生活

学生がお得!私が学生だったら絶対に利用する学割サービス・学生限定サービスを紹介

投稿日:

世の中のサービスには、学割と言うモノが溢れています。

学割とは学生のみに許された特権、おっさんの私からすると、同じサービスを安く利用できる学生達が羨ましい限りです。むしろ妬ましいですよ。。。笑

ってことで今回は、青春を謳歌する学生さん達にオススメする学割サービスを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

学割サービスは企業からすれば先行投資

色々な企業が学割サービスを実地していますが、学割サービスって、ぶっちゃけどの企業のサービスも利用されたって利益なんてほとんど出てないんですよ

まあ、企業からすれば、学生達に安く利用してもらい、サービスの良さを分かってもらえれば、将来も利用し続けてくれますよね。

いわゆる先行投資ってやつです

ってことはですよ。学生は学割があるサービスを利用すれば利用するほどお得って訳です!!まあ、ちょっと安易な考えすぎなような気もしますが。。。

しかし、あながち間違いじゃなくて、学生のうちに将来利用するかもしれないサービスを試しておくのが、社会人になってから将来試してみるよりお得って事は間違いないです。

お得な学生の内に、将来利用する可能性のあるサービスを試してみるのは、自分への先行投資になるとは思えますよね。

どんなサービスが学割があるのか?を知っておいて損は無いはずです。

学生なら絶対に加入しとけ!お得な学割サービス

クレジットカードも学生向けのカードがある

学生だからクレジットカードは必要ないって思っている人も多いでしょう、しかし学生とか関係なしに生活を送るうえで、クレジットカードはあった方が断然便利なんですよね。

ネット系サービスは携帯決済やプリペイドカード決済が出来るサービスもありますが、クレジットカード決済のみの場合も多いですし。

日本政府がキャッシュレス社会を目指しているのにも関わらず、将来を担う学生が学生だからってクレジットカードを持って無いなんてのはバカな話しです。

日本では20歳未満のだとクレジットカードを作るのに親の同意書が必要ですが、20歳を超える学生は自分の意志でクレジットカードを作ることができます

学生にクレジットカードを持たすのを反対する人の多くは、学生はお金の管理ができないと思っているからです。

個人的に言わせてもらうと、学生とか社会人だとか関係なしに、お金の管理が出来ないやつは社会人になってもお金の管理はできないですよ。

クレジットカードがあろうとなかろうと、学生時代に借金まみれになる奴はなりますし、しっかりとお金の管理ができる奴はできます。

まあ、未成年の学生は場合は親の同意書が必要なので、クレジットカードを作るのに親が反対ならそれに従いましょう。(私なら親を説得しますが)

学生にオススメのカードは三井住友デビュープラスカード

三井住友カードは日本で初めて発行したクレジットカードです。

そんな三井住友カードには初めてのクレジットカードにピッタリの三井住友デビュープラスカードってのがあります。

私は、初心者におすすめするクレジットカードって記事も書いていますが、学生なら三井住友デビュープラスカードがベストな選択だと思います。

三井住友デビュープラスカードは初年度年会費無料で、一度でもクレジットカードを使えば、翌年も無料と実質年会費は無料となります。

さらにポイント還元率は2%、初月から3ヶ月間は5%と破格ですし、25歳になれば自動的に20代が持てるゴールドカードに切り替わります。

今、学生の人にはピンとは来ないでしょうが、社会人になると1枚ぐらいはステータスとなるクレジットカードを持っていた方がいいです。

私が学生の時に三井住友デビュープラスカードを知っていたなら間違いなく作っていたでしょう。

Amazon Prime Student (プライムスチューデント)は学生の味方

Amazonで必要なモノをポチれば次の日には届くのが当たり前の時代になりました。

学生は遊びに勉強に忙しいのでなかなか買い物に行く時間がありません。私も学生の時は、シャンプーが無くなったとか、トイレットペーパーが無くなったとか買い忘れでよく困っていた記憶があります。

あの時に、Amazonがあれば私の学生生活はもう少し充実していたはずです。

現在Amazonを利用している人は、もはやAmazon無しの生活は考えられない人も多いのではないでしょうか?私もその一人です。

そんなAmazonの有料会員である、Amazonプライムにも学割サービスのPrime Student があります。

通常Amazonプライム会員は年額3900円(月額換算325円)or月額400円のサービスですが、Prime Student だと年額1900円(月額換算159円)or月額200円と半額以下で同様のサービスを受けることができます。

運賃無料などの配送特典・本や雑誌読み放題PrimeReading・映画やドラマが見放題PrimeVideo・100万曲以上が聴き放題なPrimeMusic・生活必需品を少量から買えるAmazonパントリーなど挙げればキリが無いくらいの特典を年額1900円(月額換算159円)or月額200円で受けられる訳ですから。

ってこなんなの加入しない人いるなかよってレベルですよね。

Amazonの学割!Prime Studentを徹底解説┃年会費・サービス一覧・紹介プログラム

楽天学割

AmazonのPrime Student ほどではないですが、楽天にも学割サービスの楽天学割があります。

楽天学割の特典は、クーポン利用での送料無料・楽天グーループのサービスがポイント2倍・授業で必要な本やDVDがポイント10倍などですね。

他にも、楽天モバイル3ヶ月無料とか楽天トラベルとかのクーポンとかありますが、個人的には楽天よりAmazon派なので、どうとも言えないです。

まあ、現在楽天カードを利用していて、買い物は楽天が多いとかなら、楽天学割も併用してみるのもありだと思います。

聴き放題アプリも学割でお得に

聴き放題アプリについては、おすすめ聞き放題アプリに詳しく書いてていますが、聞き放題アプリにも学割サービスがあります。

学生の本文である勉強の際の作業用BGMとか通学中に音楽を聴いている人には聞き放題アプリが最適ですよ

聴き放題アプリで学割サービスがあるのが、LINE Music・Apple Music・Spotifyです。

学生なら流行りの曲が多いLINE Musicがオススメですね。

通常月額960円ですが、学割プランだと月額600円で思う存分、音楽を楽しむことができます。

LINE MUSIC(ラインミュージック)

LINE MUSIC(ラインミュージック)
開発元:LINE MUSIC CORPORATION
無料
posted withアプリーチ

新聞学割

正直なところ、私は学生時代に新聞など読んでいませんでしたが、新聞は意識の高い学生や就活前の学生には必要です。

新聞にも学割があり、全国紙なら毎日新聞、地方紙も北海道新聞、中日新聞、西日本新聞などは学割サービスが存在します。

例えば、毎日新聞を例に挙げると、朝刊のみの場合は通常月額3093円が月額2000円になります。

まあ、今どきニュースはニュースアプリのみでいいって人も多いでしょうが、新聞は新聞の良いところがたくさんあるので、試してみるのもいいでしょう

まとめ

今回は、学生にオススメの学割サービスを紹介しました。気になる学割サービスはあったでしょうか?

あったなら、せっかくお得に試せる学割なんですから、試してみればいいんです!

若い時の経験はいつか将来の役に立つはずです。


スポンサーリンク


スポンサーリンク



-生活

Copyright© なるほど net news , 2018 All Rights Reserved.