を行いました。

っでどうするのかな?本当に引退するのか?バラエティー番組だし、しないだろうと思っていたんですが西野が出した結論が

聞けば、芸人が絵本を描くのはアウトだけれど、絵本作家がテレビに出るのはアリだと、彼らは言います。なるほど、そういうルールなのね!僕が絵本制作を辞めるわけにはいきませんし、梶原君との漫才をこれからも続けていきたいです。そんなこんなで、僕が出した結論がコチラ。

絵本作家になります。

『芸人』とか言い張っていたkらダメだったのでしょう。『絵本作家』と言って、漫才をしたり、テレビに出たりするのはいいにでしょう?

             引用:キングコング西野公式ブログ

とのこと。

まあただの屁理屈ですよね。笑

私はこういう曲がった感じの人は好きなんですが、世間はそうでないのでしょうね、、、笑

絵本作家『にしのあきひろ』の絵本紹介

 

ってな訳で結構な数の絵本を出版しています。

絵本作家と言っても問題ないですね。

絵は確かに完成度が高いですよね。

なんと!1枚の絵を描くのに1ヶ月近くの時間をかけているそうです。

『にしのあきひろ』の絵本の評価

私は友達の家にあった「オルゴールワールド」しか読んだことが無いので詳しくは言えないので、レビューを調べてみると、

でるわでるわ、批判のレビューが!笑

批判の内容は「話しが難しい」「パクリだろ」「何も感じない」とか絵本のレビューにしてはひどい内容でした。

まあこの批判も西野嫌いからくる批判も多いでしょうから、一概には言えないでしょうけど。

では、称賛のレビューの内容は「素敵な絵本だった」「西野さんとは知らずに読んだが面白かった」「絵が凄い!まさしくアーテスト」など言い意見も見られます。

私の読んだ感想は、大人が読んでも楽しめる作品だと思います。

しかし逆を言えば、子供には難しいとも言えますけどね。(絵だけでも楽しめると思う)

まあこれだけの意見が集まるのも西野さんの力の1つですからね。

まとめ

世間から嫌われいる西野さんですが、私は魅力的で面白いと思うんですけどね、、、、

とにかくこれから『にしのあきひろ』が描く絵本は注目を集めるでしょうから、1度読んでみてもいいかもしれないですね。

追記

絵本作家の肩書も役半日で辞めてしまいましたね、なんの為の宣言だったのでしょうかね?

「話題作りに必死!」ってまた叩かれそうですが、、、、

とにかく絵本については真剣に取り組んでいるようなので作品も見てみては?

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

関連記事広告

-本・マンガ, 芸能

Copyright© なるほど net news , 2017 AllRights Reserved.