動画配信サービス

DAZN(ダゾーン)でプロ野球の配信を楽しみたい人は知っておきたい情報【2020】

スポーツ配信サービスとして認知度を上げているDAZNですが、スポナビライブのコンテンツを獲得したことによって、プロ野球を見るにも適したサービスとなりました。

料金と見られる試合数を考えると、今現在、プロ野球を見るのに一番オススメできるサービスと言えるでしょう。

ってことで今回は、DAZNでプロ野球配信を楽しむために知っておきたい情報を詳しく紹介していきたいと思います。

DAZN(ダゾーン)の基本情報

DAZN

DAZN概要

  • 運営会社:DAZN
  • 月額料金:980円/1,750円
  • 配信数:年間10,000試合以上
  • 無料期間:1ヶ月

DAZNのプロ野球配信について詳しく解説していく前にざっくりと、DAZNについてざっくりと把握しておきましょう。

DAZNはいわゆる、スポーツ専門の定額制動画配信サービスです。

スマホやテレビなど、いつでもどこでもライブ中継&見逃し配信でき、配信コンテンツも豊富!!

プロ野球はもちろん、メジャーリーグ、JリーグやBリーグ、Vリーグ、など、ありとあらゆるスポーツを見ることができます。

料金は、月額1750円(または980円)で配信されているコンテンツは全て追加料金無しで見放題!

これこそスポーツ好きのためのサービスと言えるでしょう。

⇓試してみる⇓

※1ヶ月間無料

DAZNについて詳しく

DAZN(ダゾーン)でプロ野球を見るメリット

私が子供の頃は各局でプロ野球中継を行っていましたが、最近では視聴率の問題もあり、かなり減ってきています。

プロ野球ファンからすると悲しいですが、これが現実なんですよね。

ただ、インターネットサービスや有料チャンネルを利用することにより、以前よりプロ野球を楽しむことが出来るんですよ。

DAZNはプロ野球11球団の試合を配信

セントラル・リーグ配信される試合
読売ジャイアンツオープン戦一部
公式戦主催全試合
阪神タイガースオープン戦一部
公式戦主催全試合
横浜DeNAベイスターズオープン戦一部
公式戦主催全試合
中日ドラゴンズオープン戦一部
公式戦主催の主要試合
東京ヤクルトスワローズオープン戦一部
公式戦主催の主要試合
パシフィック・リーグ配信される試合
北海道日本ハムファイターズオープン戦一部
公式戦主催全試合
東北楽天ゴールデンイーグルスオープン戦一部
公式戦主催全試合
埼玉西武ライオンズオープン戦一部
公式戦主催全試合
千葉ロッテマリーンズオープン戦一部
公式戦主催全試合
オリックス・バッファローズオープン戦一部
公式戦主催全試合
福岡ソフトバンクホークスオープン戦一部
公式戦主催全試合

DAZNではセ・パ合わせて11球団の試合を配信します。

残念ながら今年も広島カープ放映権は獲得できませんでしたが、東京ヤクルトスワローズの放映権を獲得しました。

要するに、広島カープの主催試合以外は全部見られるってわけです。

DAZNのサービス開始当初の2016年なんて、DENAベイスターズと広島カープの2球団の試合のみでしたからね。

それから2018年は巨人以外の11球団に増え、2019年こそヤクルトとカープの放映権を逃しましたが、巨人の放映権を獲得し10球団に。

2020年はヤクルトが加わり、残すはカープのみといった状況です。

2020年のDAZNプロ野球配信はこれまでで一番のプロ野球配信で満足できる年になること間違いないでしょう。

月額1,750円でプロ野球が見られるのは破格

 月額料金
DAZN1,750円
DAZN for docomo980円
(ドコモの回線利用時)

