ガジェット

「Fire TV Stick」と「Fire TV Stick 4K」を徹底比較!その違いとは?

Pocket

動画配信サービスについて、色々と紹介しているのですが、動画配信サービスをテレビで見るには、色々な方法があるのですが、基本的には「Fire TVシリーズ」をオススメしています。

Amazonから発売されているSTB端末は大きく分けて「Fire TV Stick」と「Fire TV Stick 4K」の2種類あります。

この2種類は、名前が似ている上に、web上の画像ではあまり区別がつきにくいので、「何が違うのですか?」と言う質問をよく受けます。

ってことで今回は、「Fire TV Stick」と「Fire TV Stick 4K」の違いについて紹介していきたいと思います。

追記:新型「Fire TV Stick」が発売されたので、新型「Fire TV Stick」と「Amazon Fire TV」に記事修正しました。

追記:新型「Fire TV」が発売されたので、新型「Fire TV Stick」と新型「Amazon Fire TV」に記事修正しました。

追記:新型「Fire TV Stick 4K」が発売されたので、新型「Fire TV Stick」と新型「Fire TV Stick 4K」に記事修正しました。

Fire TV シリーズとは?

Amazonから発売されている、「Fire TV Stick」と「Fire TV Stick 4K」のFire TVシリーズですが、一体どういったデバイスなのか?を説明しますと。

スマホやタブレットでYouTubeやHulu、Nerfilixの動画配信を見るとき、アプリで見ますよね。

その行為を、Fire TVシリーズを利用すれば、全てテレビ上で行うことができるようになります。

テレビでアプリが使えるようになるイメージをしてもらえば分かりやすいと思います

アプリの種類は、かなり豊富にあり、YouTubeやHulu、Nerfilix、U-NEXT、GYAO!、niconico動画、などの有名所はもちろん、最近注目を集めている、DAZNやAbemaTVにも対応しています。

他にも、ゲームアプリにも対応していますし、使用用途はかなり広いですね。

なぜFire TVシリーズをオススメするのか?

動画配信サービスの種類にもよるのですが、当サイトでは、動画配信サービスをテレビで見るときには、Fire TVシリーズで見ることをオススメしています。

もちろん、色々なデバイスを試してみた結果ですよ。

動画配信サービスをテレビで見るためのデバイスは、他にも「Chromecast」とか「Apple TV」などが代表的ですが、「Chromecast」のcast機能の設定は面倒なうえに、スマホが必要ですし、Apple TVは値段が高いですよね。

機能面や価格面どれをとってもFire TVシリーズが優れています。

よほどのこだわりが無いのであれば、Fire TVシリーズが一番コスパがいいと断言できるんですよね。

Fire TV Stickとは?

Fire TV Stickは、Amazonから発売されている、お家にあるHDMI端子対応のテレビに挿すだけで、映画やドラマ、ゲームなどをテレビの大画面で楽しめるデバイスです。

CMでよく見ますよね!「HDMI端子にテレビに挿すだけで、簡単に映画やビデオが見られます」って商品です。

Fire TV Stickの特徴

Fire TV Stickは現在発売されているモデルが2代目のモデルになります。

価格は4,980円

Fire TV Stickの価格は4,980円とお求め安い値段になっています。

この機能&スペックで、この値段はかなり安いです。以前は、音声認識リモコンは別売りでしたが、新型から同梱されているので、より安く感じます。

最大画質はフルHD・Dolby Audio対応で高音質

Fire TV Stickの最大出力は最大60fps・1080pですので、最大画質はフルHD画質となります。

フルHD画質は分かりやすく言うと、Blu-rayぐらいの画質ってことですね。

音質もDolby Audioに対応し、最多で7.1chのサラウンドの高音質で映画やドラマを見ることも出来ます。

小型で、スペースを取らない

テレビ台のスペースって、限られている場合が多いですよね。

端末本体をテレビのHDMI端子に挿すので、テレビの裏に隠れるのでスペースを全くと言っていいほど取りません

Alexaに対応

Amazonのクラウドベースの人工知能(AI)音声認識サービスであるAlexaを利用することが出来ます

最新のアップデートにより、追加された機能ですが、かなり便利です。

見たい作品を音声検索で探したり、早送りや巻き戻しなどの操作、他にも天気予報やお店の検索などAlexaの便利な機能が使えます。

Fire TV Stick 4Kとは?

