スポーツ

夏の甲子園2回戦『樟南VS花咲徳栄』徹底予想&試合結果

更新日:

futta1644m

第98回全国高等野球選手権大会の組み合わせが決定しました。

1回戦のすべての試合が終わり、2回戦の組み合わせも決まっています。

大会9日目の第2試合に、鹿児島県の樟南と埼玉県の花咲徳栄が登場します。

今回は『樟南VS花咲徳栄』について分析し、予想していきたいと思います。

試合開始予定は8月15日(月)12:00~となっています。

樟南を分析

1回戦、試合前の分析は、夏の甲子園1回戦『京都翔英VS樟南』徹底予想&試合結果を良ければ見て下さい。

1回戦を分析

1回戦は、京都翔英と対戦し、1対9で勝っています。

強打の京都翔英を最少得点で抑え、打線でも上回り、圧倒しました。

先発エース浜屋から畠中への継投です。

浜屋:8回・被安打7・奪三振5・四死球3・自責点1

畠中:1回・被安打0・奪三振1・四死球1・自責点0

となっています。

打線の方は、チーム全体で29打数11安打、チーム打率0.379と7校長です。

3番上栗、4番吉内、6積山、7番河野は2安打づつと当たっています。

予選ではチーム打率0.297だったのですが、調子を上げてきています。

花咲徳栄を分析

1回戦、試合前の分析は夏の甲子園1回戦『花咲徳栄VS大曲工業』徹底予想&試合結果を良ければ見て下さい。

1回戦を分析

1回戦は、大曲工業と対戦し、6対1で勝っています。

8回、9回にヒットを固めて、突き放しました。

エース高橋が9回を投げ切りました。

高橋:9回・被安打10・奪三振11・四死球3・自責点1

となっています。

高橋はこの試合、ランナーを背負う場面が多かったのですが、まだ少し余裕があるような印象でした。

打線の方は、チーム全体で34打数10安打、チーム打率0.294です。

3番岡崎、4番西川が2安打づつ打ち、打点も取っています。

5番の楠本も勝負強いので、クリーンナップは心強いですね。

序盤は打線が繋がらず、点を取れませんでしたが、後半の連打でしっかりと点を取りましたね。

『樟南VS花咲徳栄』試合結果予想!

樟南も勢いに乗ってますが、守りも攻めも花咲徳栄が一回り上ですかね。

樟南打線が花咲徳栄エース高橋を打ち崩すのは難しいかと、

私の勝手に予想は、

4対1で花咲徳栄の勝利ってとこでどうでしょう?

試合結果

6対3で花咲徳栄が勝ちました。

花咲徳栄エース高橋は被安打11と打たれながらも、9回を投げ切りました。


スポンサーリンク


スポンサーリンク



-スポーツ

Copyright© なるほど net news , 2017 All Rights Reserved.