DAZN(ダゾーン)┃登録・加入する前に知っておくべき全てのことを徹底的に解説

「DAZNって一体どんなサービスなの?」DAZNに登録する前に知っておきたいのは当たり前ですよね。

料金、支払い方法、対応デバイスなど、気になることが沢山あるでしょう。

先に言っておきます。DAZNは、スポーツ好きなら、堪らないサービス内容ですよ!

私自身サービス開始当初から利用していますが、DAZNのサービスは日々改善され、より魅力的になっていると感じています。

取り敢えずこの記事を読めば、DAZNに登録する前の知識としては十分な内容ようになってると思うので、少し長いですが目を通して貰えればと思います。

DAZNの知っておくべき基本情報

DAZN

DAZN概要

  • 運営会社:DAZN
  • 月額料金:980円/1,750円
  • 配信数:年間10,000試合以上
  • 無料期間:1ヶ月

これから、DAZNに登録・加入する前にしっておくべき知識を、これでもかと言うほど解説していきますが、おおまかにDAZNとはどんなサービスなのかを把握しておいた方が理解しやすいと思います。

ざっくり説明すると、月額1,750円でスポーツの試合が年間10,000試合以上見られる、サブスクリプション型動画配信サービスです。

スポーツに特化していて、サッカーや野球、テニス、バスケットボールなど、ありとあらゆるスポーツの試合を中継やオンデマンドで見ることが可能です。

配信されているコンテンツは定額で全て見放題なので、時間が許す限り、思う存分スポーツを楽しむことができます。

DAZNには、無料お試し期間があり、1ヶ月間は無料で視聴することができます。気になるならまず、試してみるのもいいかもしれません。

⇓試してみる⇓

※1ヶ月間無料

DAZNの月額料金と支払い方法

月額料金(税抜)
DAZN1,750円
DAZN for docomo980円

まずは、一体いくらでDAZNを見ることができるのか?が一番知りたいはずです。

DAZNの月額料金は基本的には、1,750円/月額となっています。

HuluやNetflixなどの動画配信サービスと比べると少し割高に感じますが、それはスポーツ放映権のことを考えればかなりお得と言えるでしょう。

スポーツ放映権ってえげつないくらい高いですかね。(DAZNがJリーグの放映権獲得に支払った金額は10年分で約2,100億円らしい)

例えば、これまでスカパーでJリーグを見ていた人は、3,000円弱ほど払っていた訳ですから、およそ半額ほどで見ることができます。

しかもJリーグだけではなく、配信しているスポーツは全て見放題なので、利益があるのか?と心配するほどですね。

ぶっちゃけ、ユーザーを集めてから値上げする可能性も十分にあると思います。

DAZN for docomoはドコモユーザーなら980円

ドコモの回線利用者(ドコモユーザー)ならDAZN for docomoと言って、月額980円でDAZNと全く同じサービスを楽しむことが出来ます

月額1,750円でもお得と説明しましたが、さらに770円安くなる訳で、驚くほど安くなります。(通常料金を支払っている人が怒らないか心配なくらい)

唯一DAZNと違うのが、料金の発生日

DAZNが登録日に料金が発生するのに対し、DAZNが月初めの1日に料金が発生することは知っておいた方がいいですね。

ドコモユーザーなら、確実にDAZN for docomoの方がお得なので、通常のDAZNに登録しないようにしましょう。

支払い方法

■クレジットカード(デビットカード)
■PayPal
■DAZNプリペイドカード
■DAZNチケット
■DAZN年間視聴パス・ハーフシーズンパス
■iTunesアカウントを使用したApple ID経由(アプリ内課金)
■Amazon IAP(アプリ内課金)
■Google Playアプリ内課金
■モバイルキャリア決済

DAZNの支払い方法を上記の通り、幅広い支払い方法に対応しています。

(サービス開始時は、クレジットカードの支払いにしか対応していなかったのが懐かしい…)

支払い方法に関しては、DAZN年間視聴パス・ハーフシーズンパスを利用する場合は、まとめて支払う分お得になるのと、iTunesアプリ内課金の場合は若干料金が高くなります。

まあクレジットカードを持っているなら、WEBからクレジットカードで登録するのが無難でしょう。

DAZN for docomoの支払い方法については、ドコモの料金支払い方法と同じになるので、支払い方法を選ぶことはできません。

DAZNを視聴できる環境一覧(対応デバイス)

