動画配信サービス

dTVテレビで見る方法まとめ!Fire TV Stick/Chromecast/Apple TVどれがオススメ?

Pocket

dTVテレビで見る方法

「dTVをテレビで見たい!」映画やアニメ、海外ドラマを見るのは、やはり、リビングのテレビで、くつろぎながら見るのがベストです。

しかし、実際にテレビで見ようと思うと、たくさんの方法があり。一体どの方法が自分に合ったdTVをテレビで見る方法かわかりません。

ってことで今回は、dTVをテレビで見る方法を紹介し、どの方法がオススメなのかを詳しく紹介していきたいと思います。

dTVをテレビで見る方法

dTVをテレビで見る方法一覧

  • dTV対応テレビ
  • Fire TV Stick
  • Chromecast
  • dTVターミナル
  • Apple TV
  • ひかりTVチューナー
  • 光BOX+
  • AN-NP40
  • Nexus Player
  • HDMIで繋ぐ

っとまぁざっと並べてみると、現状dTVをテレビ見る方法は、このくらいあります。

dTVは運営歴が長いだけあってか、対応デバイスが多かかったり、独自のデバイスがあったりと、テレビで見る方法は結構な数の選択肢があります。

ただ、他の動画配信サービスでや対応していることが多い、ゲーム機には対応していないので、「家にあるゲーム機で見られるじゃん」ってことはありませんね。

dTVについて詳しくはコチラ

dTV対応テレビで見る

ソニー(SONY)

ポイント

・今すぐ自宅のテレビを確認

・買い替えの時に検討する

インターネットに接続できるテレビ(スマートテレビ)を利用すると、dTVをテレビで見られるようになります。

現在、dTVに対応しているテレビは、

・ソニー [ブラビア]

・Panasonic [VIERA/DIGA]

・TOSHIBA [REGZA]

・船井電機dTV対応テレビ

・日立テレビ[Woo]

・シャープ [AQUOS]

ハイセンス dTV対応テレビ

が対応しています。(詳しくはdTV対応テレビ一覧で確認してください。)

現状、dTV対応テレビを持っているなら、インターネットに繋ぎ、アプリをダウンロードすれば、すぐにでもdTVが見られます。

テレビを買い替えるタイミングなら、dTV対応テレビを検討するのもありですね。

ちなみに、私はこれが欲しいです。笑

Amazon Fire TVで見る

ポイント

・STB端末の中で一番にオススメ!

・低価格でハイスペック

・コンパクトで持ち運びもできる

dTV対応テレビを持っていない場合は、別途で何かを購入したり、契約しないと、dTVをテレビで見ることができません。

こう言ったテレビに繋ぐデバイスのことをセットトップボックス。略してSTB端末なんて呼ばれています。

そのSTB端末の中で一番おすすめするのが、Amazonから発売しているFire TV Stickです。

利用方法は簡単で、テレビのHDMI端子に差し込み、インターネットに接続。AmazonAppStoreからdTVアプリをダウンロードすればOK!

dTVだけでなく、主ありとあらゆる動画配信サービス全てに対応しているので、他の動画配信サービスを利用している人にオススメできます。

dTVでは4K動画の配信もしています。4K動画の数は、まだまだ少ないですが、4K動画はこれから増えてくる事は間違いありません。

高性能な分、価格も高くなりますが、これから増えてくるだろう4k動画のためにあらかじめ、Fire TV Stick 4Kを買っておくのもありでしょう。

Chromecastで見る

Google Chromecast

ポイント

・低価格

・単体での動画再生ができない

Googleからは発売している、Chromecastを利用して見ることができます。

こちらも、テレビのHDMI端子に差し込むタイプの端末です。ただ、気を付けないといけないのが、Chromecast単体では動画を見ることが出来ません

[cast]と言う機能で動画を見るのですが、スマホやタブレットのアプリ経由かPCだとchromeブラウザ経由で見る必要があります。

Chromecastも4k対応モデルのGoogle Chromecast Ultraがあるので、4k動画を楽しみたいなら、こちらのモデルを購入して下さい。

ドコモテレビターミナル・dTVターミナルで見る

ポイント

・ドコモの映像サービスを全て見られる

・高性能

docomoから発売されている、ドコモテレビターミナル・dTVターミナルを利用して見ることができます。

ドコモテレビターミナルは、「dTVチャンネル」「DAZN for docomo」「dTV」「dアニメストア」などドコモの映像サービスの全てをテレビで楽しむために作られた、STB端末です。

