動画配信サービス

DAZN(ダ・ゾーン)サッカーを観るならDAZNです!気になる疑問を解決

Pocket

soccer-186839_960_720

1月22日からJリーグの配信を開始するにあたって、注目を集めているのが、スポーツ専門の映像配信サービス『DAZN』です。

この『DAZN』はJリーグの放送権を持っているため、Jリーグファンは契約をすることになるでしょう。

しかし、まだ始まったばかりのサービスですから、色々と疑問を持つ人が多いはず。

ってことで今回は、『DAZN』について詳しく紹介していきたいと思います。

『DAZN』とは?

日本では、2016年8月23日から開始された、スポーツ専門の映像配信サービスです。

スポーツ専門の映像配信サービスだけあって、メジャーなスポーツだけではなく、これまで見られなかったマイナーなスポーツまで安価で見られることで、注目を集めているサービスです。

『DAZN』利用料金

月額料金:1750円(税抜)

Jリーグを見るためにスカパーを契約していた人は多いでしょうが、スカパーでJリーグ見るためには、月額料金:2962円+基本料金:421円がかかっていたので、『DAZN』では税込で計算しても1890円と安さが分かると思います。

この価格で、サッカー以外にも沢山のスポーツが見られるうえに、1ヶ月間無料お試し期間があります。

docomo(ドコモ)ユーザーは割引

『DAZN for docomo』単体契約『DAZN for docomo』と『dTV』のセット契約
ドコモを利用しているお客様980円/月額1280円/月額
ドコモ以外のお客様1750円/月額2050/月額

『DAZN for docomo』が開始され、ドコモ回線を持っていれば、『DAZN』より安く利用することができます。

『DAZN for docomo』について詳しくはこちら↓

DAZNからDAZN for docomoに切り替えました。DAZN for docomoについて疑問まとめ

『DAZN』登録方法

DAZNの登録には、クレジットカードが必要です。(デビットは対応済み)

会員登録するには、DAZNアプリ経由では、登録できないので、PC・スマホ・タブレットのwebブラウザから登録するようにしましょう。

クレジットカードを持っていない人向けの記事も書いてますので、参考にして下さい。

『DAZN』を視聴できる端末

WEB ブラウザ

Windows8.1、Windows10、MacOSX以上のデバイス

WEB ブラウザ

Google Chrome、Firefox、Safari、Internet Explorer、Microsoft Edge

MOB(アプリ)

iOS : 8.0以上のデバイス、Android : 5.0以上のデバイス

AmazonFireTV ・AmazonFire TV Stick

AmazonAppStoreからDAZNアプリのダウンロードをお願いいたします

スマートテレビ

Amazon Fire TV
Amazon Fire TV Stick
Android TV (SHARP AN-NP40含む)
LG Smart TV (2014+)
Panasonic Smart TV (2014+)
Sony Smart TV (2014+)
Xbox One

現在対応しているのは、これぐらいですが、PlayStationなど対応予定機種はたくさんあるのでこれから、どんどん増えてくるものと思われます。

同時に別の端末で視聴できるのか?

1つのアカウントで端末の登録は最大6台まで出来るのですが、同時に視聴できるのは、2台までです。

私はTVとスマホの2台までしか試せてないのですが2台までは問題なく動作しました。3台目がサインインすると1つのライブストリーミングが停止するようです。

2台を同時に視聴できるのなら、スポーツ好きすぎる大家族以外は困らないでしょう。笑

『DAZN』を観るために、必要とされる通信速度

『DAZN』はストリーミング動画配信サービスなので、動画を快適に観るには、ある程度の接続スピードが必要で、標準画質が5.0Mbps、HD画質が9.0Mbpsとなっています。

画質設定は自動で行われるので、視聴する通信環境によっては、低画質しか見られなくなる場合もあります。

ちなみに、私が視聴している通信速度は8.0Mbpsあたりなのですが、問題なくHD画質で観られいるので、必ずしも9.0Mbps必要ではないようです。

画質

解像度は一番良くてHD画質1080Pなのですが、個人の視聴環境によるでしょうが、問題なく見られるかな?ってぐらいの印象ですね。

無茶苦茶キレイ!ってことは無いです。笑

後々は4K対応もするのでこれからに期待したいです。あと、ライブストリーミングを開始したすぐは画質が安定してなく、かなり悪いので、30秒ぐらい待ってみて下さい。

開始したばかりの画像をスクショしてTwitterで「『DAZN』の画質くそ悪い!」つぶやくには気が早いかも。笑

『DAZN』の配信コンテンツ一覧

サッカー、野球、ラグビー、バレーボール、格闘技、バスケットボール、テニス、モータースポーツ、アメリカンフットボール、アイスホッケー、ゴルフ、ダーツ、ボウリング、ビリヤード、フィッシング、卓球、バトミントン、スカッシュ、馬術、水泳、陸上・マラソン、サイクルロードレース

スポーツのジャンルだけでもこれだけあります。

サッカーについては後から詳しく説明しますが、開始当初より、かなり増えていますね。これからも需要があれば、コンテンツの増大や強化される可能性もあります。

配信コンテンツについて詳しくは↓

DAZN公式ページ

テレビで観られないの?

