動画配信サービス

プロ野球中継を見るならこのサービスがオススメ!2019┃スカパー・DAZN・他サービスを徹底解説!

更新日:

プロ野球が見られるオススメのサービス

「プロ野球が見たい!」しかし、地上波でのプロ野球テレビ中継枠は減っていくばかりです。テレビ中継で見られないのなら、他で見る方法はないのか?

『スカパー』『DAZN』『パ・リーグTV』など実はたくさんあるんですよ。

しかし、たくさんあると、どのサービスを選べばいいのか?迷います。そりゃユーザーによって見たい試合も違いますし、お財布との相談もあります。

ってことで今回は、プロ野球を見る方法について詳しく紹介していきたいと思います。

プロ野球を見るのにおすすめのサービス

DAZNは低価格で11球団の試合が見られる

DAZNプロ野球

DAZN 
料金1,750円/月額(docomo回線orスポナビからの移行980円)
見られる試合カープ・ヤクルト以外10球団の試合
見られるデバイススマホ・タブレット・PC・テレビ

スポーツ特化の動画配信として鳴り物入りでサービスを開始した『DAZN』も、プロ野球の配信を行っています。

『DAZN』のメインコンテンツはサッカーだと思いがちですが、プロ野球配信にも力を入れて来ているんですよね。

スポナビライブの終了で、『DAZN』がコンテンツを引き継いだことによりプロ野球中継も充実し、10球団の主催試合が配信されているのです。

配信内容詳細については、DAZN(ダ・ゾーン)でプロ野球の配信を楽しみたい人は知っておきたい情報に書いているの参考にして下さい。

広島カープの主催試合と東京ヤクルトスワローズの主催試合は配信されていませんが、カープファンとヤクルトファン以外なら十二分に満足できる内容となっています。

昨年まで配信されていなかった、巨人の主催試合が配信されるので、巨人ファンにはありがたい変更となりました。

料金は一般会員が月額1,750円でdocomoの回線を使っているか、スポナビライブからの移行なら月額980円で見られます。

しかも無料お試し期間が1ヶ月間あるので、気軽に加入することができますよ、気に入らなかったら解約すればいいだけですから。

サッカーや野球以外にもモータースポーツやバスケ、UFCなど様々なスポーツが配信されているので、スポーツ好きには堪らないですよ。

『DAZN』はスポーツ配信では敵なしの内容になっているので、試してみる価値はあるでしょう。

DAZN(ダ・ゾーン)に登録する前に知っておくべき全てのことを解説

⇓DAZN公式ページ⇓

スカパー! プロ野球セットはプロ野球全ての試合が見られる

スカパープロ野球

スカパープロ野球セット 
料金390円+3,685円(セット料金+基本料金)/月額
見られる試合 セリーグ・パリーグ全球団
見られるデバイステレビ

『スカパー!プロ野球セット』は、有料多チャンネル放送サービスであるスカパーのチャンネルの1つです。

プロ野球を思う存分楽しみたいのであれば、スカパー!プロ野球セットが一番オススメ出来るサービスになります。

じつは、プロ野球セ・パ12球団公式戦を見られるのサービスってスカパーのプロ野球セットしか無いんですよね。

全ての試合が見られるって言っても、一つのチャンネルで見られる訳ではなく、色々なチャンネルをプロ野球セットして契約することで、割引される仕組みです。

ですので、特定のチームの試合を見たいだけであれば、プロ野球セットの中のチャンネル単体で契約すれば安く見ることが出来ます。

しかし、特定のチームの試合を見たいのであれば、他にも安価のサービスがあるので、他サービスを検討し方がいいでしょう。

料金は、セット料金(3,685円)+基本料金(390円)/月額で見られるのですが、ちょっと高いのでは?と思いますが、プロ野球全ての試合が見られると思えば安いモノですよ。

公式戦だけ見たいのであれば、シーズンオフだけ解約して、シーズンが始まったら再加入ってことも出来るので、上手く活用すればそれほど負担にはならないですね。

⇓スカパー公式ページ⇓

パリーグの試合なら『パ・リーグTV』

パリーグTV

パ・リーグTV 
料金1,450円/月額(ファンクラブ会員は950円)
見られる試合パリーグ全球団の試合
見られるデバイススマホ・タブレット・PC

パ・リーグ6球団が共同出資した会社、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営する動画配信サービスが『パ・リーグTV』です。

