スポーツ

2017夏の甲子園の注目高校、注目選手は?優勝候補徹底予想!!

更新日:

高校球児達の暑い夏がもうすぐ始まります。

夏の甲子園は高校球児達にとって、青春の1ページとして、これから先ずっと心に残るでしょう。

しかし、夏の甲子園は私達応援する側にとっても暑い夏になりますよね。

そこで、注目選手や注目高校の情報を知っておくことにより、より暑い夏を楽しめるのではないでしょうか?

ってことで今回は、2017夏の甲子園について詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

注目選手

川端 健斗 投手(秀学館)

川端は、高校生№1左腕と言われ、注目を集めています。

身長175cm体重70kgと体は大きくないですが、MAX148kmの伸びのあるストレートと120km台の縦のスライダーが武器ですね。

高校生で狙って空振りが取れるピッチャーは少ないですが、川端はその内の一人です。

地区予選では、制球力が乱れる場面が度々あったのが、少し心配ですが、コースに決められると手が付けられないでしょうね。

山下 輝 投手(木更津総合)

山下も、本格派左腕としてプロの注目を集めています。

冬を超えて大きく成長し、MAX149km常時140kmのストレートを投げ込み、スライダーで三振を奪います。

身長187cm体重87kgと体格もしっかりしていますし、川端と並ぶ、注目左腕ですね。

徳山 壮馬 投手(大阪桐蔭)

優勝候補である大阪桐蔭のエース徳山も忘れてはいけません。

MAX145kmと伸びのあるストレートと120km台のスライダーはキレがあります。

球持ちがいいので、バッターからすれば、見た目以上に打つのは難しいでしょうね。

増田 珠 外野手(横浜)

増田は、地区大会で5本塁打と大会記録に並ぶ活躍をみせ、この大会の注目スラッガーの一人になりましたね。

身長185cm体重85kgと恵まれた体格から放つ打球は、見事としかいいようがありませんね。

本塁打ばかりに目がいきますが、左右に鋭い打球を打てるいいバッターです。

西浦 楓大 外野手(明徳義塾)

西浦は、走攻守の3拍子揃った、選手です。

昨年の夏は満塁ホームランを打つなどの活躍を見せ、明徳義塾らしい、よく鍛えられている選手ですね。

地区大会では、打率.176と調子が悪いようですが、夏の甲子園では活躍を見せてくれるでしょう。

注目校をcheck!

注目高校をcheckする前に、ざっと地方予選の成績のいいチーム紹介していきますね。

まずは、チーム打率ベスト5のチームを見てみると、

1.二松学舎大付 打率.435

2.明豊 打率.423

3.済美 打率0400

4.大阪桐蔭 打率.399

4.智弁和歌山 打率.399

5.中京大中京 打率.397

となっています。

地区によって相手チームの強さが違うので、一概には言えませんが、4割近い打率である、この6チームのバッティングの調子がいいのは間違いないですね。

次に、1試合あたりの失点数の少ないチームベスト5を見てみましょう。

1.神戸国際大付 1試合あたりの失点数0.42

2.興南 1試合あたりの失点数0.83

2.大垣日大 1試合あたりの失点数0.83

3.星光学園 1試合あたりの失点数1

3.木更津総合 1試合あたりの失点数1

3.坂井 1試合あたりの失点数1

3.鳴門渦潮 1試合あたりの失点数1

4.中京大中京 1試合あたりの失点数1.16

5.花咲徳栄 1試合あたりの失点数1.28

神戸国際大付は飛びぬけて失点数が少ないですし、他のチームも1試合あたり1点付近と、チームとして安定しているといえますね。

これらを踏まえた上で、注目高校を選んでいきます。

大阪桐蔭

まず、春夏連覇がかかる、大阪桐蔭です。

とにかくチーム力が圧倒的に高いですね。投手は予選では6人が登板しています。

エース徳山はもちろん、本格派の柿木や内野を守る板尾も投げれば、超高校級レベルでしょう。

本チーム打率.399と4割近く打っていますし、塁打5本、長打も34本と長打力もあります。

クリーンナップである3番中川、4番山本、5番山田はあたり前かのように、打ちますし、代打の切り札である西島もチャンスに強い印象です。

地区予選では、序盤にリードされながらも、4中盤以降に逆転するなど、チームの地力を感じましたね。

流石は大阪桐蔭と言うしかないほど、強いチームです。

中京大中京

夏の甲子園最多7度の優勝を誇る、中京大中京もこの夏はかなり強いです。

中京大中京の歴史で最弱と呼ばれたこともあるチームですが、この夏の地区予選からは圧倒的な強さを誇っています。

チーム打率.397、本塁打7本と打撃力も高く、6試合で7失点と磯村、伊藤、香村の継投も安定感があります。

予選では、一度もリードを許すことなく、圧勝してきましたが、心配する点は、4番の鵜飼が怪我による不調と、点を追う展開に実力が発揮されるのか?と言う所でしょう。

でも、総合的にみると、優勝候補といってもいい実力がありますね。

秀学館

注目選手でも紹介した、高校生№1左腕、川端が率いる秀学館も注目しておきたいです。

チーム打率.360、5試合で失点7と安定したチームと言えます。

打撃の方で目立つ選手はいませんが、中盤の集中打には目を見張るモノがありますね。

昨年は強打として注目を集めていましたが、今年は、投手の川端と田浦がどれだけ抑えられるかが勝利のカギとなりそうです。

優勝校予想

さあ、今年の夏の甲子園の全体を把握したところで、優勝校を予想していきたいと思います。

大阪桐蔭、中京大中京、横浜あたりが、本命ですかね。次いで、木更津総合、秀学館、盛岡大付ぐらい。

となると、選手層の厚い大阪桐蔭が優勝する確率が高いでしょうね。

しかし、甲子園はそこまで思い通りには、いかないはずです。

そこで、私の予想は、中京大中京ってとこでどうでしょうか?

怪我で不調の4番鵜飼が調子を上げたら、総合力の高い中京大中京がさらに波に乗ってくると思うんですよね。

野球ゲームアプリも今が熱い

甲子園も見ていて熱くなりますが、今の野球ゲームアプリもかなり熱いんですよ。

私が学生時代にハマっていた野球ゲームもアプリでありますし、革新的なシステムを搭載した野球ゲームアプリと目白押しです。

私の一押しは、これですね。

ぼくらの甲子園!ポケット 高校野球ゲーム

ぼくらの甲子園!ポケット 高校野球ゲーム
開発元:KAYAC Inc.
無料
posted with アプリーチ

絶対ハマるので、甲子園に集中できなくなってしまうかもしれないですね。

まとめ

今回は、雑誌や地区大会の映像を見て、私なりに夏の甲子園の注目選手や注目高校を紹介しましたが、参考になったでしょうか?

もうすぐ始まる、甲子園をより楽しむために、事前に情報を知っておくのも大事ですよ。

後、甲子園を見逃したとか地区予選を見たい人はバーチャル高校野球がかなり便利ですよ。


スポンサーリンク


スポンサーリンク



-スポーツ

Copyright© なるほど net news , 2018 All Rights Reserved.