アプリ 定額音楽配信サービス

Google Play Music(グーグルプレイミュージック)を使ってみた┃iPhoneで登録できない?使い方【レビュー】

更新日:

サブスクリプション型音楽配信は、どのサービスがベストなのか?を疑問に思い、片っ端から契約しています。

カッコつけてサブスクリプション型音楽配信って書きましたたが、すみません。定額制音楽配信ってことなので、これから先は、定額制音楽配信って書かせて頂きます。笑

まあ、どのサービスも1ヶ月以上は無料お試し期間があるので、その間に自分に合ったサービスを見つければいいかな。

ってことで今回は、『Google Play Msic』について、使い方や感想を紹介していきたいと思います。

『Google Play Msic』とは?

Google Play Music

Google Play Music
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

『Google Play Msic』はその名でお分かりでしょうが、誰もが知ってる、Googleが運営している定額制音楽配信サービスです。

『Google Play Msic』が日本で開始されたのは、2015年9月。『Apple Music』『AWA』『LINE MUSIC』より少し遅れて開始されましたが、楽曲の多さやクラウドが利用できるなどの利点から人気があります。

取り敢えず基本的なことを表にまとめました。

月額料金(税込) 980円
楽曲数 3500万曲以上
音質(ビットレート) 320kbps

後発でサービスを開始したからなのか、どれを見ても最高クラスの内容となっています。

料金

月額980円で全ての機能が使えるようになります。

この値段はApple musicと同額なので、合わせて来た感じですね。

初回1ヶ月間は無料で利用できるのですが、契約は自動更新なので、期間内に解約しないと料金が発生するので、気を付けて下さいね。

androidのみなのですが、ファミリープランがあり、月額1480円で本人と家族のメンバー5人までが一緒に利用できるプランもあります。

ちなみに、2015年10月18日までに登録すれば、以降ずっと月額780円でサービスを利用できる早期登録特典があったみたいですね。羨ましい限りです。

クラウドサービスが利用ができる

Googleのクラウドサービスは、頭一つ抜けている印象ですが、『Google Play Msic』で思う存分使うことができます。

その容量はなんと50,000曲とのこと、PCは必要になりますがiTunesなどのコレクションもクラウドにアップロードできます。

アップロードした曲はいつでもどこでもどの端末でも(利用端末は10台までそのうちスマホは5台まで)、『Google Play Msic』経由で聴くことができます。

例えば、iPhoneとandroid間での買い替えの時は便利ですよね。

しかもこのクラウドサービスは、月額料金を払っていない人も利用できるので、クラウドサービスだけ使いたい人にも『Google Play Msic』はおすすめ。

iPhoneじゃ登録できない?

iPhoneじゃ登録できないのでは?と思っている人もいるでしょうが、登録できます。

私も実は『Google Play Msic』アプリをダウンロードし登録しようとしたら、

この画面が出たので、webブラウザ経由で検索しアクセスしたのですが、

アプリが起動し、またこの画面、、、アプリを終わらせてもう一度試してたのですが結果は同じ、、、これiPhoneじゃ登録できないじゃないの?って勘違いしましたよ。

原因は、App経由で内課金されるとAppleにお金が渡るので、Googleが困るので、Googleプレイ経由で内課金してねとのこと。

確かにiPhoneにはGoogleプレイのアプリ無ので、webブラウザじゃないと無理なのは分かったけど、ブラウザでも無理だったんだけど。っで色々調べてみると、PCのwebブラウザから登録したほうがいいよ!とのこと。

いや~そんあ訳あるか、ってことで、アプリと一度アンインストールし、再度試したら、登録画面に行き無事登録することができました。

同じ症状になった場合は、PCで登録するか、アプリを一度削除してから試してみて下さい。

解約する方法

無料お試し期間が過ぎると、自動更新で有料に切り替わるので、解約する方法も知ってほいた方がいいですよね。

これも、androidだと『Google Play Msic』アプリ内の「設定」→「定期購入の解約」で解約できるのですが、iPhoneだとできないので注意してください。

iPhoneの場合は、webブラウザでGoogleプレイにアクセスし登録しているアカウントにログインし、「アカウント」→「定期購入を解約」で解約できます。

『Google Play Msic』の特徴

楽曲数が多い

楽曲が豊富で、その数なんと3500万曲以上!

Apple Musicが3000万曲、LINE Musicが2000万曲ぐらいなので、その数の多さは分かるはず。

どんな曲があるのかは、把握していませんが、邦楽の数はApple Musicと比べると充実しているように感じます。

オフライン再生ができる

通信料が気になる人にはありがたいオフライン再生に対応しています。

Wi-Fiのみでダウンロード・Wi-Fiのみでストリーミングなど細かい設定もでき、ミスで通信量を使用してしまうのを防ぐ安心設計です。

レコメンド機能

機会学習による楽曲のレコメンド機能も充実しています。

体感的には、曲調だけでなく、年代などでも考慮してるのかな?って感じですね。

ヒップホップ聞いてたら、いきなりパンクが流れたりします。笑

シェアには弱め

この曲をSNSでシェアしたい!って人には物足りないシェア機能ですね。

共有ボタンを押しても、Twitterぐらいしかないです。

まとめ

『Google Play Msic』は、音楽を聴くには持ってこいのアプリですね。

しかし、シェア機能は弱いですし、アプリデザインは可もなく不可もなくって所ですね。

クラウド機能は無料ですし、利用した方がいいですが、いくつものアプリを管理するのが面倒になりそうですね。

早期特典の780円で契約してる人は、解約しない方がいいと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク



-アプリ, 定額音楽配信サービス

Copyright© なるほど net news , 2018 All Rights Reserved.