生活

2017年賀状いつまでに出せばいい?送るのが面倒な人におすすめの印刷サービス紹介

投稿日:2016年10月6日 更新日:

pak79_geisyun20141221164855_tp_v

年賀状を出す時期っていつまでに出せばいいの?

ぶっちゃけ年賀状出すのって面倒なんですよね。

面倒だな、、、って思ってるいると毎年ギリギリになって焦っています。

年賀状はいつまでに出せばいいの?

年賀状を出す時に気になるのが、いつまでに出せば、元旦の配達に間に合うのかって所ですよね。

2016年の年賀状の引き受け開始日

2016年の年賀状の引き受け開始日は、

2016年12月15日(木)~となっています。

12月15日からポストに投函したり、郵便局窓口で引き受けてくれます。

年賀状は配達が元旦からとなるので、特別な扱いになり12月15日より前に出しても、「引き受けはまだですよ」って返ってきます。

1日ぐらいなら局に保管してくれる場合もありますけどね。

いつまでに出せば元旦の配達に間に合うのか?

引き受けは12月15日~となっていますが、いつまでに年賀状を出せば元旦の配達に間に合うのでしょうか?

日本郵便は毎年、元旦の配達に間に合うには、

12月25日までに出してくださいとの記載があります。

しかし、26日以降に出した郵便で出来る限りは、元旦の配達に間に合うようにしてもらえます。

同じ都道府県内だと、28日ぐらいまで届けてもらえるようです。

私が住んでる地域だと、30日出しても届けてもらえますが。笑

年賀状は日本郵便の利益を大きく担う商品なので、出来る限りのことはしてくれるようですね。

しかし、年賀状も機械での仕分けを行っているので、一定の確率でミスがあり、違う地域に送られたりして、元旦の配達に間に合わない可能性もあります。

その可能性も踏まえての、12月25日までに出して下さいってことなので、出来る限り12月25日までに出しましょう!

今年から1月2日の配達がなくなるかもしれないので、もし間に合わなければ、1月3日からの配達になるので気をつけましょう。

スポンサーリンク

年賀状を送るのが面倒な人にオススメするサービス

年賀状って送るのって面倒なんですよね、でも年賀状だけの繋がりの友達とか会社の上司とかに送らない訳にはいかないですよね。

私はいやいやですが、毎年100枚ぐらいですが、年賀状を送っています。

そんな私がおすすめする年賀状サービスを紹介していきます。

年賀状印刷サービス

自分の家のパソコンやプリンターを使って、年賀状を印刷してる人って多いと思うんですけど、私は年賀状印刷サービスをおすすめします。

年末って忙しいのに、わざわざ時間をかけて印刷したりするのってもったいなくないですか?

デザインもソフトを買えばいいのがありますが、フリー素材だとそんなにいいのは無いですし、プリンタのインクも消費するので、プリンタのインクが切れた!ってわざわざ買いに行ったり、なんてこともありえます。

どちらにしろ、お金はかかりますし、作業時間を考えると圧倒的に印刷サービスを使うのがコスパがいいと思うんですよ。

郵便局の年賀状印刷

まずは郵便局の年賀状印刷サービスです。

年賀状を発売している、企業のサービスですから、デザインの種類も豊富にあり、クオリティーも高いです。

サイトも分かりやすいですし、郵便局に行けばカタログが手に入るので頼みやすいですね。

今年から、宛名印刷も本格的にやりはじめたようです。

 

Cardbox

2000点以上のデザインがあり、クオリティーも高いです。

数ある印刷サービスの中でも、1番おすすめできるサービスですね。

サイトも分かりやすくて、カテゴリ別に分かれていたり、ビジネス向けのコンテンツもあります。

郵便局の年賀状サービスと違い、割引の種類もたくさんあってすべて適用されると、かなりお得です。

追加料金を出せば、絵柄だけでなく宛名の印刷もしてくれます。

すべて任せられるので、後は出すだけになりますよ。

年末、忘年会などで、忙しい人にはおすすめ!

アプリで年賀状

スマホで年賀状2017写真つき年賀状を作成、印刷できる無料アプリ

スマホで年賀状2017写真つき年賀状を作成、印刷できる無料アプリ
開発元:CONNECTIT Inc.
無料
posted with アプリーチ

スマホのアプリで年賀状を送ることができます。

スマホで送ることができるので、手軽に年賀状を送ることができます。

まとめ

年賀状印刷サービスは、早期割引がかなり大きいので、早めに注文することをおすすめします。

自分で印刷にしろ、印刷サービスを使うにしろ早めに取り掛かったほうがいいですよ。

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

関連記事広告

-生活

Copyright© なるほど net news , 2017 AllRights Reserved.