動画配信サービス

ひかりTVを詳しく紹介!メリット・デメリット

更新日:

DAZNがひかりTVに対応し、注目が集まっていますね。

ひかりTVって一体どういったサービスなの?って質問を受けたので、今回はひかりTVについて詳しく紹介していきたいと思います。

ひかりTVとは?

光回線とテレビがあれば、ご自宅のテレビで、ケーブルテレビや他チャンネル、合計80以上の専門チャンネルが見放題で楽しめるサービスです。

また、自宅でドラマや映画を観られるVOD(ビデオオンデマンド)サービス59000本も視聴できます。

ケーブルテレビのチャンネルや他チャンネルを面倒な工事など無しで、お得な定額で見られるよ!ってサービスです。

⇓公式ページを見てみる⇓

光回線って?

光回線ならどれでも、ひかりTVが対応している訳ではありません。

ひかりTVが対応している光回線は、NTT東日本・NTT西日本のフレッツ回線/光コラボ事業者の光アクセスサービスの光回線です。

例えば、FLET's光NEXT/フレッツ光ネクスト/フレッツ光プレミアム/ぷらら光/ドコモ光/ソフトバンク光/OCN光などですね。

こうやって見てみると、結構な人がひかりTVに対応しているのではないでしょうか。

ひかりTVの料金は?

ひかりTVには、料金プランが3つあります。

・お値打ちプラン:月額3500円(税抜)

・テレビおすすめプラン:月額2500円(税抜)

・ビデオざんまいプラン:月額2500円(税抜)

初期申し込み時は最大2ヶ月間無料期間あり

この料金が基本なのですが、2年間の継続利用する、2ねん割を適用すると、各プランから最大2ヶ月間無料+22ヶ月間毎月1000円割引きされます。

ですので、2ねん割適用時の料金は、

・お値打ちプラン:月額2500円(税抜)

・テレビおすすめプラン:月額1500円(税抜)

・ビデオざんまいプラン:月額1500円(税抜)

になりますね。

ひかりTVプラン比較

プラン名 お値うちプラン テレビおすすめプラン ビデオざんまいプラン
月額基本 通常 (税込3,780円/月)
3,500円/月 税抜
(税込2,700円/月)
2,500円/月 税抜
(税込2,700円/月)
2,500円/月 税抜
2ねん割適用時 2,500円/月 税抜
(税込2,700円/月)
1,500円/月 税抜
(税込1,620円/月)
1,500円/月 税抜
(税込1,620円/月)
初期費用 0円 税抜 0円 税抜 0円 税抜
テレビ
サービス
視聴可能
チャンネル
50ch以上 50ch以上 10ch以上
地上デジタル
放送 
BSデジタル
放送 
“NEW” BSデジタル放送対応チャンネル追加!
NHKBS1/NHKBSプレミアム/BS日テレnew/BS朝日new
/BS-TBSnew/BSジャパンnew/BSフジnew
画質 全チャンネルHD
見逃し配信
ビデオサービス(VOD)      
見放題ビデオ作品数 約12,000本 一部の無料作品 約12,000本

各プランの違いは、テレビサービスの視聴可能チャンネル数違い、ビデオサービスの見放題ビデオ作品数の違い、見逃し配信の有無です。

「テレビおすすめプラン」は、見逃し配信が出来て、視聴可能チャンネル数が多く、見放題ビデオ作品数が少ない。

「ビデオざんまいプラン」は、見逃し配信が出来ず、見放題作品数が多く、視聴可能チャンネルが少ない。

「お値打ちプラン」は、見逃し配信は出来て、どちらとも多い。と言う違いになっています。

ひかりTVはチューナーが必要

ひかりTVを視聴するには、対応テレビを持っているor対応チューナーが必要になります。

チューナーは購入するかレンタルするか選べます。

レンタルは最大2ヶ月間無料なので、自分がどのくらいの期間ひかりTVに加入するのか?を考えて購入するかレンタルするかを検討した方がいいですね。

ひかりTVの画質は?

ひかりTVは全てのチャンネルでHD画質での視聴が可能なので、どのチャンネルも高画質での視聴が可能です。

他にも、4K画質のコンテンツもあるので、高画質の作品が見たい人は嬉しいですね。

注意:4K画質を視聴するには、4K対応のチューナーとテレビが必要

録画はできるの?

USBハードディスクをつなぐことで、録画することができます。

いわゆる外付けハードディスクですね、動作確認済みの外付けハードディスクは、ひかりTVサイト上でも買えますが、一応、Amazonなどの通販サイトとかでも買えるので、価格チェックしといた方がいいかもしれません。笑

注意:テレビサービスの専門チャンネルおよび地上デジタル放送/BSデジタル放送の録画が可能ですが、全ての作品が録画可能ではありません(ビデオサービスなど)。

スマホやタブレットでも視聴できるの?

ひかりTVは、スマホやタブレットで録画した番組やビデオサービスのコンテンツを視聴することができます。

これが、ちょっとややこしくて、ビデオサービスはどこでもスマホで視聴できるのですが、テレビサービスは放送中の番組は、自宅のWi-Fi経由しか視聴することはできません。

要するに、対応の光回線上でしか見ることができないんですよ。

外出先で放送中の番組を観たい!と思っても観られません。

ひかりTVのメリット

料金が安い

観られるチャンネルが違うので一概には言えませんが、1チャンネルあたりの料金は、スカパーと比べるとひかりTVの方が安く、コスパが高いサービスと言えます。

工事が不要

ひかりTVは光回線をテレビにつないで利用するため、アンテナ設置などの工事は必要ありません

よく似ているサービスの、スカパーだと、アンテナ設置に工事が必要なので、工事の必要がないのは、工事費もいらないので、気軽に申し込むことができますね。

ひかりTVのデメリット

2ねん割の期間中の解約には違約金がある

こういった料金プランは、よく調べないで契約した人から後々、批判がでるんですよね。

気付かずに、加入したものの、2年以内にいざ解約しようとすると1万円の違約金がかかります

顧客の囲い込みのためでしょうが、圧迫感があると言うか、気分はいいモノじゃないですよね。未だにこういった料金プランは、古いような気もしますが、、、、、

せっかく良いサービスなのに、サービスで勝負しようぜ!って言いたくなります。

選択肢が多く契約が面倒

プランは、もちろん有料チャンネルやチューナーレンタルなど、決めることが多く結構面倒なので、他のVODサービスと比べるとやはり加入のハードルは高いと思います。

ただ、加入してしまえば、簡単に、色々なチャンネルや動画がお得にテレビで見られる訳ですから、加入する価値はありますよ。

まあ、違約金とかもあるので、よく調べてから加入した方がいいですね。

まとめ

総合すると、ケーブルテレビの番組やVODなど全てをテレビで楽しみたいって人には、最高のサービスと言えるでしょう。

コスパ的な面でも、申し分ないと思います。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク



-動画配信サービス

Copyright© なるほど net news , 2018 All Rights Reserved.