「Fire TV Stick 4K」は、「Fire TV Stick」の上位モデルと思って貰えばいいと思います。

当たり前ですが、Fire TV Stickで使える機能や対応サービスは全てFire TV Stick 4Kで使え、プラスαの機能や性能があります。

Fire TV Stick 4Kの特徴

Fire TV Stick 4Kは、Fire TV の後継機になり現在3代目になります。

価格は6,980円

Amazon Fire TVの価格は、6,980円とFire TV Stickと比べると2,000円の価格差です。

初代の価格は1,1980円、2代目が8,980円だったので、かなり安くなりました。

最大画質は4K Ultra HD・Dolby Atmosで迫力のサラウンド

最大画質は4K画質なので、現状で動画配信サービスに存在する一番キレイな画質の作品を見られます

上記でも説明しましたが、今はまだ4K対応作品は少ないですが、これから対応作品は増えてくるでしょうから、あらかじめ購入しておいても損は無いですね。

さらに、Dolby Atmos、 7.1 サラウンド対応に対応しているので映画館のようなサラウンドと安定したクオリティーで迫力のサラウンドを楽しむことができます。

Alexaに対応

もちろん、Fire TV Stick 4KもAlexaに対応しています。

Alexaは、本当に便利なので買ったら、ぜひ使ってみて下さい。

リモコン操作が便利

これまでリモコン操作は、Fire TV Stickの操作しかできませんでしたが、Fire TV Stick 4Kのリモコンはテレビの操作もFire TV Stick 4Kのリモコンで出来ます。

「Fire TV Stick」と「Amazon Fire TV」を比較

Fire TV StickFire TV Stick 4K
価格4,980円6,980円
サイズ85.9 mm x 30.0 mm x 12.6 mm99 mm x 30 mm x14 mm
重量32.0g53.6g
プロセッサクアッドコア1.3GHzクアッドコア1.7GHz
ストレージ
8GB8GB
最大画質1080p2160p
オーディオDolby Audio、5.1chサラウンド対応、2chステレオ、最大7.1chのHDMIオーディオパススルーDolby Atmos、 7.1 サラウンド対応、 2chステレオ、最大5.1chのHDMIオーディオパススルー
BluetoothBluetooth 4.1Bluetooth 4.2/5.0 BLE
Wi-Fiデュアルバンド、デュアルアンテナ802.11ac (MIMO)5GHz帯はW52の36, 40, 44, 48の4チャンネルにのみ対応デュアルバンド、デュアルアンテナWi-Fi (MIMO): 802.11a/b/g/n/ac対応
ゲームカジュアルゲームハイパフォーマンスゲーム
保障期間90日1年間

ざっと表にしましたが、主な違いとしては、値段とスペックです。

細かい違いについては、下記にて紹介していきますね。

価格差について

 Fire TV StickFire TV Stick 4K
価格4,980円6,980円

価格は、Fire TV Stickが4,980円、Fire TV Stick 4Kが6,980となっています。

Fire TV Stick 4Kの方が機能や性能が良いので高く設定されています。しかし、その差は2,000円ほどの差しか無いので、選ぶときには。自分にとって機能や性能の違いに2,000円の価値があるかどうかを考えてみましょう。

スペックの違い処理速度について

Fire TV StickのFire TV Stick 4Kには処理速度の違いがあります。

表示では、Fire TV Stickがクアッドコア1.3GHz、Fire TV Stick 4Kがクアッドコア 1.7GHzになっていて、およそ80%Fire TV Stick 4Kの方が性能がいいようです。

