便利アプリ アプリ

バンドルカードは審査なしですぐ利用可能!使い方を分かりやすく解説

Pocket

オンラインサービスを利用する時やネットショップで買い物する時には、クレジットカードがあると便利なのは皆さん知ってますよね。

各ネットサービスも色々な決済方法に対応していますが、各サービスにはクレジットカード非対応なサービスもあり、クレジットカードが無ければ不便なことが多いです。

そんな時には、バンドルカードがあれば全て解決するんです!

ってことで今回は、バンドルカードについて詳しく紹介していきたいと思います。

バンドルカードは審査なし!無料で発行できるVisaプリペイドカード

バンドルカードは、Visaの加盟店で支払いができ、審査無しで誰でも作れるVisaプリペイドカードのことです。

「プリペイドカード?」と言われてもピンと来ない人は、JR東日本のSuicaとかセブンイレブンのnanacoとか他にも楽天Edy、au WALLET、LINE Payとかなら聞いたことありますよね。

これらの決済はあらかじめチャージしますよね。いわゆる前払式決済の一部のカードのことをプリペイドカードと言います。

ようするにバンドルカードは、VISA加盟店で使えるプリペイドカードってことです。

バンドルカードはさらに、ぽちっとチャージと言う前借りサービスもあるので、普通のプリペイドカードより使用用途は豊富なので便利ですよ。

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
開発元:Kanmu, Inc.
無料
posted withアプリーチ

バンドルカードにはバーチャルカードとリアルカードがある

まず、バンドルカードには、バーチャルカードとリアルカードがあります。

違いは、バーチャルカードはネット上のサービスでしか利用できないのですが、リアルカードを発行すれば、実店舗含でもバンドルカードが利用できるようになります。

バーチャルカードはアプリをインストールして、アカウント登録すれば作れますが、リアルカードは発行手続きを行い、手数料を支払う必要があります。

Visa加盟店の支払いに対応!あの店やあのサービスにも

バンドルカードがどんな場所で利用できるのか?どんなに便利でも使える場所が無ければ役に立ちません。

バンドルカード利用できるのはVisa加盟店です。VISAは世界で一番利用可能な店舗が多いのは有名な話しです。

バンドルカードを利用する人の多くは、ネットのサービスでの利用が多いでしょうからネットのサービスの一例を紹介しときます。

バンドルカード利用可能

・App Store
・Google Play
・Amazon
・LINE
・メルカリ
・チケットぴあ

見て分かる通り、有名なネットサービスはほとんど利用できます。

App Storeでアプリを購入したり課金したり、Amazonで買い物、LINEでスタンプの購入なんかがバンドルカードで出来るわけです。

ただ気を付けないないといけないのが、バンドルカードは、定期購読はできません。

例えば、毎月支払う必要がある、ネットフリックスなんかの支払いはできないですよね。

他にも、バンドルカードを利用できない場合はあり、事前に知っておいた方がいいでしょう。

バンドルカード利用不可

・ガソリンスタンド
・宿泊施設
・公共料金
・定期支払い・定期購買
・保険料の支払い
・高速道路料金
・機内販売

バンドルカードはチャージの種類が豊富。ぽちっとチャージで後払いもOK!!

バンドルカードのチャージ方式

・ポチっとチャージ
・コンビニ
・クレジットカード
・ドコモ払い
・ソフトバンクまとめて支払い(一時停止中)
・ビットコイン
・ネット銀行
・セブン銀行ATM
・銀行ATM(ペイジー)
・ギフトコード(iTunesカードやAmazonギフト券ではありません)

バンドルカードにチャージする方法はたくさんあり、自身にあった方法でチャージすることができます。

ぽちっとチャージ以外は先払いのチャージ方式となり、それぞれのチャージ方式があります。

チャージ方式については、公式ページを参考にして下さい⇒こちら

バンドルカードを使い方を実際に使ってみて解説

まずはアプリをダウンロード

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
開発元:Kanmu, Inc.
無料
posted withアプリーチ

