動画配信サービス IT

快適なWi-Fi環境を作るためのオススメのWi-Fiルーターを選ぶ┃戸建て・マンション

更新日:

自宅で動画を楽しむには、いまやWi-Fiの無線LAN環境は必要不可欠となっています。

スマホでキャリア回線で見るには通信制限が気になりますし、パソコンやデバイスに有線で繋ぐ方法もありますが、スマートな方法とは言えません。となれば、快適な動画ライフを送るにはWi-Fiは必要不可欠な存在ですよね。

ただWi-Fi環境を整えようと思ったら、回線を契約し、Wi-Fiルーターを購入しなければなりません。

ルーターを選ぶのって、規格とかGHzとか専門用語ばかり難しいですよね。

ってことで今回は、おすすめのWi-Fiルーターを説明と共にわかりやすく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

インターネット側の通信速度の確認

今回は、Wi-Fiルーターの記事ですが、Wi-Fiルーターを繋ぐそもそもの回線は大丈夫ですか?

Wi-Fiルーターの性能が高くても、回線がADSLとかだと速度は出ませんからね。

光回線は必須ですし、乗り換えた方が料金が安くなる場合もあるので、一度ご自身の回線状況を確認して下さい。

おすすめWi-Fiルーター(無線LAN)を選ぶ基準

今から選ぶさいの基準なんかを説明していきたいと思いますが、興味のない人は別に見なくても大丈夫です。

後半にオススメのWi-Fiルーターを紹介しているので、おすすめのWi-Fiルーターだけを見たい人は飛ばして下さい。笑

Wi-Fi通信規格について

選ぶさいに重要なポイントの1つである、無線LAN規格なんですが、

IEEE802.11a(5.2GHz帯 / 54Mbps  )

IEEE802.11b(2.4GHz帯 / 11Mbps  )

IEEE802.11g(2.4GHz帯 / 54Mbps / )

IEEE802.11n(2.4GHz帯or5.2GHz帯 / 600Mbps /)

IEEE802.11ac(5.2GHz帯 / 6933Mbps )

と主な種類はこのぐらいです。

ざっくり説明すると、下に行くほど性能がいいと思ってくれていいと思います。ですので、IEEE802.11acが一番性能が良いってことですね。

GHz帯の特徴としては、2.4GHzが障害物には強いが電子レンジやBluetoothなどの電波干渉を受けやすいので通信速度が出にくく。5.2GHzは障害物に弱いが電波干渉を受けにくく通信速度が速いです。

動画を見るには、IEEE802.11n以上あれば十分なのですが、今からWi-Fiルーターを購入するなら、IEEE802.11ac対応機種の方がいいと思います。

一度に接続する子機はどのくらいか・どのくらいの範囲まで届く必要があるかを把握する

Wi-Fiルーターを選ぶ際には、通信速度だけを見るのでなく、一度につなぐ子機の数(スマホなど)やどのぐらいの範囲までWi-Fiが届く必要あるかによって、Wi-FiルーターのCPU性能や機能を見る必要があります

同じ最高通信速度であっても、複数機同時に繋ぐ場合は、思った通り通信速度が出ない可能性があります。

機能としては、複数同時利用でも速度低下が起こりにくい規格のMU-MIMO、電波の方向性を高めるビームフォーミング、動画や音声の通信を優先に処理するQosなどに対応しているか注目して欲しい。

Wi-Fiルーターはどのメーカーがいいのか?

次のポイントがどのメーカーがいいのか?ですよね。とにかく安いのが良いのなら、I-O DATAって選択もあるのですが、NECかBUFFALOが選んでおくのが無難でしょうね。

