おすすめ Amazon関連

Amazonの学割!Prime Studentを徹底解説┃年会費・サービス一覧・紹介プログラム

更新日:

Amazon studentってご存知ですか?私はAmazonプライム会員なんですが、ふと目に入ったAmazon studentと言うサービスを少し調べてみると、「これ、むちゃくちゃお得じゃん!」「私も、Prime Studentになりたい!」「って学生のみのサービスじゃん、、、」てなりました。笑

学生なんてはるか昔の話ですが、学生の皆様にはぜひこのサービスを利用してもらいたい、ってことで今回は、prime studentについて詳しく解説、紹介していきたいと思います。

prime student(プライム スチューデント)とは?

Prime Studentとは、Amazonプライム会員とは別に、学生のために作られたサービスです。言わゆる学割ってやつですね。

学生向けのサービスだけあって、Amazonプライムと比べてもかなりお得なんですよね。私はAmazonプライム会員なのですが、結構満足しています。それより、お得なサービスってもはや会員になる以外の選択肢は無いんじゃないかな?

Amazonは将来のお客になるであろう学生に、先行投資って形でこのprime studentを開始したのでしょう。

私が学生なら絶対にPrime student会員になっていると思います。

prime student 会員料金は年額1980円or月額200円

prime student 会員費 
年額1980円
月額200円

どんなにサービスが優れていても会員料金が高ければ意味ないですよね、prime studentの年会費はなんと、

年会費1900円 です。

月額に換算すると、ひと月あたり159円になります。まあ、ジュース1本の値段でこのサービスを受けられるってことですね。

Amazonプライム会員である私は、年会費3900円払っているので、同等のサービスを半額以下で受けられ学生が妬ましいです。

1年も利用するか分からないって人は月額プランもあり、月額200円から始められます。

個人的には、amazonで買い物する人ならprime studentになって後悔することはほぼ無いと思っているので、年額で払った方がお得ですね。

会員費の支払いはクレジットカードor携帯決済

prime studentの会員になる際には、クレジットカードか携帯決済で支払方法登録する必要があります。

クレジットカードはVISAやJCB、デビットカード、au WALLETプリペイドカードなどで支払う事が可能です。

クレジットカードって学生にはハードルが高く感じがちですが、実はそんな事はありません。

20歳未満でも親の同意があればクレジットカードの作成は可能ですし、au WALLETプリペイドカードや楽天カードなら学生でも簡単に作れます。

どうせ支払うなら、ポイントが貯まるクレジットカードで支払う方がいいのですが、どうしてもクレジットカードが作れないって人は、ドコモとauなら携帯決済でも可能です。

携帯決済のメリットは、親に携帯代を支払って貰ってる人なら、amazonでの買い物もバレなきゃ支払って貰えるって所ですかね。笑

prime studentの対象は?

prime studentの対象となる人は、【日本国内にある大学・大学院・短期大学・専門学校・高等専門学校】となっています。

prime studentはその名の通り、学生のためのサービスってことですね。今から学生になれば、会員になれるのかな?笑

注意:有効期限が4年となっているので、留年すると、5年目にはAmazonプライムに切り替わります。

6か月無料期間あり

ひと月あたりジュース1本の値段で会員になれるのに、さらに6ヶ月の無料お試し期間があります。

月額159円でもサービスがもの足りず、6ヶ月のお試し期間内に会員を退会すれば、お金は一切かかりません。取り敢えず会員になっとくか!って軽い気持ちでにprime student会員になれますよね。

会prime student員特典は通常のプライム会員とほぼ変わらない

prime studentになれば一体どんな特典があるのか?

Amazonのサービスがほとんど追加料金無しで利用できるようになり、さらに学生に向けた購入特典も付いてきます。

お急ぎ便が使い放題

商品が注文してから、届くまでの速さはAmazonの魅力の1つですよね。その魅力を思う存分体験できます。

注文確定から3日以内に届くお急ぎ便、注文確定当日に配達される当日お急ぎ便、配達の時間を指定できる日時指定便がすべて無料です。

一般会員だと、お急ぎ便(360円)、当日お急ぎ便(514円)、日時指定便(360円)がかかりますからね、学生の時は外出などで家に居ない場合も多いので、日時指定が無料でできるのはありがたいですよね。

