スポーツ

2018春の甲子園!選抜高校野球の知っておくべき注目高校や注目選手!優勝候補徹底予想!!

投稿日:

寒く苦しい冬を超え、選手たちは一回り大きくなり、球場に足を踏み入れます。

いくつになっても高校野球を見ると、若き時代の興奮がよみがえってきますよね。

ってことで今回は、春の選抜高校野球の注目高校、注目選手などを詳しく紹介していきたいと思います。

第90回選抜高校野球出場チーム一覧

  学校名 所在地 出場回数
北海道・東北 駒大苫小牧 北海道 4年ぶり4回目
花巻東 岩手 6年ぶり3回目
由利工 秋田 初出場
日大山形 山形 36年ぶり4回目
星光学院 福島 5年ぶり5回目
関東・東京 明秀日立 茨木 初出場
国学院栃木 栃木 18年ぶり4回目
中央学院 千葉 初出場  
日大三 東京 2年連続20回目
慶應 神奈川 9年ぶり9回目
東海大相模 神奈川 7年ぶり10回目
東海・北信越 静岡 静岡 2年連続17回目
東邦 愛知 2年ぶり29回目
三重 三重 4年ぶり13回目
富山商 富山 9年ぶり6回目
日本航空石川 石川 初出場  
星稜 石川 13年ぶり12回目
近畿 近江 滋賀 3年ぶり5回目
彦根東 滋賀 9年ぶり4回目
膳所 滋賀 59年ぶり4回目
乙訓 京都 初出場  
大阪桐蔭 大阪 4年連続10回目
智弁学園 奈良 3年連続12回目
智弁和歌山 和歌山 4年ぶり12回目
中国・四国 おかやま山陽 岡山 初出場
瀬戸内 広島 27年ぶり3回目
下関国際 山口 初出場
英明 香川 3年ぶり2回目
松山聖陵 愛媛 初出場
高知 高知 5年ぶり18回目
明徳義塾 高知 3年連続18回目
九州 東筑 福岡 20年ぶり3回目
伊万里 佐賀 初出場
創成館 長崎 4年ぶり3回目
延岡学園 宮崎 12年ぶり3回目
冨島 宮崎 初出場  

今回は第90回記念大会と言うことで、例年より4校多い全36校が出場しています。

このチームの試合は見逃すな!2018選抜高校野球注目高校

大阪桐蔭

ここ数年毎回優勝候補の一角に上がる大阪桐蔭ですが今年も間違いなく強いでしょう。

昨年の選抜は優勝していますが、夏の甲子園、国体、神宮大会とあと一歩の所で逃しています

王者としてよりも挑戦者としての大阪桐蔭の方が他のチームも怖いはずです。

投手陣は、柿木・梶尾・横川の三本柱。どの投手も前回でも登板経験があり、経験値では他チームの一歩上をいきます。

明治神宮大会では、準決勝で創成館に敗れていますが、野手にも3年生を筆頭に2年生も力のある選手が伸びてきていますし、選手層は全国1位と言って過言では無いですね。

明徳義塾

神宮大会の覇者の明徳義塾も確注目しておかなければなりません。

エース市川はもちろん、例年通り守りも固い。その上今年は、打撃力も期待していいレベルです。

春は野球王国四国のチームの勝率も高いですし、順当に行けば勝ち上がっていく事間違いなしですね。

例年総合的にレベルの高いチーム仕上がっているので、今年も期待ができます。

創成館

神宮大会であの大阪桐蔭を破り準優勝だったのが創成館です。

投手陣の層は厚く、本格派から打たせてとるタイプやサイドスローまで、いいピッチャーが揃っています

正直なところ総合的な戦力では、強豪チームと比べると見劣りすると思います。

しかし、秋季大会からの勢いがそのままあるのであれば、勝ち上がってくる可能性が十分にあります。

膳所

21世紀枠で一番注目して欲しいのが膳所ですね。

秋季滋賀県大会ではベスト8で地区大会にすら出場していないので、恐らく今回出場チームの中では最弱と言ってもいいかもしれません。

しかし、このチームの見どころは、偏差値70越えの進学校ならではのデータ野球です。

グラウンド全体を198分割した図にゴロやフライなど打球の質をデータとして入力して分析しているみたいです。

多分優勝はできないでしょうが、1回戦だけなら、データ分析にかけられる時間もあるでしょうし、勝機もあるはず。

ただ個人的に進学校でも、強豪校に勝つ可能性がある所が見たいだけですけどね。

未来のプロ野球選手!?注目選手

市川 悠太 明徳義塾3年(投手)