DAZNの月額料金は月額1,750円。DAZN for docomは月額980円となっています。

プロ野球の中継には、放映権が絡んでくるので、上記で紹介した試合数をこの料金で見られるのは圧倒的に安いと言えます。

実際に支払う税込みの料金でも、1,890円と2千円を切っている料金です。しかもプロ野球以外のスポーツ配信含めての料金ですからね。

例えば、スカパーのプロ野球セットは12球団の試合が見られますが、基本料金+プロ野球セットの料金で、4,483円の月額料金を払う必要があります。

この額でもプロ野球ファンなら加入したいって人はたくさんいてますから。

それなのにDAZNなら半額以下の月額1,890円見られる訳ですから、加入する価値は十分にあることが分かると思います。

月に支払う料金(税込)見られる試合
DAZN1,890円11球団主催試合
スカパープロ野球セット4,483円公式戦全試合
詳しく
DAZN(ダゾーン)の料金と支払い方法について、これでもかと言うほど徹底解説してみる

続きを見る

DAZNでもプロ野球をテレビで見られる

インターネットのサービスってスマホやPCでしか見られないイメージを持っている人もいるでしょうが、DAZNはテレビでも見ることも出来ます。

ぶっちゃけ、スマホやタブレットでしか見られないのであれば、私はDAZNに加入する事は無かったでしょう。

やはりスポーツは大画面で見てなんぼですし。

DAZNをテレビで見る方法はいくつもあり、個人的にはFire TVをオススメしていますが、詳しくは別記事に詳しく紹介してるので参考にして下さい。

詳しく
DAZNテレビで見る方法
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法まとめ、やっぱりスポーツは大画面で見ないと

続きを見る

DAZNオリジナルプロ野球コンテンツの充実

DAZNでは、DAZNでしか見ることができない、プロ野球のオリジナルコンテンツも配信されます。

チームメイト同士の雑談や、特定のテーマに沿って選手をピックアップしインタビューなど、プロ野球ファンなら見たいコンテンツを多数配信。

ただ試合を配信するだけじゃなく、よりプロ野球を楽しむことができる内容となっています。

オフシーズンは解約しておけばOK

日程
2月16日
3月20日
5月26日~6月14日
7月13日
7月19日~7月20日
7月21日~8月13
10月24日
11月7日
オープン戦
公式戦
交流戦
フレッシュオールスター
オールスター
中断
クライマックスシリーズ
日本シリーズ

2020年のプロ野球の日程、2月16日オープン戦開始し、3月20日からリーグ戦開幕の10月日に閉幕です。

DAZNでは、オフシーズンにプロ野球のコンテンツは、ほぼ配信しません。

プロ野球だけ見たい人は、オフシーズンに解約しとけば、お金を払う必要がないです。

解約するのも簡単。数分あれば解約完了します。また開幕したら、加入すればいいだけですしね。

DAZN(ダゾーン)解約・退会する方法と注意点をやさしく解説してみる

続きを見る

1ヶ月間は無料で試すことできる

DAZNには1ヶ月無料トライアルがあります。

つまり1ヶ月間は無料でDAZNのサービスを思う存分試してみることができるってわkです。

もし、DAZNのプロ野球に満足できなければ、1ヶ月以内に退会すればお金はかかりません。

加入するのも退会するのも、WEB上で数分あれば完了します。

DAZNが気になっているのであれば、取り敢えず試してみればいいんですよ!!

DAZN無料トライアル

DAZN(ダゾーン)でプロ野球を見るデメリット

もちろんDAZNでプロ野球を見るにあたり、メリットを多数紹介しましたが、もちろん良いことばかりではありません。

画質は問題ないレベル

DAZNは開始当初こそ画質は悪かったですが、現在は問題ないレベルまで向上しています。

この記事を書いている今もDAZNでスポーツを見ていますが、満足してプロ野球の配信を楽しむことが出来ています。

正直行って、テレビ放送で見るより画質が良いってことはありません。ただ、プロ野球ファンの人も納得できる画質では配信しています。(ちょっと言い過ぎました。我慢できるってレベルかも…笑)