パリーグのための動画配信サービスなので、基本的にはパリーグの試合を楽しむためのサービスになっています。

パ・リーグファンなら大満足の内容で、月額1,450円(有料ファンクラブ会員なら月額950円)パ・リーグ主催全試合はもちろん、2012年以降の全試合のアーカイブを見ることができます。

他にも複数の試合を3画面で楽しめたり、まさしくパ・リーグを楽しむためのサービスと言えるでしょう。

ただ残念なのが、パ・リーグTVをテレビで見ようと思ったら、パソコンやスマホから出力しテレビに映すか、Fire TV StickChromecastも正式対応していないので、ミラーリングで対応するしか無いので、見られないことは無いですが、画質には期待できません。

スマホやPCのみでの視聴なら問題ありませんが、テレビで見たいなら、パ・リーグTVは少し厳しいかもしれないですね。

⇓パリーグTV公式ページ⇓

ベイスターズファンはニコニコ生放送ならではの楽しみ方も

ニコニコ動画プロ野球

ニコニコ生放送 
料金500円/月額
見られる試合DeNAの主催試合
見られるデバイススマホ・タブレット・PC・テレビ

私も最近まで知らなかったんですが、『ニコニコ動画』でもプロ野球の試合を配信しています。

2018年は、横浜DeNAベイスターズ、千葉ロッテマリーンズ、楽天ゴールデンイーグルスのオープン戦を配信しているので、正式発表じゃないですがこの3チームの主催試合が配信されました。

2019年の放送予定は、横浜DeNAベイスターズの主催試合のみのようです。

配信される試合数は少ないですが、ニコニコ動画では普通の放送と違った楽しみ方もできます。

知っている人は知っていると多いと思いますが、ニコニコ生放送と言えばコメント機能ですよね。他人のコメントや自分のコメントが画面に流れるのは面白いですし、実況アナウンサーも結構コメントを拾ってくれるので、アナウンサーとのやりとりも楽しめますよ。

横浜DeNAベイスターズファンなら、同じファン同士の一体感があるので、より面白く試合を見ることができるかと。

無料でも見られるのですが、画質が悪すぎるので流石に有料会員になった方がいいと思います。

有料会員も月額500円と安いですし、横浜と楽天ファンなら、ニコニコ動画って選択肢もありですね。

⇓ニコニコ動画公式ページ⇓

Huluでも巨人戦を見られる

Huluプロ野球

Hulu 
料金980円/月額
見られる試合巨人主催試合
見られるデバイス スマホ・タブレット・PC・テレビ

人気動画配信サービスとして知られる『Hulu』ですが、実はプロ野球配信も行っています。

配信しているのは、巨人主催試合だけなので、野球好きには物足りないですが、巨人の試合しか見ない巨人ファンなら問題ないですよね。

Huluは、海外ドラマや映画を月額980円で楽しめ、オススメできる動画配信サービスです。

無料お試し間も2週間ありますし、映画やドラマに加え、巨人の試合も楽しめる。巨人ファンなら試してみる価値があると思いますよ。

⇓Hulu公式ページ⇓

ヤクルト戦が見たいならFODプレミアムもあり

FODプロ野球

FODプレミアム 
料金888円/月額
見られる試合ヤクルトの主催試合
見られるデバイススマホ・タブレット・PC・テレビ

フジテレビのオンデマンド配信の有料会員である、FODプレミアムで東京ヤクルトスワローズの主催試合が見られます。

ライブ配信はもちろん、試合を見逃したとしても、ハイライトなら後から見ることが可能で、見たいのはヤクルト戦だけって人なら選択肢としてありじゃないでしょうか?

FODプレミアムは、放送中のフジテレビのドラマや過去作品、バラエティー番組が月額888円で楽しむことができる動画配信サービスです。

初回1ヶ月無料なので、ヤクルトファンなら試してみてもいいかもしれません。

⇓FODプレミアム公式ページ⇓

結局プロ野球中継を見るならどのサービスがオススメ?