テレビで観るには、アプリがダウンロードできるスマートTVか、視聴できるようにするための端末を購入する必要があります。

おすすめは、断トツでFire TV Stickですね。

『DAZN』テレビで観るための詳しい情報は↓

DAZNをテレビで見る方法まとめ、やっぱりスポーツは大画面で見ないと

『DAZN』でのサッカー(Jリーグ)配信についての疑問

スカパーの放送・配信が終了なぜ?

スカパーでJリーグを視聴していた人は多いでしょうが、2017年シーズンからスカパーではJリーグ戦が視聴することが出来なくなりました。

jリーグ戦は『DAZN』を運営する会社の親会社が放映権を2100憶で10年契約しています。

スカパーも放送・配信するために、『DAZN』とギリギリまで交渉を続けていましたが、放映権を獲得するまで至らなかったようです。

この結果、jリーグ戦は『DAZN』の独占放送になりました。

ですので、jリーグ戦を観たいのではあれば、『DAZN』との契約はやむ負えないですね。

『DAZN』で観られるサッカーリーグは?

配信コンテンツ配信内容
Jリーグ(2017シーズン)明治安田生命J1リーグ/明治安田生命J2リーグ/明治安田生命J3リーグ
J1昇格プレーオフ
セリエA16/17シーズン(イタリア)セリエAは2節以降、全節配信予定(最大でライブ8試合、録画2試合)。録画の試合は試合終了から24時間以降に見逃し配信を予定。
コッパ・イタリア
スーペルコッパイタリアーナ(2017年~)
イングランド

プレミアリーグ/イングランドリーグカップ
FAカップ
イングランド・フットボールリーグ
スコティッシュ・プロフェッショナル・フットボールリーグ

スペインスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)
スーペルコパ・デ・エスパーニャ2017
フランスリーグアン(最大2試合をライブ配信)
リーグドゥ
フランス杯
ブラジル セリエA
アルゼンチン プリメーラ・ディビジョン
ベルギー・プロリーグ
南アメリカ杯 コパ・スダメリカーナ2016
オーストラリア Aリーグ
アフリカネイションズカップ

FIFAワールドカップ2018

配信コンテンツ配信内容
南米予選全試合配信(プレイオフ除く)
ヨーロッパ予選258試合を配信(プレイオフ含む)
北中米カリブ海予選一部の試合を配信

生粋のサッカーファンでも満足できるサッカーのコンテンツ量ではないでしょうか。

J1、J2だけでなくJ3も観られるようになってます。サッカーでもこれだけありますからね、他のスポーツも合わせたら凄いですよね。

『DAZN』の映像クオリティーに期待

スカパーでJリーグを観ていた人の中には、スカパーならではの映像や実況を楽しみにしていた人も多いでしょう。

長い間、Jリーグの映像コンテンツを届けていたスカパーですからね。それだけのクオリティーもしっかりとありました。

しかし、Jリーグを配信するにあたって、『DAZN』の映像コンテンツにも期待できます。

実は、映像の制作、著作権はJリーグが行うことになっています。

これにより、『DAZN』の映像はJリーグ公式の映像になり、Jリーグや各チームやSNSや海外配信などで、使用することができるようになります。

DAZNが目指すのは、高品質と統一感あるJリーグ映像で、J1リーグでは、今までの6カメラ体制にスーパースロー撮影もできる3カメラを追加し、より臨場感と分かり安さを伝えることを目指します。

しかも、欧州リーグなどで培ったサッカー番組制作のノウハウで『DAZN』がサポートするとなれば、鬼に金棒ですよ。

これまでに無い、映像を期待できますね。

まとめ

まだ始まったばかりの『DAZN』ですので、ぶっちゃけまだまだな所もたくさんあります。

しかし、『DAZN』の可能性は、計り知れない物を感じるのは私だけでしょうか?皆さんもこれからの『DAZN』に期待しましょう。

おすすめ記事

-動画配信サービス

Copyright© なるほど net news , 2019 All Rights Reserved.