本・マンガ

書評『コンビニ人間』を見た感想、あらすじ、ネタバレ注意!

投稿日:

『コンビニ人間』が第155回芥川賞を受賞しましたね。

作家は現役でコンビニでアルバイトをしている、村田沙耶香さんです。

話題になったものは気になって仕方がないので、私も『コンビニ人間を』を読んでみました。

本屋の買いに行くのが面倒だったので、kindle版が出るまで待ったのはここだけの話です。笑

今回は『コンビニ人間』について、感想、あらすじを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

『コンビニ人間』あらすじ

私があらすじを書いてもいいんですが、私よりAmazonの方がクオリティーが高いので、Amazonのあらすじを乗っけときます。

36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。
オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、
変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、
清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、
毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、
完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、
私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。

ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は
「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。

現代の実存を問い、
正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。

引用:Amazon

とまあこんな感じです。

私があらすじを書くとすると、

36歳になる未婚女性「古倉恵子」は、幼少期から普通と言うものが分からない。

普通が分からないと周りからは異常と思われてしまう。

そんな異常な彼女を普通にしてくれたのは、コンビニだった。

コンビニはマニュアルがあり、コンビニの歯車の一部になることによって彼女は普通になれるのだ。

そんな彼女の前に、新人アルバイトの白羽が現れる。

白羽は彼女に、36歳にもなって、独身コンビニアルバイトなんて社会の普通とは違うと言う、、、、

彼女の普通はいつのまにか普通ではなくなっていたのだった。

彼女は一体これからどうするのか?

普通とはなんなのか?彼女の心は揺れ動く。

とまあこんな感じですかね。

スポンサーリンク

『コンビニ人間』を見た感想

一言、面白いです。

 

『コンビニ人間』を見て、まず驚いたのはコンビニのリアリティーの高さですね。

私もコンビニでアルバイトしてたのですが、『コンビニ人間』の文章を見ると、頭の中にコンビニの情景が鮮明に浮かびます。

現在も週3コンビニアルバイトをしている、村田沙耶香にしか書けない文章でしょうね。

文章は難しい表現を使わず、分かりやすいですし、新人アルバイトの白羽のどうしようもない感情や、主人公の古倉恵子の考えもストレートに頭に入ってきますね。

時おり出て来る、女子会のドロドロした部分は読んでみて、妙に納得できます。

1時間半もあれば読めますし、現代の実存を考えさせられる、素晴らしい作品です。

 

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

関連記事広告

-本・マンガ

Copyright© なるほど net news , 2017 AllRights Reserved.