副業・お金

アフィリエイトの副業でサラリーマンが個人事業主になる┃タイミング・メリット・デメリット

更新日:

最近では、日本政府が「働き方改革」として正社員の副業や兼業を後押しする方向に動いています。

これからは、副業をする人も増えてくることは間違いないでしょう。

しかし、普通にサラリーマンとして働いている人は副業で稼いだ場合の税金について知らない事がほとんどですよね。

私もこのブログで収益が発生するまで、気にもしてなかったのですが、いざ収益が出てくると、これ税金払わないとヤバくない?

っと思ったので、色々調べたり、税理士さんに質問したりして、分かった事を紹介していきたいと思います。

副業で税金を納める

まず疑問に思ったのは副業の税金はどうやって払えばいいのか?

サラリーマンなら働くことで給料と言う形でお金を貰い、会社側が勝手に計算をして税金を払ってくれています。

副業と言えば、サラリーマンの給料以外でアルバイトをしたり、FX・株式投資で得た利益、転売などで得た利益って考えですよね。私ならブログでのアフィリエイトなどの利益です。

この給料以外の+αの収入が副業で、+αの部分を副業という区分で確定申告すればいいのかな?と勝ってに思っていたのですが、それは間違いでした。

まず税法上の所得に副業という区分はありません。

あるのは、給与所得、不動産所得、事業所得、譲渡所得、雑所得です。

その中で、FXやアフィリエイトは雑所得の区分になり、雑所得として確定申告するのが基本のようです。

雑所得で確定申告する

副業の雑所得で確定申告が必要になるのは、所得が20万円を超えてからで、それ以下は申告する必要はありません。

収入じゃなく、所得が20万を超えてからなので、経費が掛かっている場合は、収入が20万を超えていても、収入-経費が20万を超えていなければ申告しなくてもいいようです。

確定申告しなくてもばれない?

私も実は、「この程度の収入を確定申告しなくてもバレないでしょ」悪魔の囁きが聞こえまして、「副業確定申告バレない」ってGoogleで検索しましたが、バレるバレないの問題じゃなく、申告の義務があるので申告して下さいって意見が多かったので、「そりゃそうだよね」ってなりました。笑

ぶっちゃけ、数十万程度の申告漏れで税務署が動くとは思えないですが、、、まあ、払わなければいけないお金は払わないといけません。

そんな事を考えてる暇があれば、副業を頑張ってその分、稼げばいいですしね。

アフィリエイトの副業で個人事業主になる

アフィリエイトの収入が雑所得になる理由は、通常生計を立てるほどの規模ではないとの認識から雑所得になっています。

しかし、開業届を出して個人事業主になることにより、事業所得として、確定申告をすることができるようになります。

事業所得として確定申告すれば、様々な特典があります。

個人事業主になるメリット

青色申告ができる

青色で確定申告をすることにより、65万円の控除を受けられるようになります。

赤字が3年繰り越せる

繰越欠損金という制度があり、その年に赤字が出た場合は、3年に渡って所得の相殺ができ、納税額を減らせます。

家族への給料を必要経費にできる

青色申告専従者と言って家族に給与を払うことができ、払った分の給与は経費として計上できるようになります。

30万円未満の固定資産は即時償却に経費にできる

パソコンなど事業で使う、30万未満の玄関償却資産は、所得した事業年度で全額経費にできます。

自宅の家賃や電気代の一部を経費にできる

事業で使っているとみなされる、自宅の家賃の一部や電気代の一部を経費として計上できるようになります。

事業所得と給与所得を合算できる

会社員として働いて貰っている給与所得と、事業所得を合算して申告をすることができます。

 

ここに書いてあるメリットのほとんどは、青色申告である場合なので、個人事業主になるのであれば、青色申告は必須です。

むしろ、青色申告をしないのであれば、雑所得として、所得を計上するのと、あまり変わりません。

ってことで私は、開業届を出すタイミングで、青色申告の申請書も出した方がいいと思いますね。

個人事業主のデメリット

もちろん、メリットばかりでなく、デメリットもあります。

失業保険が貰えない

私が、開業届を出すのに迷った理由がこれです。

会社員として働いているのいであれば、雇用保険を払っていますよね。雇用保険を払っている場合は、失業した場合は失業保険を貰えます。

その失業保険が個人事業主になると貰えなくなります。

副業で個人事業主になるタイミング

どのくらい稼げば、開業届を出し個人事業主になった方がいいのか?疑問に思いますよね。

個人的には、副業で安定して稼ぐ自身が出来たタイミングがベストだと思います。

副業禁止の会社じゃなければ、バレてもクビにはならないでしょうし、青色申告のメリットが大き過ぎます。

まとめ

私は、副業で個人事業主になる選択をしましたが、これから色々と壁にぶち当たると思います。

もし疑問に思ったことや、つまづいた事があっれば、このブログで書いていきたいと思ってますので、チェックしていただければありがたいです。


スポンサーリンク


スポンサーリンク



-副業・お金

Copyright© なるほど net news , 2018 All Rights Reserved.