ガジェット

Fire TV Stick 4Kを徹底解説!4K・Ultra HD・Alexaにも対応の実力は?価格・設定方法【レビュー】

更新日:

Pocket

Amazonから発売されている、人気のFire TV Stickシリーズですが、新しくFire TV Stick 4Kが発売されました。

これまでのFire TV Stickシリーズを全て購入し、レビューしている私からすると、買わない選択肢はありません。

ってことで今回は、Fire TV Stick 4Kについて詳しく紹介していきたいと思います。

Fire TV Stick 4Kとは?

Amazonから発売されているFire TV Stick 4Kは、複雑な設定など不要、テレビのHDMI端子に差し込むだけで、簡単に映画やビデオをテレビの大画面で楽しめるデバイスです。

Fire TV Stick 4Kの読み方は、ファイヤースティックフォーケーらしいので、覚えておきましょう。

主な用途としては、動画コンテンツの再生。Amazonプライムビデオをはじめ、HuluやNetflix、YouTube、など様々な動画配信サービスに対応しています。

その名の通り、4K画質の再生にも対応しています。

位置づけとしては、Fire TV Stickの上位機種、Fire TVの後継機と思って貰えればいいでしょう。

イメージは、これまで販売されていたFire TVの機能を増やして、小型化したって感じですかね。

Fire TV Stick 4Kを購入すると何が出来るのか?

ポイント

・Prime Videoをはじめ、様々な動画コンテンツの再生

・Amazon Musicの再生

・Amazon photoが見られる

・ゲームアプリをプレイ

・ブラウザアプリによるwebの閲覧

Fire TV Stick 4Kの主な用途は、動画コンテンツの再生です。

プライム・ビデオをはじめ、Hulu、Netflix、AbemaTV、DAZNなど動画コンテンツをテレビで見ることが出来るようになり、その他にも、Amazon MusicやAmazon photoなどAmazonのサービスやwebの閲覧、ゲーム、YouTubeなど様々なコンテンツをテレビで楽しめるようになります。

Fire TV Stick 4K基本情報・スペック表

Fire TV Stick 4K
価格 ¥6,980円(税込)
サイズ・重量 108 mm x 30 mm x 14 mm・53.6 g
プロセッサ・GPU クアッドコア 1.7GHz・IMG GE8300
ストレージ 8 GB
オーディオ Dolby Atmos、 7.1 サラウンド対応、 2chステレオ、最大5.1chのHDMIオーディオパススルー
Wi-Fi デュアルバンド、デュアルアンテナWi-Fi (MIMO); 802.11a/b/g/n/ac対応。
音声認識 同梱のAlexa対応音声認識リモコンまたは、無料のFire TVリモコンアプリで対応 (Fire OS、Android OS、iOSで利用可能)
IR対応AV機器操作 同梱のAlexa対応音声認識リモコンで、IR対応のテレビ、サウンドバー、AVアンプ操作が可能
クラウドストレージ Amazonのコンテンツはすべて無料でクラウドに保存可能
入出力端子 HDMI出力、Micro USB(電源用)
出力 2160p、1080p、720p、最大60fps
Bluetooth Bluetooth 4.2/5.0 BLE
フォーマット

ビデオ:Dolby Vision、HDR-10、HLG、H.265、H.264、VP9
オーディオ: AAC-LC、AC3、eAC3 (ドルビーデジタルプラス)、FLAC、MP3、PCM/Wave、Vorbis、Dolby Atmos(EC3_JOC)
写真: JPEG、PNG、GIF、BMP

ここが凄いよFire TV Stick 4K!!