神宮大会優勝投手である明徳義塾の絶対的エースの市川は間違いなく注目される選手の一人です。

右投げサイドスローから投げるMax145キロのストレートとキレのあるスライダーが武器ですね。

秋の県大会や四国大会、神宮大会も一人で投げ抜いているので、大きく崩れることは考えにくいです。

ただちょっと奪三振率8.55と低いのが気になる所です。三振取れる所は三振取らないと、楽に試合運びができませんからね。

昨年の選抜でも登板していますし、選抜のマウンドでも活躍してくれるでしょう。

大谷 拓海 中央学院3年(投手)

投げてはMax145キロ、打っては高校通算23本塁打で「大谷」と言う名前から二刀流で注目を集めています

投手としてはもちろんですが、驚くべきなのはバッティングセンスです。

神宮大会で見せた明徳義塾市川から打ったホームランは見事なモノでした。

本人は投手の延長線上に打者があると言ってますが、個人的にはバッティングに注目して欲しいです。

エースで4番なんてマンガみたいな選手ですが、こういう運動能力が高い選手は、プロの世界でも活躍する事が多いですから、注目しておいて損は無いですね。

奥川 泰信 星稜2年(投手)

星稜の奥川選手は、Max146キロの本格右腕です。

全中優勝経験もあるからなのか、マウンドさばきは高校生とは思えないほど冷静です。

基本的には7・8割の力で投げて、追い込んだら全力で三振を取りに行く印象ですね。

秋季大会は奪三振63と今大会№1ですし、狙って三振を取れるピッチャーなのは間違いないです。

恐らく今大会はMax146キロを超えて150キロ近く出るんじゃないかと思って期待しています。

藤原 恭大 大阪桐蔭3年(中堅手)

まさしく野球の申し子と言えるでしょう。これだけ高いレベルで走攻守が揃っている選手は中々出てきません。

50m5秒7、遠投105メートル、ミート力はもちろん、パンチ力がありホームランも打てると付け入るスキがありませんね。

センスはずば抜けているんですが、少し怪我が多いのが気になる所。成績が悪い時はほとんど怪我の影響らしいです。

スポーツ選手に怪我は付きものですが、怪我しないのも一流選手の証ですからね。

大阪桐蔭の厳しい冬の練習を超えてきているので、期待したいです。

門叶 直己 瀬戸内3年(右翼手)

秋の中国大会で1試合6本塁打を放ち一躍プロ注目選手となった瀬戸内の門叶。

183cm90kgと恵まれた体格でパワーは申し分ないです。

秋は11試合で打率は5割超えていますが、上手く打っていると言うより、パワーで押し切ったヒットが多い印象です。

しかし、勝負強いですし、この選抜でも波にのれば、ホームランを量産できる可能性は十分にあるでしょう。

第90回優勝候補徹底予想!!

まず一番に優勝候補で思いつくチームは、明徳義塾と大阪桐蔭ですね。

この大会がリーグ戦なら1位に大阪桐蔭、2位に明徳義塾って予想が固いと思いますが、そうはいかないのが選抜大会です。

明徳義塾はエース市川が崩れると次の投手が期待できないので、3本柱の大阪桐蔭の方が投手力としては上ですかね。

守備力は明徳義塾、攻撃力は大阪桐蔭ってイメージですが、このどちらかが最も優勝する確率が高いでしょう。

対抗として思いつくのが、智弁和歌山と創成館、星光学院、日本航空石川、駒大苫小牧ぐらいでしょうか。

個人的に選抜を予想するにあたり、重要となってくるのが、やはり神宮大会の結果ですからね。

星稜の奥川が今大会で化ければ、一人で強豪校をねじ伏せる可能性もありますけど。

神宮大会準優勝の創成館、ベスト8の星光学院、日本航空石川、駒大苫小牧は勝ちあがってきそうな気がします。

ってな感じで予想していきましたが、私の個人的な予想はやはり大阪桐蔭が優勝すると予想しときます。

高校野球で気持ちが高ぶったらアプリで解消

高校野球を見ていると自分も野球がしたくなってしまいます。

しかし、そんな簡単に野球は出来ないので、高ぶった気持ちはアプリで解消することにしてますね。

最近の野球アプリは完成度も高く結構ハマりますよ!!

ぼくらの甲子園!ポケット 高校野球ゲーム

ぼくらの甲子園!ポケット 高校野球ゲーム
開発元:KAYAC Inc.
無料
posted withアプリーチ

第90回選抜高校野球まとめ

春の甲子園は、夏の甲子園と比べどのチームが勝ちあがってくるのか予想するのが難しいですね。

ですが、どのチームにもチャンスがあるのが春の甲子園だと思います。

いずれこの大会で活躍した選手から、プロ野球選手が出てくる訳ですから、ワクワクがおさまりません。


スポンサーリンク


スポンサーリンク



-スポーツ

Copyright© なるほど net news , 2018 All Rights Reserved.