日本シリーズ、オールスター戦は見られない

DAZNでは、日本シリーズ・オールスター戦は見ることが出来ません

正直これは痛い!と思いましたが。よく考えてみたら、日本シリーズ・オールスター戦はテレビ中継しているので問題なし。

DAZN視聴者は、日本シリーズ・オールスター戦はテレビで見る必要があることを覚えておきましょう。

プロ野球中継の録画はできないが、見逃し放送やハイライトがある

残念ながら、DAZNの配信コンテンツは録画することはで出来ません

録画は出来ませんが、見逃し放送やハイライトなど、リアルタイムで試合を見逃したとしても、後から見ることは出来ます。

全試合録画して記録している熱狂的な野球ファンじゃない限り、問題ないと思います。

リアルタイム配信は、遅延もあるが我慢できるレベル

DAZNではプロ野球をリアルリアタイムで配信していますが、数秒から数分の遅延があります

ストリーミング配信なんで、数秒の遅延は仕方ありませんが、阪神戦は意図的に数分の遅延で配信しています。

数秒なら気にしませんが、数分となれば話しは別です。リアルタイムで試合を見てるのに、スマホの通知で試合結果が分かったりしてしまうんですから。

DAZNでリアルタイム配信を見る場合は、試合結果が分からないように通知を切っておくことをオススメします。

日本シリーズ、オールスター戦は見られない

DAZNでは、日本シリーズ・オールスター戦は見ることが出来ません

正直これは痛い!でも、よく考えてみたら、日本シリーズ・オールスター戦はテレビ中継してますよね。

DAZN視聴者は、日本シリーズ・オールスター戦はテレビで見ることを覚えておきましょう。

DAZNでプロ野球を見た人の評判や口コミ

DAZNのプロ野球配信について、SNS上で調べてみましたが、思ったより評判はいいようです。

確かに私もDAZNでプロ野球中継を見ているときに、不満に思うことってあんまりないんですよね。

見られる試合数に対し料金は安いですし、画質はそこそこ。よく考えたら結構満足できています。

年配のプロ野球ファンにも教えてあげて欲しい!!

ここからは、個人的なお願いですが、プロ野球ファンにDAZNの存在を教えてあげて欲しいです。

私の勝手なイメージかもしれませんが、プロ野球ファンには年配の人が多く、こういったインターネットサービスには疎いはずです。

学生時代の大半を野球に捧げてきた私からすると、野球界やプロ野球にはもっと盛り上がって欲しい訳です。

それでこう言った記事を書いてるのですが、まあ年配の人には残念ながらこんな記事を見ることはほぼ無いんですよ。

ですので、もし回りにプロ野球中継を見たい人がいたら、「こういうサービスあるよ」ってDAZNの存在を教えてあげて欲しいですよね。

まあ、さらに言うとDAZNの登録まで手伝ってあげると最高です。

2020年練習試合配信について(追記)

DAZNで、プロ野球開幕予定だった、3月20日から無観客の連試合の配信が決定しました。

配信が予定されているのは、広島東洋カープ主催試合以外の11球団の練習試合。ファーム公式戦も3月17日から埼玉西武ライオンズの主催試合のみ放送される予定です。

プロ野球開幕は現時点では、延期となっているので、練習試合でも見て野球熱が冷めないようにしておきましょう。

まあ、これからどうなるのか分かりませんが、配信について情報が分かり次第、追記&修正していくので、ブックマークなりしておいてくれると嬉しいです。

DAZNのプロ野球についてまとめ

DAZN×プロ野球まとめ

  • 11球団の主催試合が1,750円で破格
  • 遅延が多少ある
  • 画質はそこそこ

DAZNではプロ野球配信にも力を入れてきています。

放映権の獲得や試合中継以外のコンテンツの強化など、プロ野球ファンも納得できる内容となっています。

まあ、あと広島カープの放映権を獲得できれば、プロ野球配信でも向かうところ敵なしになるでしょう。

その証拠に、プロ野球配信目当てのユーザーも増え、DAZNの配信コンテンツで2番目に見られているのがプロ野球配信(1番はJリーグ)となっています。

野球にサッカーと、スポーツ専門の動画配信サービスとしては、もはやDAZNに並べるサービスは出てこないでしょう。

プロ野球以外のスポーツの配信も充実していますし、1ヶ月間は無料で試せるので、気になる人は試してみて下さい。

⇓試してみる⇓

※1ヶ月間無料

DAZN(ダゾーン)に無料で登録する前に知っておくべき全てのことを徹底的に解説してみる

続きを見る

プロ野球中継を見るのにオススメのサービス
プロ野球中継を見るならこのサービスがオススメ!2020┃スカパー・DAZN・他サービスを徹底解説!

続きを見る

おすすめ記事

-動画配信サービス
-

Copyright© なるほど net news , 2020 All Rights Reserved.