DAZN対応デバイス

推奨環境一覧
webブラウザ・Google Chrome
・Safari
・Firefox
・Microsoft Edge
モバイル・iOS : 10.1以上
・Android : 4.4以上
ゲーム機・PlayStation®4
・PlayStation®4 Pro
・Xbox One
テレビ・Android搭載テレビ(SONYやSHARP等)
・Panasonic製スマートテレビ (2014+)
・LG製スマートテレビ (2014+)
・TOSHIBA製スマートテレビ
・ソニー製スマートテレビ(2014+)
・DIGAブルーレイディスクレコーダー(2016+)
STBデバイス・Amazon Fire TV
・Fire TV Stick
・Google Chromecast
・Apple TV 
・SHARP AQUOSココロビジョンプレーヤー(AN-NP40のみ)
・ひかりTV対応チューナー ST-3400
・Air Stick
・Air Stick 4K
・ドコモテレビターミナル

PCのブラウザ、スマホのアプリ、スマートテレビなど、DAZNは様々な環境、デバイスで見ることができます。

これだけ対応しているなら、DAZNが見られない人はごくごく僅かだと思います。

もちろんDAZNはテレビでも見られる

スポーツは大画面で臨場感を楽しみたい人も多いでしょう。DAZNをテレビで見る方法は豊富にあり、色々なデバイスに対応しています。

DAZN対応のスマートテレビを持っているなら、アプリをダウンロードするだけで、そのままテレビで視聴することができますが、普通のテレビならゲーム機やSTBデバイス経由で見る必要があります。

テレビで見る方法については、別記事にて詳しく説明しているので参考にして下さい。

個人的には、DAZN対応テレビを持っていないなら、Fire TV Stickの購入をオススメします。

最大6デバイス登録でき、同時視聴も可能

DAZNでは、6つの端末まで登録でき、2つの端末まで同時に見ることが可能です。

例えば、スマホとテレビを登録しておけば、スマホで野球観戦しながらテレビでサッカー観戦なんて事も出来てしまいます。

家でも外出先でもどこでも、DAZNならスポーツを楽しめますよ。

DAZNの口コミや評判を見てみよう

色々なスポーツをこの料金で見られる事を考えると安い

1,750円はちょっと高い

画質があまり良く無い

リアルタイム配信に遅延がある

DAZNの口コミや評判を見てみると賛否両論意見があります。

料金についても、DAZNとDAZN for docomoとで大きく違いますし、目当てのスポーツの種類によって配信数が違うからでしょう。

喜んでDAZNに加入している人も多いが、jリーグなどDAZNでしか見られないコンテンツ目当てで、仕方なく加入している人もいるようです。

DAZNの口コミや評判を詳しく知りたい方は、下記記事にて詳しく紹介しているので参考にして貰えればと思います。

DAZNの登録・加入&アカウント開設は3分あれば完了

DAZN登録手順の図解

1.DAZNのWebページにアクセス

2.アカウント作成

3.支払い情報の登録

5.登録完了&視聴開始

DAZNの登録・加入は驚くほど簡単です。

DAZNのWebページにアクセスし、アカウントの作成と支払い情報の入力するだけ!3分もあれば登録することができるでしょう。

画像付きで詳しく知りたい人は、下の項目をタップしたら表示されます。

登録方法を画像で詳しく知りたい

step
1
DAZNにアクセス

まずDAZNにアクセスし、[まずは、1ヶ月お試し¥0]をタップして進みます。(DAZN for docomoの人はドコモユーザーはこちら)

step
2
アカウント作成

アカウントを作成します。

姓名とメールアドレス、パスワードを入力し、[次のステップへ>]をタップし進みます。

step
3
支払い情報の入力

支払い情報を選択し、情報を入力したら[視聴を開始]をタップしましょう。

step
4
登録完了

この画面になれば、登録完了です。

視聴を開始して、DAZNを楽しんで下さい。

登録だけじゃなく解約も簡単

DAZNに登録するのも簡単ですが、実は解約も数分あれば完了します。

無料お試し期間だけ試してみたい人は、解約方法も事前に知っておいた方がいいかもしれません。

解約方法も簡単なのですが、支払い方法や契約状況によって解約方法が変わるのがちょっとややこしいかも…

「DAZNは解約しても請求される!」なんて言ってる人のほとんどは、自分がちゃんと解約できていないのが原因だと思います。

DAZNの解約方法についても別記事にて詳しく解説しているので参考にして下さい。

DAZNに登録・加入すべき魅力を紹介[メリット]