4K・Ultra HDなど超高画質再生に対応

Fire TV Stick 4Kは、4K・Ultra HDコンテンツを最大60fpsまで対応しているので、臨場感あふれる映像を見ることができ、Dolby VisionとHDRの鮮明な色彩で美しい映像体験が可能です。

3D Dolby Atmos Audio対応のスピーカーシステムに繋ぐと、その場にいるかのような美しい映像と迫力のサウンドを楽しめます。

簡単に言うと現時点で最高峰の映像とサウンドで、映画やドラマを見ることが出来るってことですね。

超高画質対応にもかかわらず安い

Fire TV Stickシリーズ価格 
Fire TV Stick4,980円
Fire TV Stick 4K6,980円

4K・Ultra HDコンテンツ対応のデバイスで、価格が6,980円はかなり安価です。

ほとんどの、4K・Ultra HDコンテンツ対応のデバイスは1万円弱の価格設定なので、4K・Ultra HDの作品を見たいって人には、ありがたい値段設定ですね。

通常のFire TV Stickが4,980なので、その差も2,000円とあまり無いので、まだ4K・Ultra HDの作品を見る予定がなくても、これから見る機会があるかもしれないのであらかじめ買っておくのもありでしょう。

Fire TV Stick(第2世代)より80%以上もパワフル

Fire TV Stick 4Kは通常のFire TV Stickより80%以上もパワフルに作成されています。

4K画質を再生する処理能力は当たり前で、映画やTV番組の再生もサクサク滑らか、鮮明な色相とくっきりとしたコントラストの映像美を楽しめます。

私はFire TV Stick 4KもFire TV Stickも持っていますが、確かに操作性や反応速度に違いがあり、より快適に使えると思います。

Alexaの様々な便利機能にも対応

Fire TV Stick 4Kは、Amazonのクラウドベースの人工知能(AI)音声認識サービスであるAlexaを利用することが出来ます

音声認識ボタンを押しながらリモコンに話かければ、映画やドラマを検索できたり、再生を操作したりとFire TV Stick 4Kをより便利に使えます。

他にも、Alexaの様々な便利機能にも対応。プロ野球やサッカーなどのスポーツの結果、家の近くの天気、近所のレストランやスポーツジムを調べる事ができ、外国語への翻訳、計算の答え、為替相場などをAlexaに質問したり、じゃんけんやなぞなぞをAlexaと楽しむ、なんてこともできます。

さらにEchoシリーズ端末とペアリングをすることで、ハンズフリーでの音声操作にも対応するので、Echoシリーズ端末を持っている人はさらに便利!

Fire TV Stick 4Kをいざ開封

箱を開けてみると、

同梱されているのは、[Fire TV Stick 4K本体・Alexa対応音声認識リモコン・USBケーブル・HDMI延長ケーブル・電源アダプタ・単4電池2本・スタートガイド]です。

Wi-Fi環境があれば、すぐにでもFire TV Stick 4Kを使うことが出来ますね。

左のFire TV Stickサイズは本体が[85.9 mm x 30.0 mm x 12.6 mm]リモコンが[38.4mm x 150.7mm x 16.7mm]

右の[Fire TV Stick 4Kサイズは本体が[99 mm x 30 mm x14 mm]リモコンが[37 mm x 142 mm x 16 mm]

Fire TV Stickと比べるてみると、本体は一回り大きく。リモコンの若干小さくなっていますが、見た目では分からないぐらい、あと操作ボタンが増えているのが分かります。

接続方法

接続方法は簡単で、5分もあれば、すぐにでも接続することが出来ます。

Wi-Fiや有線(有線で繋ぐには別売りアダプタは必要)のインターネット接続可能な環境下で、Fire TV Stick 4Kをテレビに差し込み、コンセントに繋ぐ、後はインターネットに接続すれば完了です。

設定方法

流れとしては、『リモコンのベアリング』⇒『Wi-Fiの接続』⇒『アカウントにログイン』です。

Amazonでしか販売はしていないので。Amazonのアカウントを作成しているでしょうが、もしアカウントを持っていないのであれば、Amazonのアカウントを作る必要があります

まあ、せっかくAmazonのアカウントを作るのであれば、ぜひプライム会員になることをオススメします。

利用可能アプリ

Fire TV Stick 4Kは、アプリをダウンロードすることにより、様々なサービスや機能を利用することが出来ます。

利用可能アプリは、Amazonストアで公開されているアプリのみ。Androidアプリが全て使えるわけでは無いので注意して下さい。

Amazonで公開されているアプリのみといっても、Netflix、Hulu、DAZN、YouTube、ニコニコ動画、U-NEXT、dTV、dアニメストアなどたくさんのアプリがあります。