Andoroid TVなので、アプリをダウンロードすれば、他の動画配信サービスにも対応していますし、4K動画も見られます。

dTVターミナルはドコモテレビターミナルの旧モデルと思ってもらうのがいいでしょう。

「dTV」「dアニメストア」など基本的には、docomoが提供しているサービスを楽しむための端末なので、他の動画配信サービスは見られません。

ただ、機能は結構豊富で、リモコンには電源オンオフボタンもありますし、ネット接続もWi-Fiと有線どちらでも接続可能です。USB端子とmicroSDカードスロットもあり、保存している写真や動画、音楽も楽しむことができます。

dTVターミナルは、ドコモテレビターミナルの発売により、定価よりかなり安く買える場合があります。dTVだけでいいなら購入するのもありだと思います。

Apple TVで見る

Apple(アップル)

ポイント

・Apple好きにオススメ

・性能はいいが価格が高い

Appleから発売されている、Apple TVを利用して見ることができます。

第3世代までのApple TVは、AirPlay機能でのミラーリング再生での対応でしたが、現在発売されている、第4世代のApple TVからはdTVアプリをダウンロードできるので、Apple TV単体での再生が可能になっています。

もちろん、AirPlay機能は使えるので、dTVをテレビで見るだけでなく、使用用途は豊富です。

iTunesやiCloudなどのApple独自のサービスもApple TVなら対応しているので、Apple製品好きにはオススメです。

ひかりTVチューナーで見る

ポイント

・コンテンツが豊富なのに安い

・加入に縛りがあったりと、面倒

ひかりTVに加入すると、対応チューナーをレンタルor購入することができるんですけど、その対応チューナー(ST-3200/AM-900/AT-4100)を利用することで、dTVをテレビで見られるようになります。

ひかりTVとはは、光回線とテレビがあれば、ご自宅のテレビで、ケーブルテレビや他チャンネル、合計80チャンネル以上の専門チェンネルが見放題で楽しめるサービスです。

無料プランもあるのですが、どうせなら、色々なチャンネルを見るのをオススメします。

詳しく
ひかりTVのメリット・デメリット
ひかりTVを徹底解説!メリット・デメリットを詳しく紹介

続きを見る

AN-NP40で見る

ポイント

・簡単に接続できる

・テレビで見てる間スマホが使えない

SHARPから発売されている、AQUOSネットプレイヤーAN-NP40を利用することでテレビで見ることができます。

dTV対応テレビに、SHARPのAQUOSが無かったのは、これがあるからですかね?テレビがAQUOSならAN-NP40を使えってことだと思います。

テレビがAQUOSだからって、AN-NP40は使う必要は無いですが、AN-NP40のリモコンで、テレビやBlu-rayの操作もできるので、相互性は良いですね。

テレビとスマホ・PCをHDMIケーブルで繋いで見る

Amazonベーシック(AmazonBasics)

ポイント

・簡単に接続できる

・テレビで見てる間スマホが使えない

テレビとスマホやPCをHDMIケーブルで直接繋ぐことで、dTVをテレビで見ることができます。

スマホやPC画面をテレビに、出力するって形ですね。

ケーブルを買うだけなので、一番安くテレビで見られるのですが、スマホだと視聴中は操作が出来なかったり、ケーブルが邪魔になったりするので、一時的なら問題ないですが、ずっとこの方法で見るのは、微妙ですね。