Jリーグ全試合独占中継

JリーグはDAZNの独占配信です。J1だけじゃなくJ2、J3全ての試合がDAZNで見ることができます。

Jリーグをファンなら、DAZNに加入して後悔することなんて無いでしょう。

スポーツコンテンツの充実は驚きの内容

DAZNコンテンツ一覧

DAZNでは、130以上のスポーツコンテンツで年間10,000試合以上配信されています。

全て見ようと思ったら、1日27試合ぐらい見ないとダメな計算ですね。笑

スポーツジャンルだけも、かなりの種類があります。

サッカーバレーボールバスケットボール自転車競技WWE
総合格闘技アメリカンフットボールテニス野球モータースポーツ
ゴルフダーツラグビーユニオンボクシングキックボクシング
スヌーカー陸上スカッシュ卓球馬車競技
馬場馬術障害馬術

Jリーグにプレミアリーグ、セリエA、ブンデスリーガなどサッカーを見る人には、欠かせない存在となっていますがスポナビライブのサービス終了により、プロ野球中継のコンテンツも強化されています。

プロ野球中継については、セ・リーグ5球団、パ・リーグ6球団の計10球団のオープン戦の一部と公式戦主催全試合が配信されています。

さらには、プロバスケットのB.LEAGUEも配信開始されたので、スポーツ好きには欠かせないサービスになりました。

DAZNならではのコンテンツも

ただスポーツの試合を配信するだけでなく、DAZNならではのコンテンツにも注目です。

例えば、Jリーグなら独自解説、マルチ画面で3試合同時中継していますし、忙しい人にハイライト配信や試合前のみどころやゲームの結果をDAZN独自の視点で分析しています。

解説についてはスカパーがの方が良かったって声が多いですが。笑

これから、こういったDAZN独自のコンテンツは増えてくるでしょう、ネット配信はテレビ中継と違った楽しみ方もあります。

見たい番組も簡単に検索

DAZN番組検索

サービス開始当初は、見たいスポーツが探しにくいと思っていましたが、改善されています。

番組表もジャンル、スポーツリーグで検索できますし、コンテンツ検索もリーグや大会、チームや選手などで検索することができます。

見逃し配信とハイライトの存在

「試合中継は忙しくて見れないかも…」って人も心配はいりません。DAZNでは、見逃し配信とハイライトでの配信も行っています。

忙しくて見逃した試合も見逃し配信で見れますし、ハイライトで重要なシーンだけをまとめて見ることもできます。

ライブ配信で見れなくても十分に楽しめる内容となっています。

無料お試し期間は1ヶ月間

DAZNは、始めてサービスに登録する際に、1ヶ月無料体験をすることができます。

どんなサービスかを確認したり、いざ登録して納得しなければ、無料お試し期間中に解約すれば料金は発生しません。

まあ、取り敢えず登録してみればいいんですよ、きっと気にいりますから。

無料体験を試す⇒

DAZNに登録する前の注意点[デメリット]

安定した通信が必要

画質通信速度
標準画質 (720p)5.0Mbps
HD画質 (1080p)9.0Mbps

DAZNはストリーミング動画配信サービスなので、動画を快適に見るには、ある程度の通信接続スピードが必要で、標準画質が5.0Mbps、HD画質が9.0Mbpsとなっています。

画質設定は自動で行われるので、視聴する通信環境によっては、低画質しか見られなくなる場合もあります。

ちなみに、私が視聴している通信速度は8.0Mbpsあたりなのですが、問題なくHD画質で観られいるので、必ずしも9.0Mbps必要ではないようです。

Wi-Fi環境が必須?

