スポーツ

夏の甲子園準々決勝『鳴門VS明徳義塾』徹底予想&試合結果

投稿日:2016年8月16日 更新日:

futta1644m

98回全国高等野球選手権大会、準々決勝の組み合わせが決定しました。

大会12日目の第2試合に、徳島県の鳴門と高知県の明徳義塾が対戦します。

四国勢同士の対戦になりましたね。

今回は『鳴門VS明徳義塾』について分析し、予想していきたいと思います。

試合開始予定は8月18日(木)10:30~となっています。

スポンサーリンク

鳴門を分析

1回戦をおさらい

1回戦は佐久長聖と対戦し、2対3で勝っています。

夏の甲子園を3度経験している、鳴門エース河野の粘り勝ちでしたね。

鳴門は河野のみの登板でした。

河野:9回・被安打9・奪三振8・四死球3・自責点2

さすがに甲子園経験があるだけあって、ランナーを背負いながらも落ち着いたピッチングでした。

打線の方はチーム全体で、28打数7安打、本塁打1、打率0.250となっています。

下位打線が1人もヒットを打てていないのが、点を取れない原因ですね。

しかし!初回の4番手束の2ランホームランは見事でしたね。

2回戦をおさらい

2回戦は智辯学園と対戦し、5対2で勝っています。

私もそうですが、恐らく鳴門が負けると思っていた人が多いでしょう、それをひっくり返しての勝利は感動しました。

投げては、エース河野が9回を投げ切りました。

河野:9回・被安打5・奪三振2・四死球3・自責点2

となっています。

初回こそ打たれましたが、2回以降、被安打2と智辯学園打線を完璧に抑えました。

打線の方は、チーム全体で33打数8安打、打率0.242です。

運も味方しての5得点ですから、智辯学園エース村上を打ち崩したって訳では無いですね。

この試合の勝因は、エース河野の力投でしょうね、智辯学院打線は春優勝してるだけあって、決して弱くは無いですから、その智辯学院打線を抑えたのは、評価されるべきですね。

3回戦をおさらい

3回戦は盛岡大附と対戦し、11対9で勝っています。

強打の盛岡大附に打ち勝ちましたね。

投げては3人の継投で乗り切りました。

矢竹:2回・被安打3・奪三振1・四死球1・自責点1

尾崎:4回・被安打4・奪三振2・四死球2・自責点4

河野:3回・被安打6・奪三振4・四死球5・自責点4

となっています。

盛岡大附打線は同じピッチャーだと2巡目はしっかりと打ってくるので強打の盛岡大附にこの継投は成功だったんじゃないかと思います。

最後は河野の制球力が定まらず危なかったですけど。

打線の方は、チーム全体で、31打数11安打、打率0.355と好調です。

この試合は鳴門打線は頑張りましたね。

1番日野が5打数2安打3打点1本塁打、4番手が4打数2安打2打点、6番中山が4打数3安打3打点1穂塁打と当たっています。

気になるのが、上位打線は打てるのですが、やはり下位打線にヒットが出ませんね。

明徳義塾を分析

2回戦をおさらい

明徳義塾は2回戦からの登場でした。

2回戦は境と対戦し、2対7で勝っています。

7年連続出場の強豪校らしく、そつのない野球で試合を進めました。

投げては、先発が金津、継投でエースナンバー野でした。

金津:4回・被安打3・奪三振1・四死球0・自責点2

中野:5回・被安打2・奪三振1・四死球1・自責点0

となっています。

2人とも打たせて取るピッチャーですが、サイドスローの金津と、オーバースローの中野と違ったタイプのピッチャーです。

次の試合も、どちらかが先発し継投するでしょう。

打線の方は、チーム全体で29打数9安打、打率0.310です。

今年の明徳義塾は打つチームでは無いですね、しかし上位打線はしっかりとバットが振れています。

ランナーが出れば、色々と仕掛けてくるのも対戦相手としては、怖い所でしょう。

3回戦をおさらい

3回戦は嘉手納と対戦し、5対13で勝っています。

満塁本塁打などを打ち13得点と大量得点で勝利しました。

投げては3人の継投でした。

中野:6回・被安打2・奪三振2・四死球3・自責点0

林田:1回1/3・被安打5・奪三振0・四死球1・自責点5

金津:2回・被安打2・奪三振1・四死球0・自責点0

となっています。

エースナンバー中野が良いピッチングをしました。

点差が開いたので試しに林田を登板させたのでしょうが、打たれたので金津に交代と言った所でしょう。

次の鳴門戦でも中野金津が先発をして交代といった形になるでしょうね。

打線の方はチーム全体で、41打数18安打、打率0.438と絶好調です。

特に当たっているのが、2番西村が6打数4安打、3番西浦が4打数2安打1本塁打、5番古賀が4打数3安打、6番大北が4打数3安打と当たっています。

この試合は打線が爆発しましたが、チームとしては単打を繋ぐバッティングでしたね。

『鳴門VS明徳義塾』試合結果予想!

四国勢同士の対決になりましたね。

これまでの四国地区の大会では明徳義塾が勝っています。

鳴門エース河野は疲れも残っているでしょうし尾崎が先発の可能性もあります。

2枚看板の明徳義塾投手陣はどちらかが先発をし、いつもの流れで試合を作れるでしょうね。

打線の調子は両チームとも上がってきています。

総合的に見ると明徳義塾が有利ですね。

しかし、鳴門は智辯学園に盛岡大附と強豪校を倒し、勢いはあります。

ここは鳴門の勢いにかけてみましょう。

私の勝手に予想は、

6対5で鳴門の勝利ってとこでどうでしょう?

試合結果

3対0で明徳義塾が勝ちました。

先発中野のが被安打3と鳴門打線を完全に抑えました。

関連記事広告

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

-スポーツ

Copyright© なるほど net news , 2017 AllRights Reserved.