サービス名 料金(月額) 見らえる試合 見られるデバイス
DAZN 1750円(980円) 10球団 スマホ・タブレット・PC・テレビ
スカパー!プロ野球セット セット料金(3980円)+基本料金(421円)/月額 12球団 テレビ
パ・リーグTV 1450円(有料ファンクラブ会員なら950円) パリーグ全球団 スマホ・タブレット・PC
ニコニコ生放送 500円 楽天・DeNAの主催試合  スマホ・タブレット・PC・テレビ
Hulu 980円 巨人主催試合 スマホ・タブレット・PC・テレビ
FODプレミアム 888円 ヤクルト主催試合 スマホ・タブレット・PC・テレビ

プロ野球を見る方法を色々と紹介しましたが、かなりの種類がありますよね。「どのサービスで野球を見ればいいの?」って人が多いのではないでしょうか。

野球を見るのを重点に置き、サービスを決めるのであれば、DAZNスカパーを選ぶのがベストな選択です。

コスパ重視ならDAZN一択

やはり月額1,750円(980円)で、10球団の試合が見らえるのは魅力です。

2019年から、巨人の主催試合は見られるようになり、広島カープと東京ヤクルトスワローズの主催試合が見られなくなりました

11球団見られていたのが、10球団と減りましたが、試合数と料金、どう考えてもDAZNがコスパ一番です。

セリーグ好きには、ちょっと物足りない内容になってしったんですが、見られないのは主催試合だけですからね。

広島ファン主催試合はしょうがないですが、ヤクルトの主催試合はFODプレミアムとの併用って手もあります。

DAZNとFODプレミアムの料金を合わせても、スカパーより安く済むので。

パリーグファンなら、パ・リーグTVもあるのですが、DAZNとそんなに料金が変わらない上にテレビで見られないので、パ・リーグTVなんて加入する人いるのかな?って感じです。

まあ、パリーグにお金を落とす目的なら、分からなくも無いですが。

ただDAZNは、録画が出来ないこと、日本シリーズ・オールスター戦は配信されないこれだけは注意しといて下い。

と言っても、録画が出来ない分、見逃し配信やハイライトなど、試合を見逃した場合でも、後から見ることは出来ますし、日本シリーズ・オールスター戦はテレビ中継されてるので、問題ないと思います。

DAZNは、無料お試し期間が1ヶ月ありますし、最近のテレビは、「プロ野球中継が少なくなったな」と思っている人は是非とも試してみて下さい。

⇓1ヶ月無料⇓

思う存分プロ野球中継を楽しみたいならスカパー

プロ野球を思う存分楽しみたいのなら、スカパーですね。

12球団に全試合も見れますし、録画だってできます、全ての試合を見逃したく無い人はスカパーしかありません

オープン戦や始球式、ヒーローインタビューまで見られるなんて、野球ファンが心の底から満足できるサービスですよ!

デメリットは、料金が[セット料金(3,685円)+基本料金(390円)=4,075円/月額]と少々高いことです。

今年からスマホやアプリでも追加料金無しで見られるようになりましたし、プロ野球セットのチャンネルで、他のスポーツやアニメ、ドラマなども見られます。

料金は高いですが、サービス内容はこれまでかと言うほど充実しているので、加入後に後悔することはほぼ無いでしょう。

⇓申し込み月無料⇓

プロ野球はwebサービスや有料チャンネルで見られる!

地上波キー局でのプロ野球中継は減少しています。

ギリギリ昭和生まれで小中高と野球漬けの日々を送っていた私からすると、家族のだんらんの場にプロ野球中継が減ってきている事は寂しく感じています。

まあ、プロ野球中継が減ってきていると言うことは、野球の人気が減ってきているって事です。

しかし、プロ野球にはファンがいてプロ野球中継を見たい人がいれば、それに合わせて新しいサービスも生まれます。

っでそのサービスがwebサービスや有料チャンネル訳ですが、日本人は今まで無料で見られていたプロ野球を中々お金を払ってまで見ようしないんですよね。

野球ファンである人がお金を落とさないのですから、野球人気が低迷するのは当たり前ですよ!

野球ファンならちょっとくらいお金を払ってもいいと思うんですが、どうでしょう?

日本人の娯楽は多様化されているので、過去のように野球人気が復活する可能性は低いですが、出来れば野球ファンが増えて欲しいのが本音です。

⇓申し込みはこちら⇓

◦スカパーの申し込みは⇒スカパー

◦DAZNの申し込みは⇒DAZN

おすすめ記事

-動画配信サービス

Copyright© なるほど net news , 2019 All Rights Reserved.