個人的には、NECの方が通信が安定しやすいが、BUFFALOの方が値段が安いって感じですね。個人的にはNECがおすすめです。

ワンルームや繋ぐ台数が少ないならこれで十分!下位モデル

NEC Aterm WF1200CR PA-WF1200CR

ポイント

・4000円ぐらい

・最大速度867Mbpsまで対応

・ビームフォーミング対応

NECの低価格モデルのWi-Fiルーターです。

この価格帯でIEEE802.11acで867Mbpsまで対応、しかもビームフォーミングにも対応してるので、コスパ的には最高です。

ただ、小型の機種なので、複数同時に繋いだり、部屋を複数カバーするのは厳しいですね。

一人暮らしのワンルームだとかだと余裕なので、安く済ませたいならありです。

バッファロー WCR-1166DS

ポイント

・4000円ぐらい

・最大速度866Mbpsまで対応

・ビームフォーミング対応

BUFFALOの低価格モデルのWi-Fiルーターです。

こちらも低価格で、IEEE802.11acで867Mbpsまで対応、しかもビームフォーミングにも対応しています。

ワンルームで一人暮らしで、コストを抑えたい人にはおすすめです。

このレベルはあった方がいいかも!売れ筋モデル

NEC Aterm WF1200HP2

ポイント

・7000円ぐらい

・最大速度867Mbpsまで対応

・MU-NINO・ビームフォーミング・バンドステアリング対応

NECの売れ筋モデルのWi-Fiルーターです。

1万円いないと値段的にはお手頃ですが、867MbpsでMU-NINO・ビームフォーミング・バンドステアリング対応と快適なWi-Fi環境を作ることができます。

2階建ての家や3LDKぐらいの部屋までなら届きますし、端末を複数同時に使ってもストレスなく使用できます。

個人的には、このあたりのモデルを購入しておけば、間違いないかなと。

BUFFALO WHR-1166DHP

ポイント

・6000円位

・最大速度867Mbpsまで対応

・ビームフォーミング対応

1万円以内とお手軽なBUFFALO製のモデルです。

こちらも、ビームフォーミング対応し、動画やゲームをするぐらいなら充分なWi-Fi環境を作ってくれます。

広い家や多数同時に接続しても高速快適!上位モデル

NEC Aterm WG2600HP2

ポイント

・1万円ぐらい

・最大速度1733Mbpsまで対応

・MU-NINO・ビームフォーミング・バンドステアリング対応

NECの上位モデルWi-Fiルーターです。

小型ながら、高性能でアンテナ4本内蔵で、MU-NINO・ビームフォーミング・バンドステアリング対応しています。

速度はもちろんながら、混雑の少ない周波を選んだりと、安定性も抜群。

値段もそんなに高くないので、ちょっとだけ奮発しても、損はしないですよ。

BUFFALO WXR2533DHP2

ポイント

・2万円ぐらい

・最大速度1733Mbpsまで対応

・MU-NINO・ビームフォーミング・Qos対応

とにかくハイスペックのWi-Fiルーターが欲しい人におすすめ。

1GB以上の速度の回線を契約しなおかつ5~6台で同時にネットを繋いだりする人はこのぐらいのモデルを選んだ方がいいかもしれないですね。

動画を見るのがメインの人はここまでハイスペックなのは必要ないですけどね。

一人暮らしなら持ち運びも出来るポケットWi-Fiって選択肢も

ポケットWi-Fiの利点は、Wi-Fi環境を持ち運びが出来る事と、開通工事の必要が無いと言うことです。

一人暮らしのアパートやマンションなら、わざわざ光回線を契約し、Wi-Fiルーターを購入してWi-Fi環境を作るのは、引っ越しなどのリスクを考えて控えている人もいるでしょう。

そんな時は、エリア内ならどこでも持ち運びができる、ポケットWi-Fiが便利ですよ。

でもポケットWi-Fiって勝手なイメージですが、通信制限があったり通信が安定しないとか悪いイメージじゃないですか?

実際はそんなことはありません、そんなのは昔の話です。

通信が安定しているかはチェックできる

Wi-Fi環境において、通信速度と通信の安定性は一番重要です。

ポケットWi-Fiだとそれを不安に感じる人が多いんですよね。まあそりゃそうですよ実際に契約してみて、使えなかったら意味ないです。

そんな事はポケットWi-Fi側も分かっていて、あらかじめチェックできるようになってます。

ピンポイントエリア判定とかだと住所で判定できますし、レンタル機を貸してくれたり、実際に使ってみてダメだったら無料でキャンセルとか。

まあ、実際に使ってみて満足できなければキャンセルするのが、一番確実な方法ですね。

ポケットWi-Fiでも無制限で通信が出来る

「ポケットWi-Fiって通信制限あるんじゃない?」って思っている人が多いのですが、そんな事はありませんプランよります。

メジャーなプランは7GBで通信制限がかかるプランと無制限で通信できるギガ放題プランですね。

ギガ放題プランだと月にいくら使った所で通信制限がかかりません。

ただ気を付けないといけないのが、3日間10GB以上使うと通信が遅くなることですね。

「なんだ通信制限あるじゃん」って思いますが、3日間10GBですからね、よほどの事が無い限り超えないですよ。

10GBがどのくらいの通信量かって言うと、例えば海外ドラマなら一般的に高画質とされるHD画質で、1話200MB~300MBぐらいです。

3日間10GBだと1日10話みても余りますからね、普通に利用してる分には問題ないですよね。

オススメのポケットWi-FiはBroad WiMAX

いま、ポケットWi-Fiを契約するなら、『Broad WiMAX』が一番オススメです。

ポケットWi-Fiにも種類はたくさんあり、選択肢が多いですが、最大下り速度440メガで料金が2,726円~利用できるなんてこんなサービス他にはありませんよ。

今なら最新機種の端末も無料なので、ポケットWi-Fiを契約するなら、『Broad WiMAX』で間違いないでしょう。

サイト内で通信可能エリアのチェックもできますし、8日以内ならキャンセルも出来るので満足できる内容か試してみるのもありですね。

⇓Broad WiMAXについて詳しく⇓

自宅だけならWi-Fiホームルーターって選択肢もあり

Wi-Fi環境が自宅だけでいいのなら、ホームルータ―って手段もあります。

ホームルータ―なら、工事の必要もなく、コンセントに挿すだけで、無制限にインターネットにつなぐことが出来ます。

通信速度は動画を見たりするぐらいなら余裕ですが、オンラインゲームをガッツリする人だとかだと物足りないかもしれません。

ただ、光回線を普通に契約するのと料金がそんなに変わらないので、メリットとしては工事が不要ですぐに使えることですね。

自宅に光回線が繋げなかったり、面倒なことが嫌いな人にオススメです。

おすすめホームルーターはSoftbank Air

工事が面倒なら、ホームルーターである『Softbank Air』がいいですよ。

『Softbank Air』は工事不要で、電源を入れるだけで、Wi-Fi環境を作る事ができます。

最大下り速度は261Mもありますし、定額制で使い放題なので、何も気にする必要なく、すぐに使えます。

⇓Softbank Airについて詳しく⇓

まとめ

実際の通信速度なんかは利用環境で結構変わるので、実際に使ってみないと分からいことが多いですが、Wi-Fiルーターを選ぶのは難しいので、少しでも参考になればいいと思います。

安さを取るか速度や機能を取るか、、私は取り敢えずは高いものを買っておけば大丈夫だろうって考えなんですけどね。

自分の通信環境が気になる人は、アプリなんかでも測定できるので試してみてもいいかも知れないですね。

Speedtest.net

Speedtest.net
開発元:Ookla
無料
posted with アプリーチ

スポンサーリンク


スポンサーリンク



-動画配信サービス, IT

Copyright© なるほど net news , 2018 All Rights Reserved.