動画配信サービス ガジェット

Apple TV 4Kは買いなのか?価格・スペック・他の4K対応デバイスと比較し徹底解説

更新日:

Pocket

新しいApple TVが9月22日に発売されます。その名も、『Apple TV 4K』

iPhoneやApple Watchと比べると存在感は薄いですが、Apple好きや動画配信サービスを利用している人には気になる存在です。

その名の通り今回は4K動画に対応し、他にも様々な進化を遂げていますが、このApple TV 4Kは買うべきなのか?

色々な視点から検証していきたいと思います。

Apple TVってそもそも何?

Apple TVは、Appleから発売されている、テレビやPCモニターに接続することで、動画配信サービス(YouTube、Netflix、Huluなど)やゲームアプリをテレビで楽しむことができるようになるSTB(セットアップボックス)端末です。

Apple TVで出来ること

Apple TVを購入することで、出来るようになることをまとめると、

・iTunes Movieの視聴

・動画配信サービスの視聴

・Apple Music・iTunesの音楽再生

・Air Play

・Homekitのコントロール

とまあ、このぐらいですかね。

新型Apple TV 4K基本情報

Apple TV 4Kスペック表

容量と価格32GB 19,800円(税別)・64GB 21,800円(税別)
プロセッサ64ビットアーキテクチャ搭載A10X Fusionチップ
ポートとインターフェイスHDMI 2.0a3
MIMO対応802.11ac Wi-Fi、同時デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)
ギガビットEthernet
Bluetooth 5.0ワイヤレステクノロジー
IRレシーバ
内蔵電源
ビデオフォーマットH.264/HEVC SDRビデオ:最大2160p、60fps、メイン/メイン10プロファイル
HEVC Dolby Vision(プロファイル5)/HDR10(メイン10プロファイル):最大2160p
H.264ベースラインプロファイルレベル3.0以下(1チャンネルあたり最大160KbpsのAAC-LCオーディオ)、48kHz、.m4v、.mp4、.movファイルフォーマットのステレオオーディオ
MPEG-4ビデオ:最大2.5Mbps、640 x 480ピクセル、30fps、シンプルプロファイル(最大160KbpsのAAC-LCオーディオ)、48kHz、.m4v、.mp4、.movファイルフォーマットのステレオオーディオ
オーディオフォーマットHE-AAC(V1)、AAC(最大320Kbps)、保護されたAAC(iTunes Storeから購入)、MP3(最大320Kbps)、MP3 VBR、Apple Lossless、FLAC、AIFF、WAV、AC-3(Dolby Digital 5.1)、E-AC-3(Dolby Digital Plus 7.1サラウンドサウンド)
Siri RemoteBluetooth 4.0ワイヤレステクノロジー
IRトランスミッタ
加速度センサーと3軸ジャイロ
充電用Lightningコネクタ
1回の充電で数か月持続するリチャージャブルバッテリー(標準的な方法で毎日使用する場合)
ポートとインターフェイスHDMI 2.0a3
MIMO対応802.11ac Wi-Fi、同時デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)
ギガビットEthernet
Bluetooth 5.0ワイヤレステクノロジー
IRレシーバ
内蔵電源

ってな感じですが、スペック表を見た所でどこが進化したのか分からないですよね。笑

Apple TV 4Kは何が変わった?

4Kの再生に対応し、iTunesで4Kコンテンツも配信

一番大きな変更点は、4Kコンテンツの再生に対応したことです。

これに伴い、iTunesでの動画コンテンツも4Kを配信するのですが、なんと!これまでの同じコンテンツ価格で販売されます。

同じ価格で販売するのに、交渉で揉めていたようなので、全て同じ価格とはならないような気がしますが、、、

処理能力が向上

プロセッサがA10Xに変わったことで、CPUが2倍の速度、GPUが4倍になりました。

4Kコンテンツを処理するために、必要な処理能力は十分にあるでしょう。

価格が上がった

価格が据え置きだったら嬉しいのですが、販売価格も上がりました。

前回の第4世代は、32Gが15800円(税別)・64GBが20,800円(税別)だったのに対し、

32GBのモデルが19,800円(税別)・64GBのモデルが21,800円(税別)となっています。

注意点

テレビが4K対応していないと意味無し

当たり前ですが、テレビやモニターが4Kに対応していないと、4Kコンテンツを再生することはできません

所持しているテレビが、4K対応していないなら、まずはテレビから買い替えないとダメです。

4Kコンテンツの数は現状少な目

4K、4Kと言ってますが、動画配信サービスにしろ、iTunesにしろ、4Kコンテンツが充実しているとは、言えないですね。

動画配信サービスだと、Netflixが一番4Kコンテンツがあると思いますが、それでも全然少ないです。

iTunesがどれだけ、4Kコンテンツを配信できるのか、期待したいですね。

Amazonプライムビデオの対応まではもう少し

Amazonプライム会員の特典のひとつである、Amazonプライムビデオを視聴したい人は多いでしょう。

しかし、Apple TVは現状、Amazonプライムビデオには対応していません

しかし、少し前にそろそろ対応すると発表があったので、対応すると思うのですが、もうしばらく待つ必要がありそうです。

Apple TV 4Kのライバルは、Fire TV、Chromecast Ultra

4Kコンテンツに対応している、STB端末で有名なのが、Fire TV、Chromecast Ultraです。

ですので、Fire TV、Chromecast UltraがApple TV 4Kのライバルとなるでしょうね。

価格は、Fire TVが11,980円でChromecast Ultraが9,720円なので、Apple TV 4Kの価格はぶっちゃけ高いです。

価格は高いのを分かったうえで、iTunesコンテンツの再生やAirPlayなどApple独自の機能に、差額分払う価値があるかどうかが重要ですね。

Apple TV 4Kは買うべきか?

ぶっちゃけ、よほどのAppleマニアじゃなければ、買うべきでは無いと思います。

現状、Amazonビデオにも対応していませんし、4Kコンテンツの数も少ないですので、買うとしてもiTunesで4Kコンテンツが充実してからですね。

個人的には、4Kコンテンツを見たければ、Fire TVがベストだと思います。

まとめ

今回は、Apple TV 4Kについて紹介し、買わないと判断しましたが、私は、Appleマニアなので、数分後に注文してる可能性もあることをご了承下さい。笑

おすすめ記事

-動画配信サービス, ガジェット

Copyright© なるほど net news , 2019 All Rights Reserved.