まずは、バンドルカードのアプリをダウンロードします。

上記のリンクから直接ダウンロード出来るので、ぜひ活用して下さい。

バンドルカードに登録。5分もあれば登録完了

登録の流れは、ユーザー名・パスワードの登録⇒生年月日・性別の登録⇒電話番号の登録⇒送られてきた認証番号を入力⇒利用規約に同意で登録の完了です。

バンドルカードにチャージしてみる

登録が完了したら、実際に使ってみましょう。

バンドルカードを利用するにはまずチャージしなければなりません。

今回は、ぽちっとチャージでチャージしてみます。

『ぽちっとチャージ』をタップします。

『ぽちっとの申し込みへ』をタップします。

ぽちっとチャージするには、氏名・生年月日・メールアドレス・電話番号の登録が必要になります。

バンドルカードに登録する際に、生年月日と電話番号は登録してるので、追加で氏名とメールアドレスの登録が必要ってことですね。

あと、ぽちっとチャージは、チャージする度にSMS認証が必要なので、不正利用の心配はありませんよ。

『SMS認証』をタップします。

SMSで送られてきた番号を入力し、『認証する』をタップします。

ぽちっとチャージは、3,000円以上からチャージでき、1,000円刻みのチャージとなります。

チャージには手数料もかかり、下部にて表示されているので、参考にしましょう。

今回は、5,000円のチャージなので、500円の手数料がかかるってことですね。

チャージする金額が決まったら、『OK』をタップします。

チャージが完了すると、残高が反映されているので、確認して下さい。

バンドルカードで買い物してみる

バンドルカードにチャージし終わったので、実際にバンドルカードを使って、買い物をしてみましょう。

今回は、Amazonで買い物しますが、基本的な流れとしては、クレジットカードの利用と同じで、カード情報を登録して支払いするだけです。

欲しいものが無かったので、取り敢えずAmazonギフト券を買ってみます。

私も失敗したのですが、バンドルカードは残高確認のために1円の引き落としがされるので、5,000円チャージしていても4,999円までしか使えないので注意しておきましょう。

商品を選んだら、支払画面に進みます。

支払い方法の選択で、『新しいお支払方法を追加』をタップします。

バンドルカードのカード名義人・カード番号・有効期限の情報を入力します。

注意して欲しいのが、カード名義人の欄は自分の名前ではなく「VANDLE USER」にする必要があります。

ちなみにカード情報の入力はバンドルカードアプリのカード情報をタップするだけでコピーできるので楽ですよ。

カード情報を入力したら、『次に進む』をタップします。

後はいつも通り『注文を確定する』をタップすれば完了です。

支払いがきちんと完了しえれば、残高に反映されているはずです。

ぽちっとチャージした分の支払いをする

今回は、ぽちっとチャージでチャージしたので、チャージした分の支払いをしなけばなりません。

ぽちっとチャージは、毎月末日までにチャージした金額の合計と手数料を、翌月の末までに支払う必要があります

今回は、ぽちっとチャージした分の5,000と手数料の500円、合わせて5,500円を支払う必要ああります。

『支払いへ』をタップします。

支払い額と期限が表示されています。

『支払い方法を選ぶ』をタップします。

ぽちっとチャージした分の支払い方法は、[コンビニ・ネット銀行・銀行ATM(ペイジー)]から選べます。

個人的には、コンビニが簡単でオススメですね。

支払い方法を選択したら、『選択しら方法で支払う』をタップします。

支払えるコンビニは、[ファミリーマート・ローソン・サークルK・サンクス・ミニストップ・セイコーマート・デイリーヤマザキ]です。

大手だとセブンイレブン以外は対応してるので、ほとんどの人が自宅の近くにあるはずですね。

後は、コンビニにある端末に番号を入力してレシートを出すか、バーコードを見せ、レジでお金を支払えば完了です。

バンドルカードのメリット・良い点

メリット

・審査無し
・visaブランドで使える場所が多い
・ぽちっとチャージで後払い可能
・アプリダウンロードしてすぐ使える

バンドルカードのメリットは審査無しで、すぐに利用できるところでしょう。

アプリをダウンロードすれば、すぐにでも使えるようになります。

学生や諸事情でクレジットカードが作れない人には、救世主的な存在なので、「クレジットカードが欲しいけど、、、」って人は今すぐにでもダウンロードすべきですね。

バンドルカードのデメリット・注意点

デメリット

・手数料がかかる
・利用出来ない場合も

デメリットとしては、手数料がかかるってところですね。

ぽちっとチャージの手数料や、4ヶ月以上利用しない場合の口座維持費、リアルカードの発行手数料など、手数料がかかります。

あと、バーチャルカードはオンラインしか使えないですし、リアルカードを発行しても使えない場所もあります。

クレカが作れるならクレカの方がいいかも

まあ、クレジットカード作れるなら、クレジットカードの方がいいよね。笑

クレジットカードなら、手数料や維持費が必要ないものもたくさんありますし。

クレジットカードも、学生でも親の同意書があれば、作れるクレジットカードもあるので、クレジットカードが作れそうならクレジットカードを検討してもいいかもしれません。

バンドルカードまとめ

バンドルカードについて紹介しましたが、個人的には自己管理出来る範囲での使用をオススメします。

クレジットカードはちょっとなって人はかなり便利ですよ!

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
開発元:Kanmu, Inc.
無料
posted withアプリーチ

おすすめ記事

-便利アプリ, アプリ

Copyright© なるほど net news , 2019 All Rights Reserved.