他にもゲームアプリやブラウザアプリなどにも対応しているので、どんなアプリが対応しているのか確認してみてから購入を検討してもいいでしょう。

Fire TV Stick 4K対応アプリ⇒Fire TV Stick 4K対応アプリ

Fire TV Stick 4Kを実際に使ってみた感想

操作や再生はストレス無し

Fire TV Stick 4Kを使ってみて、操作や再生にストレスを感じることはありませんでした。

通常のFire TV Stickでも、問題は無いのですが、より快適に操作・再生できる感じです。

小型なので持ち運びに便利

これまでの4Kが再生できるデバイスのFire TVは持ち運びに便利とは言えませんでしたが、Fire TV Stick 4Kはサイズが小さく持ち運びにも便利です。

外出先でも、Wi-Fi環境とテレビやモニターがあれば、大画面で動画を見られるなんて最高ですよ。まあ、流石に4Kが再生ができる環境なんて外出先にはめったに無いですけどね。笑

Fire TV Stick 4Kを購入する前に知っておきたい注意点

4K作品の視聴には、環境が必要

注意点ですが、Fire TV Stick 4Kを購入したからといって4K作品の視聴ができるわけではありません

4K Ultra HDコンテンツを再生するには、4K Ultra HDコンテンツに対応したテレビやモニター。3D Dolby Atmos Audioで大迫力のサウンドで楽しみたいなら対応したスピーカーシステムが必要になります。

4K Ultra HD対応のテレビも安くなって来ているので、Fire TV Stick 4Kを購入の際にテレビの買い替えも検討するのもりでしょう。

動画再生には安定した通信と速度が必要

4K画質はもちろん、動画の再生には安定した通信と速度が必要になります。

例えば、Amazonビデオの4K Ultra HDビデオだと最低15Mbps、NetflixやYouTubeで4K動画の場合には、最低20Mbpsの回線速度が必要で。フルHD画質でも10Mbpsぐらいはあった方がいいです。

Fire TV Stick 4Kは別売りのアダプタを購入すれば、有線での接続もできますが、ほとんどの人はWi-Fi経由での接続になると思います。

もし自分の通信環境が心配ならば、通信環境を見直しをした方がいいかもしれません。

買い替えまでは必要ないが、まだFire TV Stickを持っていない人は買うべき

ぶっちゃけた話し、Fire TV Stick(第二世代)やFire TV(第二世代)を持ってる人は、買い替える必要は無いかと。

買い替える理由としては、4K作品の視聴がしたい人がほとんどだと思います。

しかし、4K作品の数はまだまだ充実していないので、個人的に時期尚早かな?って思ってます。

ただ、Fire TV StickやFire TVを持っていない人が、これから4K作品の視聴を見据えてFire TV Stick 4Kを購入するのはありですね。

関連商品も紹介

有線で繋ぐのに必要『イーサネットアダプタ』

Wi-Fiで接続するより有線での接続する方が通信が安定するのは知っていますよね。

Fire TV Stick 4Kは、テレビに接続して利用するので、中々有線で繋ぐのは難しいですが、どうしても有線で繋ぎたいならイーサネットアダプタを購入しましょう。

テレビのUSBポートからの電気供給したい

Fire TV Stick 4Kは、電源アダプタからの電気供給が推奨されています。

ただ、USBでの電気供給なので、「テレビのUSBポート出来れば配線がスッキリするのにな」の要望に応えたのがこの商品です。

でも普通に、テレビのUSBポートからの電気供給しても問題ない場合もあるので、恐らくテレビによって必要かどうかが変わります。

Fire TV Stick 4Kについてまとめ

初代のFire TV Stickから、Fire TV Stickを使っていますが、Fire TV Stick 4Kはきっちりと進化した印象です。

機能の追加や処理速度どれをとっても満足できるので、気になる人は購入してみて下さい。

おすすめ記事

-ガジェット

Copyright© なるほど net news , 2019 All Rights Reserved.