あと、対象エリアなら、アプリからの注文で商品を1時間以内で配送してくれるPrime Nowも利用できます。

本・マンガ・雑誌はprime redingで読み放題

定額制読み放題サービスって近ごろ増えてきていますよね。

prime studenになればamazonの読み放題サービスであるprime redingが利用できます。

最近始まったばかりのサービスで現状全ジャンルで800弱の作品しかないですが、結構いい暇つぶしになりますよ。

prime photoで無制限に写真を保存

学生の時って、スマホで写真をたくさん撮るので、容量がなくなりがちですよね。

そんな時は、prime photoを使えば問題解決です。prime photoは容量無制限のフォトストレージでスマホやPCの写真をいくらでも保存できます。

amazonプライムビデオが見放題

海外ドラマや映画など、amazonプライムビデオのコンテンツが無料で見放題になります。

開始当初は作品数も少な目で物足りなさがあったのですが、今ではHuluなどと比べても遜色なくなってきているので、勉強の息抜きには最適だと思います。(このサービスは無料期間中は利用できないので、どうしても利用したい人は有料プログラムに切り替えて下さい)

100万曲以上聴き放題なプライム・ミュージックも無料

現在100万曲以上あるプライム・ミュージックですが、このすべてが効き放題です。

J-popも有名所は抑えていますが、洋楽が多めで、流行り出した曲とかはないかもしれないです。

まあ、通学時間に音楽を聴きながら登校なんて、オシャレな学生なら当たり前ですからね。タダなんであって損はしないでしょう。(このサービスは無料期間中は利用できないので、どうしても利用したい人は有料プログラムに切り替えて下さい)

amazonパントリーが使える

大学生になって一人暮らしになる人も多いと思うのですが、このAmazonパントリーは一人暮らしの味方です。

調味料が無くなったとか、冷蔵庫に飲み物がない、カップラーメンのストックが切れた、歯磨き粉やシャンプーが切れそうとか一人暮らしを始めるとこう言うふうに困る場面が多いんですよね。実家にいる時は親が勝手に補充してくれていた人が多いと思うんですよ。

そんな時にはAmazonパントリーが便利です。上記に書いたような日用品が1つづつ買うことができ、それを一つの箱にまとめて送ってくれるのです。

例えば、水×2、ティッシュ×1、マヨネーズ×1、シャンプー×1なんかを購入しても、一つの箱にまとめて送ってくれるので、受け取りが一回で済むので、かなり便利です。

本の購入ポイントが+10%

学生の本文は勉強です。勉強のために本を購入することは、よくあることですよね。その本を買うに時にもAmazon studentは特典が付きます。

例えば、

この本を買うと通常3%(91p)が付きます、Amazon studentなら、3%+10%なので13%(391p)付きます。

タイムセールにも30分早く参加できる

amazonには、Amazonタイムセール祭りやAmazonサイバーマンデーセールなど定期的にビックセールが行われます。

このセールはかなりお買い得に商品を手に入れるチャンスなんです。そんなセールに30分早く参加できる訳ですよ。

最近は、人が増えて来てるので、もはや30分早く参加できてスタートラインって感じですけどね。

今なら2000円分のポイントが貰える

通常でもprime studentに加入すれば、1000円分のポイントが貰えたのですが、12月29日までに加入すると、2000円分のポイントが貰えます。

年会費が1900円なので、2000円分ポイントを使うと+100円ですよ!笑

加入すれば、得をするなんて羨ましい!

prime studentの注意点

・無料期間中は、プライム・ミュージックとプライム・ビデオを利用できない

利用したいのであれば、無料期間中でも有料に切り替えることができるので、切替えましょう。

2000円分クーポンは利用期限がある

加入時に貰えるクーポンには有効期限があるので、有効期限はチェックしておきましょう。

あと、4000円以上の買い物にしか付けないのも注意。

prime sutudentはamazonからすれば利益度外視の先行投資。利用しない手は無いはず

普通に考えて、年額1980円は安すぎます

通常のプライム会員の料金が年額3900円ですが、この金額もamazonの本国アメリカだと月額12.99$日本円で約1350円ですからね。

年額だと16,000円ほどです。

世界的にみても日本は安いのですが、prime sutudentはさらに安い訳ですから。

恐らくamazonはprime sutudentに利益を求めていません。いわゆる先行投資ってやつですね。

まあ、ユーザーからすれば安いけりゃ安いほどいい訳ですから、これだけのサービスが年額1980円は利用しない手は無いですよ。

まとめ

以上がAmazon studentについての情報なんですが、あらためて見てもお得すぎますよ。

もはや、Amazonを利用している学生なら、Amazon studentの会員になるのが当たり前なんじゃないかな?



-おすすめ, Amazon関連

Copyright© なるほど net news , 2018 All Rights Reserved.