見たいジャンル別に比較 動画配信サービス

【2022-23年】Bリーグ見るには?放送・配信どれがオススメ?無料で視聴できる方法も紹介!

Bリーグを見るには?

日本のトップバスケットリーグ『B.LEAGUE(Bリーグ)』。2021-22シーズンは宇都宮ブレックスがBリーグ創設初年度以来となる2度目の優勝を飾ったことは記憶に新しい。

そんなBリーグ2022-23シーズンは一体どんな感動の物語を見せてくれるのか?注目しているバスケットボールファンも多いはず。

しかし、「Bリーグが見たい!」と思っても、テレビ放送はそれほど多くなく、Bリーグファンからすると納得できる内容ではないでしょう。

ってことで今回は、Bリーグを見るにはどの方法がオススメなのか?無料で視聴する方法について詳しく紹介していきたいとも思います。

\Bリーグ見るなら/

※最大6カ月間無料

Bリーグを見る方法は?視聴できるサービスを紹介!

配信サービス/放送局

  • バスケットLIVE(配信)
  • NHK(BS/地上波)
  • BS12(BS)
  • BSJapanext(BS)
  • Hulu(配信)
  • J SPORTS(衛星放送/配信)
  • バスケットLIVE for Prime Video(配信)

上記がBリーグを配信・放送しているサービス一覧となります。

テレビ放送に関しては、民間でのテレビ放送は基本的には無く(放送されても開幕戦とか優勝決定戦)、NHKがごく一部の試合を放送している状況です。さらに、NHKでもBリーグの放送はBSチャンネルをメインで放送していることから、地上波NHKとBSNHKはセットで1つのサービスと思った方が無難かと。

あと、BS12やBSJapanextなどのBSチャンネルでもBリーグの放送は行いますが、無料チャンネルなうえ、BSNHKとほぼ同じ試合を放送していることから、BSに加入すれば付属されるモノぐらいの認識で大丈夫です。

となると、Bリーグを見たいのであれば、『NHK(BS含む)』のテレビ放送で見るか?『バスケットLIVE』『Hulu』『J SPORTS』『バスケットLIVE for Prime Video』などのインターネット配信サービスで見るか?という選択肢になります。

月額料金と放送配信内容

配信サービス/放送局月額料金(税込)配信/放送内容
バスケットLIVE(配信)508円B1、B2公式戦 全試合配信
バスケットLIVE for Prime Video(配信)300円+500円(プライム会費)B1公式戦 全試合配信
Hulu(配信)1,028円B1公式戦 72試合配信※琉球ゴールデンキングス戦全試合を含む
J SPORTSオンデマンド(配信)1,980円B1公式戦 放送(生中継・録画放送を含む)
NHK(BS/地上波)1,260円+2,280円(BS)B1、B2 公式戦 一部放送

恐らくみなさんが一番知りたいのは、「Bリーグを見るにはいくら必要なのか?」でしょう。そう思い月額料金と配信/放送内容を表にまとめ比べてみると、月額料金も配信/放送内容もサービスによって大きく違うことが分かります。

まず、Bリーグ2022-23シーズンの全て試合が見られるのは、バスケットLIVEのみということは知っておいて下さい。バスケットLIVE for Prime Videoに関しては、はB1公式戦のみ全試合見ることができますが、B2リーグの公式戦を見ることはできないので注意が必要。

その他のサービスはBリーグの配信や放送をメインとしているサービスでは無く、主要となる試合を中心に一部の公式戦を配信なり放送なりしてる感じとなっています。

無料視聴期間

配信サービス/放送局無料期間
バスケットLIVE(配信)最大6ヶ月間
Hulu(配信)2週間
バスケットLIVE for Prime Video(配信)7日間
J SPORTSオンデマンド(配信)無し
NHK(BS/地上波)無し