両方利用してみて比べると、体感でも少しだけ違いが分かり、Fire TV Stick 4Kの方が滑らかに動き、起動も早いですね。

サイズの違い

サイズは、Fire TV Stickが85.9 mm x 30.0 mm x 12.6 mm、Fire TV Stick 4Kが99 mm x 30 mm x14 mmとFire TV Stick 4Kの方が一回り大きいです。

リモコンは、Fire TV Stick 4Kの方が数ミリ小さいのですが、どちらにせよ気にならない程度です。

手のひらサイズですし、どちらを選んでも持ち運びに困ると言うことは無いですね。

対応アプリの違い

Fire TVシリーズは対応してるアプリは豊富で、Amazonで公開されているAndroidアプリをダウンロードすることで利用できるようになります。

Fire TV StickとFire TV Stick 4K対応しているアプリが違うことを覚えておきましょう。

まあ、主にFire TV Stickが対応していないアプリは、ゲームアプリなので、ゲームをしない人は気にしなくていいです。

オーディオの違い

Fire TV StickがDolby Audio5.1chサラウンド対応、Fire TV Stick 4KがDolby Atmos 7.1 サラウンド対応となっています。

5.1chサラウンドは普通の家庭にもありますが、7.1 サラウンドなんて普通の家庭には無いでしょうし、対応している作品も少ないの、今のところ気にする必要はないかと。

一応、Dolby Atmos、 7.1 サラウンドは前後左右サラウンドという方位定位に加えて、上下方向からの音にも対応するらしいです。

リモコンの操作性の違い

Fire TV Stickのリモコンは、Fire TV Stickの操作しかできませんが、Fire TV Stick 4Kはテレビの操作が可能です。

実際使ってみると、音量や電源を入れたり切ったりするときに、Fire TV Stick 4Kだとリモコン1つでできるので、かなり便利です。

保障期間の違い

保障期間は、Fire TV Stickが90日、Fire TV Stick 4Kが1年間となっています。

私自身は、故障の経験はありませんが、レビューなどを見てみると、少なからず故障や不良品はあるようです。

追加で保障延長を購入もできますが、保障期間の違いがあるのも覚えておいた方がよさそうですね。

関連商品

Amazon イーサネットアダプタ

有線で繋ぐためのアダプタです。

Fire TVはもちろん、Fire TV Stickにも対応しているので、これまで有線での接続はFire TVでしかできなかったので、ありがたいですね。

4K動画を見たりするには、高速通信が安定的に必要なので、Wi-Fiじゃ不安な人は試してみて下さい。

Amazon Fire TV Remote

Amazon Fire TV Remote

Amazon Fire TV Remote
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted with アプリーチ

Fire TV StickとFire TVどちらにも対応している、リモコンアプリです。

音声認識機能も付いているので、慣れれば、付属リモコンより便利かもしれないですね。

Fire TV StickとFire TV Stick 4K、結局どちらを買えばいいの?

っで一体どちらを買えばいいのか?といいますと。

やはり大きな違いとしては、4kの動画が見られるかどうかです。

新型になり、どちらも別売Amazon イーサネットアダプタで有線で繋ぐことが可能になりましたし、4K動画を見るか否かでの選択しかできません。

ただ、価格差が2,000しかないんですよね。

個人的には、性能・機能保障期間などを考えると、Fire TV Stick 4Kがお得なような気もします。

まあ、4K動画を見る可能性が無く、より安い方がいい人が、

4K動画を見たり、ゲームをするなら、

ってな感じですかね。

「Fire TV Stick」と「Fire TV Stick 4K 」の違いについて紹介してきましたが、参考にしていただければ嬉しいです。

後、どちらを購入するにしろ、Amazonプライム会員にはなるべきだと思います。

Amazon Fireシリーズは、AmazonビデオやAmazon ミュージックなどAmazonプライム会員なら、より楽しむ事ができますからね。

Amazonプライム会員について、詳しくはこちら↓

Amazonプライム会員は登録しとくべき!お得すぎる訳を紹介!

おすすめ記事

-ガジェット

Copyright© なるほど net news , 2019 All Rights Reserved.