そもそもスマホにHDMI出力端子がある必要がありますし、iPhoneやiPadは出力端子が無い場合は、変換アダプターが必要になります。

光BOX+で見る

NTT西日本から発売されている、光BOXを利用することで、dTVを見ることができます。

dTVを見る分には、問題なさそうですが、他の動画配信サービスは見られないですし、あまりオススメできませんね。

ただ、NTT-Westのポイントで交換できるので、ポイントが貯まっている人は、交換するのもありだと思います。

Nexus Playerで見る

Nexus Playerを利用することで、dTVを見ることができます。

Nexus Playerは、Googleから発売されていた端末で、性能も優秀でしたが、現在は製造中止していますね。

ネットや小売店で買えないことも、ないでしょうがわざわざNexus Playerを今から買う必要はないです。

dTVをテレビで見るにはどの方法がオススメなのか

デバイス名価格
Fire TV Stick4,980円
Chromecast4,980円
ドコモテレビターミナル16,848円
Apple TV(32GB)21,384円

かなりの数のdTVをテレビで見る方法を紹介してきましたが、一体どの方法が一番いいのでしょうか?

まず、自分のテレビがdTV対応テレビかどうかを確認して下さい。dTV対応テレビならアプリをダウンロードすれば見られるので、何かを購入する必要などありません。

dTV対応テレビを持っていないのであれば、端末やケーブルを購入する必要があります

dTVだけしか見ないのであれば、dTVターミナルでもいいのですが、値段やスペック、他の動画配信サービスを利用できるかどうかを考慮すると、

「Fire TV Stick ・Chromecast・Apple TV」が現実的だと思います。おまけで、ドコモの端末であるドコモテレビターミナルもありかな?

私のオススメは上記でも紹介した、Fire TV Stickです。

値段も、5,000円未満と安く、同じぐらいの値段のChromecastと比べると、Fire TV Stickは単体で視聴できますし、性能も上です。

Chromecastの良いところを強いてあげるとすると、USB端子での電気供給が可能なくらいですね。

Apple TVは、少し値段が高いですが、Apple製品やサービスとの相互性が高いので、Appleマニアなら購入を検討するのもありですね。

ってことで一番いい方法は、Fire TV Stickで、AppleマニアならApple TVを検討するのがいいのではないでしょうか?

dTVをテレビで見る前に知っておきたいこと

dTVテレビで見る前に知っておきたい情報

HDMI端子の有無

dTVをテレビで見るためには、HDMI端子が基本的には必要です。

まあ、よほど古いテレビではない限り、HDMI端子が無いテレビはないと思うので、恐らく大丈夫かと。

もし心配なら、テレビの裏を確認してみましょう。

テレビで見た画質

画質通信速度
HD3Mbps以上
すごくきれい1.5Mbps以上
きれい0.6Mbps以上
ふつう0.4Mbps以上

dTVをテレビ画質は、通信速度によって自動的に選択されます。

ただ、dTVの作品の多くの最高画質はHD画質ですので、あまり良いとは言えません。他の動画配信サービスですとフルHD画質が当たり前ですからね。

まあ、最低でもテレビで見るなら、HD画質は必要だと思うので、3Mbps以上の通信速度が必要になります。

Wi-Fi環境は大丈夫?

dTVをテレビで見ようと思ったら、動画を見られるWi-Fi環境が必要不可欠になってきます。

上記で紹介した方法も基本は、有線で繋げる端末もありますが、Wi-Fi環境ありきの方法を紹介しています。

テレビまで有線で繋ぐのは線が邪魔になったりするので、出来ればWi-Fi環境がある方がいいんですよね。

もし自宅にWi-Fi環境が無いのであれば、自宅にWi-Fi環境を作る方法を分かりやすく説明しているので、ぜひ参考にして見て下さい。

自宅でWi-Fiを使いたい!快適なWi-Fi環境を作る方法を徹底解説┃オススメ!光回線・ポケットWi-Fi

続きを見る

dTVテレビで見る方法まとめ

今回は、dTVテレビで見る方法を詳しく紹介しましたが、いい方法は見つかったでしょうか?

まあ、こだわりが無いのであれば、Fire TV Stickを選んでおけば間違いないと思います。

これで、自宅のテレビで快適に映画やドラマを見ることができますね。

dTVは月額500円とワンコイン価格で動画が見られる、オススメの動画配信サービスです。

無料お試し期間もありますし、試したこと無いのであれば、一度加入してみて下さい。

コスパ最強!dTVを利用してみた感想┃メリット・デメリット

続きを見る

おすすめ記事

-動画配信サービス
-

Copyright© なるほど net news , 2019 All Rights Reserved.