アプリ

『Kyash(キャッシュ)』とは?無料送金アプリを徹底解説!使い方や安全性について┃iPhone

更新日:

電子マネーやクレジットカードの普及により、お金のやり取りの利便性は向上しています。

日本政府もキャッシュレス社会を推進しており、これから先、キャッシュレス化の波は広がるのは間違いないでしょう。

そんな中で注目したいのは、スマホアプリです。だれもが持っているスマホで簡単に、支払や送金ができる『Kyash』です。

ってことで今回は、無料送金アプリ『Kyash』について詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

Kyash(キャッシュ)とは?

Kyash(キャッシュ)

Kyash(キャッシュ)
開発元:Kyash
無料
posted with アプリーチ

いつでもどこでもスマホから無料で送金できる、無料送金アプリです。

アプリ間で、お金のやり取りができるアプリと言えば、LINE Payとか最近だと割り勘アプリのpaymoなんかのCMが話題になりましたね。

現金での支払いが、アプリで出来るようになる、そんな時代がきましたよ。

Kyashに登録してみよう

Kyashに登録するには、Facebookアカウントで登録するか、メールアドレスで登録することができます。

Facebookで登録すると、Facebookとデータ連動してくれるので、のちのち支払いを請求をするのに便利ですね。

後は、電話番号を入力すれば登録完了です。

それと、登録するときに招待コードを入力する所があるのですが、招待コードを入力すると300円貰えます。

招待した側も300円貰えるので、知り合いにでも紹介して貰うのがいいでしょうね。

もし、誰もいないなら私の招待コードを記しとくので、使って下さい。

N84BK3

Kyashのシステム

Kyashは、前払式手段発行手段を用いたサービスで、商品券やプリペイドカード等に使われている手段を利用しています。

Kyashでは、登録した際にVISAブランドのバーチャルカードを発行し、そのバーチャルカードでお金の出し入れをすることができます。

バーチャルカードはこんな感じ

カードはVISAブランドなので、オンラインVISA加盟店の4400万店でクレジットカード決済のように支払う事ができるのですが、前払式発行手段を用いたサービスなので、現金化することはできません。

送金・請求方法

基本的にKyashは、Kyashカードと言う、Kyashのバーチヤルカードどうしでのやり取りになります。

請求は、メールアドレスや電話番号、周辺を探す、QRコード、SNSからできますが、どちらにせよ送金する時には登録が必要ですね。

送金するときに、初めてKyashを使う時や、支払のお金が足りなければ、VISAカードもしくはmasterカードを登録し、支払うことができます。

いちどKyashに登録していれば、送金はTwitterやline経由でも送金できるのも便利ですね。

Kyashの安全性について

お金のやり取りをする訳ですから、安全性は確かなのか?は気になるところです。

Kyashは、自らのサービスの安全な理由について規格PCI DSSに完全準拠をあげています。

PCI DSSは、クレジットカードのカード情報セキュリティの国際統一基準で、アメリカンエキスプレスやJCB、VISA、マスターカードなど国際ペイメントブランド5社が共同で策定しています。

要するに、クレジットカードなみのセキュリティ対策をしていると言うことですね。

他にも、個人情報はTRUSTeを取得していますし、万全のセキュリティ対策と言っても過言ではないでしょう。

Kyashの便利な使い方

Kyashは、現金化ができない分、使用自由度は高くなっています

しかし、レシートなどもいらず、簡単に請求できるので、支払う側との信頼関係は必要です。

支払いで揉めても、個人間の問題なので、Kyashは関係ありませんからね。

簡単に請求できるので、割り勘のとき、男子は多め、女子は少なめなんてのもできますし、買い出しする前に請求し、支払って貰うこともできます。

現状、Kyashカードでのリアル店舗での支払いは、対応できていないですが、Amazonなどのネット店舗は対応しているので、Kyashカードの残高が使いきれないと言うことはないでしょう。

まとめ

Kyashは、かなり便利なので、キャッシュレス化の波を加速させるのは間違いないはず。

今の所は、ios端末にしか対応していないですが、後々android端末にも対応するので、androidの人はもう少しお待ちを。

ただ、Kyashが普及すると、アカウントの売買で現金化なんてこともありそうですが、、、、笑

Kyashは今でこそ認知度は低いですが、2020年までに国内利用者1000万人を目指しているので、時代を先どってダウンロードしておきましょう。

追記:android版もリリースされました。

Kyash(キャッシュ)

Kyash(キャッシュ)
開発元:Kyash
無料
posted with アプリーチ

スポンサーリンク


スポンサーリンク



-アプリ

Copyright© なるほど net news , 2018 All Rights Reserved.