スポーツ

夏の甲子園準決勝『北海VS秀岳館』徹底予想&試合結果

更新日:

futta1644m

98回全国高等野球選手権大会、準決勝の組み合わせが決定しました。

大会13日目の第2試合に南北海道の北海と熊本県の秀岳館が対戦します。

今回は『北海VS秀岳館』について分析し、予想していきたいと思います。

試合開始予定は8月20日(土)12:30~となっています。

北海を分析

2回戦をおさらい

北海は2回戦からの登場でした。

2回戦は松山聖陵と対戦し、1対2で勝っています。

9回裏の劇的なサヨナラ勝ちでしたね。

投げては、エース大西が9回を投げ切りました。

大西:9回・被安打4・奪三振6・四死球6・自責点1

となっています。

打たせて取るタイプのピッチャーですが、この試合は簡単にフォアボールを出していましたね。

打線の方はチーム全体で、37打数12安打、打率0.324です。

対戦相手のピッチャーがMAX145kmのアドゥワでしたので、中々打つのは厳しいのでは?と思っていたのですが、上位打線はしっかりと対応できていました。

3回戦をおさらい

3回戦は日南学園と対戦し、1対4で勝っています。

8回の裏に一挙4得点を取り、試合を決めました。

投げては、エース大西が9回を投げ切りました。

大西:9回・被安打4・奪三振3・四死球0・自責点1

となっています。

この試合は2回戦の投球とは違い、しっかりと投げる球のほとんどがコントロール出来ていました。

打線の方は、チーム全体で、30打数11安打、打率0.366と好調です。

やはり、下位打線は他のチームと比べると弱い気がします。

しかし、クリーンアップはあの注目左腕、高橋を打っているので期待したいですね。

準々決勝をおさらい

準々決勝は星光学院と対戦し、7対3で勝っています。

先取点を取られながらも、こつこつと得点を重ね、勝利しましたね。

投げては、エース大西が9回を投げ切りました。

大西:9回・被安打9・奪三振6・四死球2・自責点0

となっています。

立ち上がりこそ制球が定まらず、失点しましたが、粘りのピッチングで完投しました。

打っては、チーム全体で、36打数12安打、打率0.333です。

本塁打にセーフティースクイズなど幅広い攻めで得点を重ねました。

秀岳館を分析

2回戦をおさらい

秀岳館は2回戦からの登場でした。

2回戦は常葉菊川と対戦し、1対6で勝っています。

投げては、3人の継投で繋ぎました。

川端:3回・被安打1・奪三振2・四死球0・自責点0

田浦:4回・被安打4・奪三振2・四死球2・自責点1

有村:2回・被安打0・奪三振1・四死球2・自責点0

となっています。

県予選でも継投で勝ちあがって来ているので、作戦としての継投でしょう。

打線の方は、チーム全体で31打数11安打、打率0.355と好調です。

特に当たっているのが、2番松尾が4打数3安打、7番天本が4打数3安打です。

8番の木村も2安打ですし、6番広部はホームランを打っているので、上位から下位まで気の抜けない打線になっています。

注目選手である4番九鬼はチャンスで併殺を食らうなど、あまり活躍できなかったので、次に期待したいですね。

3回戦をおさらい

3回戦はいなべ総合と対戦し、6対1で勝っています。

序盤から終始、秀岳館ペースで試合を進めましたね。

投げては、3人の継投で繋ぎました。

田浦:3回1/3・被安打1・奪三振2・四死球1・自責点0

中井:3回・被安打3・奪三振0・四死球0・自責点0

川端:2回2/3・被安打4・奪三振5・四死球0・自責点0

となっています。

徹底した継投です、次の試合も継投で繋ぐでしょうね。

ピッチャーに慣れる前に次々変えられるので、対戦バッターは対応しにくいです。

打線の方は、チーム全体で、35打数15安打、打率0.428と好調です。

この試合は4番九鬼も2安打1打点と活躍し、チームが勢い付いてきましたね。

準々決勝をおさらい

準々決勝は常総学院と対戦し、1対4で勝っています。

ホームラン2本と相手のミスで得点を重ねましたね。

投げては、3人の継投で繋ぎました。

川端:5回・被安打1・奪三振4・四死球2・自責点2

倉田:3回2/3・被安打4・奪三振4・四死球1・自責点0

有村:0回1/3・被安打0・奪三振1・四死球0・自責点0

となっています。

この試合川端の調子は良かったのですが、すっぱりと替えて、継投で繋ぎました。

打線の方は、チーム全体で、31打数5安打、0.161です。

6回に相手のミスで2点貰いましたが、打点は1番松尾と5番天本のホームランのみですね。

この試合は打線の繋がりがありませんでした。

『北海VS秀岳館』試合結果予想!

準決勝は1日空くので北海の先発はエース大西でしょう。

秀岳館は川端か田浦が先発をして継投で繋ぐでしょうね、川端の調子がいいので、川端が先発の可能性が高いですかね。

打線は秀岳館に分があると思いますが、4番の九鬼が打ててないので、繋がりが無いです。

北海は下位打線もヒットが出て来たので、勢いがありますね。

まあそれでも、秀岳館が有利ですかね。

私の勝手に予想は。

5対2で秀岳館の勝利ってとこでどうでしょう?

試合結果

3対4で北海が勝ちました。

秀岳館も後半攻めましたが、あと1本が出ませんでした。


スポンサーリンク


スポンサーリンク



-スポーツ

Copyright© なるほど net news , 2017 All Rights Reserved.