出来ることならBリーグも無料で見たいって人が多いはず。流石に永遠に無料で見ることはできませんが、動画配信サービスによっては無料で試せる期間があるものが存在します。

バスケットLIVEが最大6ヶ月と無料で見られる期間が圧倒的に長いですが、対象となるユーザーの条件は公開されておらず、Yahoo!アカウントにログインして初めて対象かどうかが分かる仕様となっています。加入する時期や状況によっても違うようですが、初めてバスケットLIVEを利用する人なら対象となる可能性は高く多くの人が6ヶ月間無料で見られると思います。

まあ、無料期間があるサービスなら一度無料で試してみて気に入らないなら解約すればいいだけ。無料期間中に解約をすれば料金を支払う必要は無いので、気軽に試してみるといいでしょう。

Bリーグ見るなら!おすすめの動画配信サービス

【1位】バスケットLIVE

バスケットLIVE

  • 月額料金:508円(税込)
  • 見られる試合:B1・B2公式戦 全試合配信
  • 見られるデバイス:スマホ/タブレット/PC/テレビ
  • 無料期間:最大6カ月間

まず、知っておいて欲しいのが、バスケットLIVEはYahoo! プレミアム会員の特典の一つってこと。

Yahoo! プレミアム会員になれば、バスケットLIVEでB1.B2リーグ全試合を見られるだけでは無く、雑誌読み放題やベースボールLIVEなど特典も豊富がついてきます。

そんな、特典満載のYahoo! プレミアム会員の月額料金は508円と激安!バスケットLIVEだけでも508円ならお得感があるのに、他の特典があるなんてコスパ最強と言っても過言ではありません。

インターネット配信なので録画することは出来ませんが、見逃し配信期間が30日間あり、リアルタイムで試合をチェックできない忙しい人でも、満足できるサービス内容となっています。

さらに、無料期間が最大6ヶ月間あるので、Bリーグを見たいなら取り敢えずバスケットボールLIVEから試してみるのが、ベストなのは間違いないでしょう。

⇓詳しくみてみる⇓

※最大6カ月間無料

【2位】バスケットLIVE for Prime Video

バスケットLIVE for Prime Video

  • 月額料金:300円(税込)
  • 見られる試合:B1公式戦 全試合配信
  • 見られるデバイス:スマホ/タブレット/PC/テレビ
  • 無料期間:7日間

バスケットLIVE for Prime Videoは、バスケットLIVEのサービスをアマゾンプライムビデオでパッケージ化したサービスです。

配信内容はB1公式戦全試合を配信と、バスケットLIVEと比べると劣ってしまいすが、B2まで試合をチェックする必要が無い人には十分な配信内容。

そんな、バスケットLIVE for Prime Videoの月額料金は300円と無茶苦茶安いですが、視聴にはアマゾンプライム会員である必要があるので、別途でプライム会員費の月額500円が必要となります。合計すると月額800円必要になるので、現在プライム会員じゃないのであれば、通常のバスケットLIVEを選んだ方がいいでしょう。

しかし、B1リーグしか興味が無く、尚且つ現在アマゾンプライム会員であれば、一番お得にBリーグが見られるサービスだと思います。

⇓詳しくみてみる⇓

※7日間無料

【3位】Hulu

Hulu

  • 月額料金:1,028円(税込)
  • 見られる試合:B1公式戦 72試合配信※琉球ゴールデンキングス戦全試合を含む
  • 見られるデバイス:スマホ/タブレット/PC/テレビ
  • 無料期間:2週間

Huluは国内ドラマや海外ドラマをはじめ、様々な動画を100,000本以上配信する人気動画配信サービスです。Hulu自体は知っている人も多いと思いますが、実はBリーグの配信を行っています。

配信内容は、琉球ゴールデンキングス戦全試合を含む72試合を配信と、Bリーグファンからすれば物足りない内容かもしれませんが、琉球ゴールデンキングスの試合だけ見れればいいって人なら十分な配信内容となっています。

