Amazon関連 本・マンガ

audible(オーディブル)本を聴くサービスについて徹底解説!そろそろ検討していいレベル

更新日:

あなたは、audible(オーディブル)を知っいますか?

本を聴くサービスをAmazonが開始したと言うことで、少し前に話題になりました。

サービス開始当初の評判は作品数が少ないなどの意見が多く、利用するのを見送りましたが、もうそろそろ改善されているだろうと利用を開始してみました。

ってことで今回は、audible(オーディブル)について詳しく紹介していきたいと思います。

audible(オーディブル)とは?

スマホやPCで専用アプリを使うことにより、本を読むのではなく、本を聴くことができるサービスです。

本を朗読で楽しめるってことは、普通に本を読むときとは違い、目と手が使えるようになるので、『~しながら』本を楽しめるようになりますね。

オーディブルは、Amazonの関連会社が運営しており、サービスを利用するにはAmazonアカウントが必要です。

Amazonプライム会員の特典であるAmazonプライムビデオやAmazon Musicなどとは違い、オーディブルは独自のサービスなので料金がかかります。

audible(オーディブル)月額料金

オーディブルの月額料金は、月額1500円になっています。

Amazon関連のサービスにしては、料金設定が高いような気もしますが、Amazonの読み放題サービスが月額980円なので、版権や朗読する人の人件費や音声データ量も増えるのでサービスを維持するにはしょうがないのでしょうね。

無料期間もあるので、とりあえず試してから継続するかどうかを決められるので、心配いりません。

Amazonプライム会員なら3ヶ月間無料

オーディブルの無料期間は、サービスを利用開始1ヶ月間ですが、Amazonプライム会員なら、3ヶ月間無料で利用できます。

Amazonのアカウントで管理をしているので、Amazonプライム会員なら自動的に3ヶ月間無料で利用できる訳ですね。

無料期間が終わると、自動的に有料会員に変更されるので、無料期間中に辞めたいのであれば、しっかりと解約することを覚えておいた方が良さそうです。

audible(オーディブル)作品数

サービス開始時は作品が少な過ぎて酷評の嵐でしたが、今ではかなり改善されてきています。

サービスが開始された2015年の作品数は5800作品だったのですが、2017年6月15日現在の作品数は8668作品とおよそ1.5倍ほどの作品数になっています。

作品数が増えて作品が探しにくくなっているのかと思いましたが、そこも改善されていて、20ジャンル以上と細かく作品を分けていて読みたい本をすぐに見つけられるようになっています。

本を読んでいるナレーターでも検索できますから、好きな声があるならその人が朗読している作品を探してみるのもいいかもしれませんね。

人気のジャンルは自己啓発とかビジネス、語学、関連の本のようですね。オーディブルを利用している層がそこらへんのジャンルが好きなのでしょうね。なんとなく分かるような気がします。笑

audible(オーディブル)によって出来ること

本は読モノって考えの人が多いと思います。実際に私も「本は読んでなんぼでしょ!」派だったのですが、実際に利用してみると案外いいですよ。

では私がオーディブルのおかげで出来るようになった事の一部を紹介します。

料理しながら本

テレビを見ながら料理をしている人は、多いはず。本を聴きながら料理をするなんてのはどうでしょう?

私の料理なんて炒めるとか煮るぐらいですから、本を聴きながら料理できるのはありがたいですね。

ランニングしながら本

読書と運動はこれまで相反するモノだと思っていましたが、本を聴くことで同時にできますね。

ただ本格的に走ってしまうと、「はぁはぁ」と息の音がかなり邪魔になります。笑

寝ながら本

睡眠学習ができたら最高だと思いませんか?

私は英語習得の本を聴きながら寝ています。今の所は何一つ身についていませんが、いずれかは英語が喋れるようになっているはず。笑

まとめ

聴く本は、実際に使ってみないと良さは分からないです。

正直、合う合わないはあると思いますしね。

Amazonプライム会員なら3ヶ月間無料なので、Amazonプライム会員なら一度試してみた方がいいですよ。

audible(オーディブル)公式ページ⇒audible(オーディブル)

Amazonプライム会員じゃない人はこの機会に、Amazonプライム会員になってみてはいかがでしょうか?

Amazonプライム会員は、私が利用してて一番オススメできるサービスですからね。


スポンサーリンク


スポンサーリンク



-Amazon関連, 本・マンガ

Copyright© なるほど net news , 2018 All Rights Reserved.