デバイスによっては、有線で接続することができますが、自宅にWi-Fi環境がある方がいいですね。

スマホやタブレットで見るにしても、キャリアの通信だとすぐに制限がかかります。

テレビまで有線で繋ぐにしても、部屋によっては無理な場合もあるでしょう。

動画配信サービスには、通信速度や安定は必要不可欠です。通信環境が不安な人は、通信環境について見直してみましょう。

画質は問題ない程度

スポーツ視聴にとって画質の良し悪しは生命線ですが、テレビと比べるとDAZNは凄くキレイな訳ではありません

最高画質のHDでも、見れない程じゃないですが、ストレスにはならない程度。

ストリーミングサービスなので、画質が安定しないこともしばしば…

まあ、画質については改善するでしょうし、将来は4K対応にも視野に入れているそうなので期待しておきましょう。

録画は出来ないが見逃し配信で対応

スカパーなどで見ていた人は、試合を録画して、楽しんでいた人は多いでしょう。

DAZNはストリーミング配信なので、録画することが出来ません

しかし、見逃し配信などで、リアルタイムで見られなかった人に対応しています。

ダウロード・オフライン再生もできない

現時点でDAZNには、ダウロード・オフライン再生機能はありません

DAZN視聴する時には、必ず通信する必要があることは気を付けて下さいね。

ダウロード・オフライン再生機能に対応するなんて噂も結構あるんですが、まだ対応していませんね…

DAZNはこんな人におすすめ!

こんな人におすすめ

  • スポーツ大好き
  • Jリーグが見たい
  • プロ野球が見たい

DAZNはとにかくスポーツ好きなら満足できる内容になっているので、スポーツ好きにおすすめの動画配信サービスです

サッカー好きなら、Jリーグが見られるのはDAZNだけなので、他に選択肢なんかありませんし、リーガエスパニョーラやセリアA、レミアリーグなど海外リーグも多数配信しています。

野球好きでも、10球団のプロ野球中継、MLBなども配信していているので十分満足できるでしょう。

さらには、テニスやバスケ、ラグビーに格闘技などありとあらゆるスポーツコンテンツを配信しています。

これだけのコンテンツが全て見放題!スポーツ配信としてはこれ以上おすすめできるサービスは存在しませんよ

それでも迷ってしまう人でも、1ヶ月無料なので気軽に試してみることができるなんて死角が見つかりませんよね。

⇓試してみる⇓

※1ヶ月間無料

DAZNに登録・加入する前に知っておいて欲しいことまとめ

ぶっちゃけ、スポーツ配信でこれ以上のサービスはこれから出て来ることは無いでしょう。

このままでも、会員数が増えるのは間違いありませんね。

ただ、ネットのサービスって年配の人は登録を躊躇する人が多いようです。

私の父なんて、絶対に無理ですからね。笑

しかし、プロ野球などのスポーツには年配のファンも多いので、顧客拡大にはこういった人を獲得する工夫が必要かもしれません。

動画配信サービス DAZN

DAZN for docomoが値上げ!『すべりこみキャンペーン中』今ならまだ間に合う!

2020/9/2  

動画配信サービス DAZN

DAZN(ダゾーン)でプロ野球の配信を楽しみたい人は知っておきたい情報【2020】

2020/6/26  

動画配信サービス DAZN

DAZN(ダゾーン)解約・退会する方法と注意点をやさしく解説してみる

2020/5/24  

動画配信サービス DAZN

DAZN(ダゾーン)の月額料金はいくら?支払い方法についても。徹底解説してみようと思う

2020/8/4  

動画配信サービス DAZN

DAZNの不具合のお詫び忘れてない?貰らえるものは貰っておこう

2019/12/20  

動画配信サービス DAZN

DAZN(ダゾーン)の口コミや評判を調査!実際のところはどうなのか?を評価します

2020/7/15  

動画配信サービス DAZN

スポナビライブがサービス終了へコンテンツはDAZNが引き継ぎ

2018/2/9  

動画配信サービス DAZN

スポナビライブをテレビで見る方法まとめ┃ Fire Stick・Chromecast・Apple TV徹底比較

2020/8/6  

動画配信サービス DAZN

スポナビライブを徹底解説!加入してみた感じたメリット・デメリット

2020/5/24  

動画配信サービス DAZN

DAZN(ダゾーン)からDAZN for docomoに切り替えました。DAZN for docomoについて疑問まとめ

2020/8/31  

DAZNテレビで見る方法

動画配信サービス DAZN

DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法┃オススメの方法や見れない場合の対処法も解説

2020/8/6  

動画配信サービス DAZN

DAZN(ダ・ゾーン)サッカーを観るならDAZNです!気になる疑問を解決

2020/5/18  

動画配信サービス DAZN

Vリーグを見るならDAZNがおすすめ!バレーを見るならDAZNで決まり!

2020/5/18  

© 2020 ナルニュー