月額料金は1,028円と、琉球ゴールデンキングス戦だけを見るために加入するのは正直コスパが悪い。しかし、他のドラマやアニメも見る可能性があるなら、選択肢としてありかと。

さらに、無料お試し期間が2週間あるので、これをきっかけにHuluを試してみるのもいいかもしれません。

⇓詳しくみてみる⇓

※2週間無料

【4位】J SPORTSオンデマンド

J SPORTS

J SPORTSオンデマンドはスポーツ専門テレビ局である、J SPORTSが運営するオンデマンドサービスです。

2020-21シーズンまでは、スカパーでJ SPORTSをはじめとしたCSチャンネル複数契約する、BリーグセットがありBリーグの全ての試合を放送していたののですが、今シーズンから廃止されています。

ただ、このBリーグセットのメインであったJ SPORTSは今シーズンもBリーグを放送します。Bリーグの試合を全てではないながらも結構な試合数を配信するので、スポーツ好きなら検討する価値はあると思います。

スカパーやJ:COM経由で契約してもいいですが、Bリーグが目的ならJ、 SPORTS独自のサービスであるJ SPORTSオンデマンドのバスケットパックの方が安いしオススメです。

それでも月額料金1,980円とお高めですが、大学バスケや高校バスケなども配信しているので、バスケット好きならたまらない配信内容となっています。

さらに、25歳以下なら月額料金がほぼ半額の990円で加入できるので、あなたが25歳以下ならかなりお得にバスケットの試合を楽しむことができます。

⇓詳しくみてみる⇓

※2週間無料

【5位】NHK(BS/地上波)

NHK(BS/地上波)

  • 月額料金:1,260円(地上波)+2,280円(BS)
  • 見られる試合:B1、B2 公式戦 一部放送
  • 見られるデバイス:テレビ
  • 無料期間:無し

そもそも、Bリーグを見るためにNHKに加入することはオススメできませんが、NHKでもBリーグが見られることは知っておいて損はありません。

ざっくりと番組表を見た限りでは、地上波での放送は無く、BS1で一日一試合ほど放送している様子です。

テレビが自宅にあるならNHKに加入している人がほとんどでしょうし、中にはBSも加入している人もいると思います。

もし、あなたがNHKとBSが見れる状況なら、NHKの番組表でどんなBリーグの試合が放送しているのか?確認するのもありでしょう。

⇓詳しくみてみる⇓

※2週間無料

※DAZNは見れない

DAZNはスポーツ特化の月額動画配信サービスですが、残念ながら現在Bリーグの配信は行っていません

もともとBリーグの配信は、メインスポンサーであるソフトバンクが運営する『スポナビライブ』が行っていました。そのスポナビライブのサービス終了する際に、DAZNがBリーグの配信を引き継いた形でした。

そうこうしているうちに、ソフトバンクが新たに『バスケットLIVE』のサービスを開始したので、折り合いがつかなかったのかDAZNのBリーグ配信は、2020-21シーズンで終了しています。

ただ現在もB1リーグの試合をハイライトとして配信はしているので、どんな試合だったのか?をチェックするぐらいは可能となっています。

⇓詳しくみてみる⇓

詳細記事DAZN(ダ・ゾーン)に登録する前に知っておくべき全てのことを解説

Bリーグを見る方法┃まとめ

まとめ

  • Bリーグ見るならバスケットLIVEがオススメ!
  • プライム会員ならバスケットLIVE for Prime Videoもあり!

今回は、Bリーグを見られるサービスの紹介やオススメの方法を紹介してみました。

まあ、Bリーグが見たいなら、バスケットLIVEもしくはバスケットLIVE for Prime Videoを選んでおけば間違いないでしょう。

\Bリーグ見るなら/

※最大6カ月間無料

おすすめ記事

-見たいジャンル別に比較, 動画配信サービス

© 2022 ナルニュー