スポーツ

夏の甲子園3回戦『花咲徳栄VS作新学院』徹底予想&試合結果

投稿日:2016年8月15日 更新日:

futta1644m

98回全国高等野球選手権大会、3回戦の組み合わせが決定しました。

大会11日目の第2試合に、埼玉県の花咲徳栄と栃木の作新学院が対戦します。

今回は『花咲徳栄VS作新学院』について分析し、予想していきたいと思います。

試合開始予定は8月17日(水)13:00~となっています。

スポンサーリンク

花木徳栄を分析

1回戦をおさらい

1回戦は、大曲工業と対戦し、6対1で勝っています。

8回、9回にヒットを固めて、突き放しました。

エース高橋が9回を投げ切りました。

高橋:9回・被安打10・奪三振11・四死球3・自責点1

となっています。

高橋はこの試合、ランナーを背負う場面が多かったのですが、まだ少し余裕があるような印象でした。

打線の方は、チーム全体で34打数10安打、チーム打率0.294です。

3番岡崎、4番西川が2安打づつ打ち、打点も取っています。

5番の楠本も勝負強いので、クリーンナップは心強いですね。

序盤は打線が繋がらず、点を取れませんでしたが、後半の連打でしっかりと点を取りましたね。

引用:夏の甲子園2回戦『樟南VS花咲徳栄』徹底予想&試合結果

2回戦をおさらい

2回戦は樟南と対戦し、6対3で勝っています。

投げては、エース高橋が9回を投げ切りました。

高橋:9回・被安打11・奪三振8・四死球3・自責点3

となっています。

被安打11、四死球3とランナーを背負う場面が多い中、要所を締めるピッチングで投げ切りましたね。

打線の方は、チーム全体で31打数7安打、0.225です。

7安打で6得点ですからね、その7安打も会心の当たりはあまり無かったので、チームにツキがあったのでしょう。

打たれながらも、失点が少ない高橋は何か持ってるような気がしますね。

作新学院を分析

甲子園試合前の分析、予想は夏の甲子園2回戦『尽誠学園VS作新学院』徹底予想&試合結果を良ければ見て下さい。

2回戦をおさらい

作新学院は2回戦からの登場となっています。

2回戦は尽誠学園と対戦し、3対0で勝ちました。

投げては、エース今井は9回を投げ切りました。

今井:9回・被安打5」・奪三振13・四死球2・自責点0

となっています。

エース今井はこの試合で、自己最高MAX151kmを出し、予選からだんだんと調子を上げてきていますね。

ストレートも伸びていますし、カットボールもキレがあるので、中々打つのは難しいでしょうね。

後半はカットボールに甘い球が多かったのでそこは気を付けたいです。

打線の方はチーム全体で、36打数9安打、打率0.2507です。

この試合はあまり打てなかったのですが、チーム通して、思いっきりのいいスイングをします。

特に4番今井はホームランも打っていますし、良いバッターですね。

『花咲徳栄VS作新学院』試合結果予想!

この試合は両エースの投げ合いになるでしょう。

花咲徳栄エース高橋はランナーを背負いながらも抑えるので、粘り強いです。

作新学院エース2回戦は完璧な投球内容と調子を上げてきていて、あの投球をされると、花咲徳栄打線は打てないでしょうね。

打線は、作新学院が1試合しかしていないので、比べにくいですが、作新学園の方がバットは振れています。

私の勝手に予想は、

4対2で作新学院の勝利ってとこでどうでしょう?

試合結果

2対6で作新学園が勝ちました。

2回に一挙5得点の猛攻を見せ、そのまま逃げ切りました。

他の試合についてはこちら

夏の甲子園3回戦『嘉手納VS明徳義塾』徹底予想&試合結果

夏の甲子園3回戦『秀岳館VSいなべ総合』徹底予想&試合結果

夏の甲子園3回戦『盛岡大附VS鳴門』徹底予想&試合結果

夏の甲子園3回戦『常総学院VS履正社』徹底予想&試合結果

夏の甲子園3回戦『東邦VS星光学園』徹底予想&試合結果

夏の甲子園3回戦『木更津総合VS広島新庄』徹底予想&試合結果

 

関連記事広告

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

-スポーツ

Copyright© なるほど net news , 2017 AllRights Reserved.