スポーツ

夏の甲子園準々決勝『北海VS星光学院』徹底予想&試合結果

投稿日:2016年8月17日 更新日:

futta1644m

98回全国高等野球選手権大会、準々決勝の組み合わせが決定しました。

大会12日目の第3試合に、南北海道の北海と福島県の星光学院が対戦します。

今回は『北海VS星光学院』について分析し、予想していきたいと思います。

試合開始予定は8月18日(木)13:00~となっています。

スポンサーリンク

北海を分析

2回戦をおさらい

北海は2回戦からの登場でした。

2回戦は松山聖陵と対戦し、1対2で勝っています。

9回裏の劇的なサヨナラ勝ちでしたね。

投げては、エース大西が9回を投げ切りました。

大西:9回・被安打4・奪三振6・四死球6・自責点1

となっています。

打たせて取るタイプのピッチャーですが、この試合は簡単にフォアボールを出していましたね。

打線の方はチーム全体で、37打数12安打、打率0.324です。

対戦相手のピッチャーがMAX145kmのアドゥワでしたので、中々打つのは厳しいのでは?と思っていたのですが、上位打線はしっかりと対応できていました。

3回戦をおさらい

3回戦は日南学園と対戦し、1対4で勝っています。

8回の裏に一挙4得点を取り、試合を決めました。

投げては、エース大西が9回を投げ切りました。

大西:9回・被安打4・奪三振3・四死球0・自責点1

となっています。

この試合は2回戦の投球とは違い、しっかりと投げる球のほとんどがコントロール出来ていました。

打線の方は、チーム全体で、30打数11安打、打率0.366と好調です。

やはり、下位打線は他のチームと比べると弱い気がします。

しかし、クリーンアップはあの注目左腕、高橋を打っているので期待したいですね。

星光学園を分析

2回戦をおさらい

星光学園は2回戦からの登場となりました。

2回戦はクラーク国際と対戦し、5対3で勝っています。

8回に相手のミスも絡み、一挙4得点と試合を決めました。

投げては、エース鈴木が先発、継投で斎藤となりました。

鈴木(拓):4回2/3・被安打7・奪三振5・四死球3・自責点3

斎藤:4回1/3・被安打4・奪三振0・四死球2・自責点0

となっています。

序盤から鈴木(拓)の制球が定まらず、4回途中で降板となりましたね。

その後は斎藤がしっかりと抑え逆転を待ちました。

打線の方はチーム全体で、31打数6安打、打率0.193です。

8回以外は完全に抑えられています。

この試合で打ったのは3番の加納が3安打ぐらいですね。

打線の方は少し弱いのかな?って印象です。

予選でも逆転での勝ちが多いので、勝ちパターンなのかもしれないですが、、、

3回戦をおさらい

3回戦は東邦と対戦し、2対5で勝っています。

着実に得点を重ね、勝利しましたね。

投げては、鈴木(駿)が9回を投げ切りました。

鈴木(駿):9回・被安打7・奪三振5・四死球4・自責点2

となっています。

この鈴木(駿)はこの夏初マウンドのもかかわらず、2失点で投げ切りました。

打線の方は、チーム全体で、38打数13安打、打率0.342と調子を上げてきています。

特に1番松本はこの試合4打数3安打と当たっていますし、足が速いので相手チームは気を付けたい所ですね。

『北海VS星光学院』対戦結果予想!

私、実はこの両校とも3回戦で負けると思っていたのですが、私の予想とは違い、勝ってきています。

あらためて試合を見てみると、両校とも強いですね。笑

先発は星光学院が斎藤か鈴木(拓)が投げるでしょうが、北海の大西は連投になるので分かりませんね。

打線は星光学院に分があると思います・

大西が投げたとしても、疲れは残っているでしょうし、違う投手が投げれば甲子園初登板になるので、星光学院が有利ですかね?

私の勝手に予想は、

5対3で星光学院の勝利ってとこでどうでしょう?

試合結果

7対3で星光学院が勝ちました。

星光学院投手陣の制球が定まらず、北海の大西が打たれながらも、投げ切りましたね。

関連記事広告

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

-スポーツ

Copyright© なるほど net news , 2017 AllRights Reserved.