パチンコ・パチスロ

パチスロは勝てるのか?元プロが語るリアルな現状とは?2016

投稿日:2016年6月9日 更新日:

パチスロ、パチンコで生活が出来るなんてのは昔の話し。

なんて言われているこのご時世、本当にパチスロは勝てるのか?

元プロがリアルな現状を語っていきたいと思います。

まあ元プロなんて偉そう言ってますが、ただの元ニートですけどね。笑

スポンサーリンク

パチスロは勝てるのか?

勝てるかどうか?は正直に言うとまだ勝てます。

しかし、スロットで生活ができるかどうか?については微妙な所ですかね。

昔のパチスロ

私がスロットを始めたのは初代北斗や吉宗がギリギリ残っていた頃です。

この頃はまだ1年で1000万なんて大金を稼いでる人はゴロゴロいました。

その頃、私は余裕の負け組でしたけど。笑

私がプロ(ニート)を始めたのは1度就職をして速攻で辞めてから、すぐに仕事をする気になれなくて好きだったパチスロで生活をしてみたいなと思い一大決心!

この頃は5号機になっていて、エヴァンゲリオンで言うと「真心を君に」ぐらいでしたかね。

3年ぐらいパチスロ・パチンコで生活してましたけど、3年で1200万ぐらい勝ちました。

平均年収で言うと400万ですね。

なぜプロ(ニート)を辞めたかと言うと思ったより勝てなかったから!笑

3年目なんてギリ300万届きませんでしたからね。

勝てなくなった原因は、私の主な勝ち方は設定狙いでして、並び順じゃないホールが増えたのが原因です。

並び順であれば朝早く並べば狙い台に座れます。お店の傾向が掴めれば3分2ぐらいで設定6が掴めましたからね。

抽選になると運の要素が強くなりすぎるんですよね。

後、五号機も色々な種類が出てきて勝つ手法がハイエナがメジャーになったのに対応できなかったから。

私はどうしてもエナ専と言われるような、ハイエナばっかりする人になれなかったんです。

朝一、設定狙いできる日なんて3日に1日ぐらいでしたから3年目なんて100日しかお店に行ってません。

でもこの頃でも時給は結構いいと思いますよ、100日ホールに行って稼働時間は900時間ぐらいですから時給換算すると3333円。ね!まあまでしょ!

3年もプロ(ニート)していたら、知り合いも結構できまして色々な人の話しが聞けます。

この頃、私の周りで1番稼いでいた人が1年で730万って言ってましたね。

現在のパチスロ

昔の話しを長々と書いてしまいましたが、皆さんが気になるのは現状、勝てるかどうかですよね?

この記事を書くにあたって現在もスロットで生活してる人達に思い切って聞いてみました。

結果は。。。。。。。。。。まだ生活できる人もいるみたいです。

まだスロプロやってそうな5人に聞いてみたんですが、5人のうち2人は引退していました。

こう言う話しを聞くと寂しいですね。

3人はまだ生活してるのでどの位稼いでるのか聞いてみると2人は大体500万ぐらいだそうです。

もう1人は私がパチスロをよく一緒に打つ後輩なんですけど、収支表を見せてもらうと昨年は370万ぐらい稼いでました。

ちなみ私は趣味打ち程度ですけどプラス60万です!!!!笑

こうやって見るとまだギリギリ生活は出来そうですね。

どのように勝っているのか、後輩には詳しく聞いてみたんですが結構しんどそうですね。

稼働日数が年345日で稼働時間3000時間ぐらいだそうです。

時給1200ぐらいですね。。。。。笑

まあこんなもんなんでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

結果はギリギリ生活は出来るけど、かなり稼げる訳ではないようです。

まあ世の中には、今でも1000万クラスを勝ってる人はいるでしょうけど、そんな人は何やっても成功するような特別な人なんでしょう。

まあ、甘い気持ちではスロットでは生活できない。

本気の人は1度、挑戦してもいいかも?

パチスロで勝つための近道とは?大切なのは店選びと情報

 

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

関連記事広告

-パチンコ・パチスロ

Copyright© なるほど net news , 2017 AllRights Reserved.