動画配信サービス Amazon関連

Fire TV(New モデル)4K・HDR対応を徹底解説!価格・スペックなど【レビュー】

更新日:

Amazonから発売されている、STB端末であるFire TVの新型である4K・HDR対応のFire TVが遂に発売されました。

かなり前から予約していたつもりが、カートに入ったままだったと言う失敗をしまして、発売から少し経ってからの到着になってしまいました。笑

出遅れた感はいなめませんが、せっかくなんで、新型であるFire TV (New モデル)について詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

Fire TV(New モデル)とは?

Fire TV(New モデル)は、Amazonから発売されている、STB(セットアップボックス)端末です。

Fire TV(New モデル)をHDMI端子対応のテレビに接続することにより、複雑な設定など必要なく、動画視聴サービスをテレビで楽しむことができます。

対応サービスは豊富で、Amazonビデオをはじめ、HuluやNetflix、YouTube、など様々な動画配信サービスに対応しています。

Fire TV(New モデル)に出来ること

Fire TV(New モデル)は一体何が出来るのでしょうか?主な性能を紹介すると、

◦様々な動画配信サービスの動画再生(4K・HDRコンテンツにも対応)

◦Amazon Musicの再生

◦ゲームアプリをプレイ

っとまあ、こんぐらいですかね、アプリをダウンロードすれば、その活躍の場は広がりますが、基本的には動画再生とAmazonのサービスを楽しむのを目的としています。

Fire TV(New モデル)基本情報・スペック表

Fire TV(New モデル)
価格 ¥8,980円(税込)
サイズ・重量 65.0 mm x 65.0 mm x 15.0 mm・87.1 g
プロセッサ Amlogic Quad-core 1.5GHz | ARM 4xCA53
GPU Mali450 MP3
ストレージ 8 GB
メモリ 2 GB
Wi-Fi

デュアルバンド、デュアルアンテナWi-Fi (MIMO); 802.11a/b/g/n/ac対応。

5GHz帯はW52の36, 40, 44, 48の4チャンネルにのみ対応

音声認識 同梱のFire TV音声認識リモコンまたは、無料のFire TVリモコンアプリで対応(Fire、Android OS、iOSで利用可能)
イーサネット対応 あり/Amazon イーサネットアダプタ(別売)
クラウドストレージ Amazonのコンテンツはすべて無料でクラウドに保存可能
入出力端子 1 タイプA HDMI 1.4b出力、HDCP 1.4 、1 Micro USB(電源用)
オーディオ Dolby Atmos, 7.1サラウンド対応, 2chステレオ, 最大5.1chのHDMIオーディオパススルー
フォーマット

ビデオ: HDR-10. H.265, H.264、オーディオ: AAC-LC、AC3、eAC3 (ドルビーデジタルプラス)

FLAC、MP3、PCM/Wave、Vorbis, Dolby Atmos (EC3_JOC)、写真: JPEG、PNG、GIF、BMP

出力 2160p、1080p、720p、最大60fps
Bluetooth Bluetooth 4.1, BLE

Fire TV(New モデル)の注目すべきところ!

4K再生に対応

Fire TVと言えば、4K動画の再生に対応しているのが特徴ですが、もちろんFire TV(New モデル)も4K動画の再生に対応しています。

iTunesでの4K動画の配信も決定したりと、これからどんどん4K動画のコンテンツは増えてくるでしょうから、

価格が安く

Fire TV(New モデル)の価格は、¥8,980円となっています。

旧モデルの価格が11,980円でしたので、3,000円の値下げとなっていますね。

サイズが小さく

旧モデルのサイズが、115mm x 115mm x 17.8mmに対し、Fire TV(New モデル)のサイズは、65.0 mm x 65.0 mm x 15.0 mとかなり小さくなっています。

旧モデルは、結構大きくて、置く場所に困ったりしたのですが、Fire TV(New モデル)は手のひらサイズなので、置く場所に困ることは無さそうですね。

Fire TV (New モデル)いざ開封!

箱を開けてみると、

同梱されているのは、Fire TV本体・リモコン・電池・電源アダプター・USBケーブルですね。

旧モデルは、HDMIケーブルを別で購入する必要があったのですが、新型はHDMI端子に挿すタイプなので、すぐに利用することができます。

どこから、電気供給をするのだろう?と思いましたが、三角形の角になりました。

新型になりかなりコンパクトになったのですが、Fire TV Stickと比べても大きさにそれほど違いはありません。

接続方法

設定は簡単で、本体をHDMI端子に挿し、コンセントに繋ぐ、後はインターネットに接続すれば完了です。

設定方法

Fire TV を利用するには、Amazonのアカウントでサインインする必要があります

Fire TV はAmazonでしか購入できないので、Amazonのアカウントを作成しているでしょうが、もしアカウントを持っていないのであれば、Amazonのアカウントを作る必要があります。

まあ、せっかくAmazonのアカウントを作るのであれば、ぜひプライム会員になることをオススメします。

Fire TVは、Amazonのサービスを思う存分楽しめますしね。

利用可能アプリ

利用可能アプリは、Amazonストアで公開されているアプリのみです。

Amazonで公開されているアプリのみといっても、Netflix、Hulu、DAZN、YouTube、ニコニコ動画、U-NEXT、dTV、dアニメストアなどたくさんのアプリがあります。

Fire TV (New モデル)は、対応アプリも多く、本格的なゲームにも対応しています。

Fire TV対応アプリを確認⇒Fire TV対応アプリ

Fire TV (New モデル)を実際に使ってみた感想

ぬるぬるサクサクに動く

Fire TV Stickの時にも、ぬるぬるサクサクで快適すぎると感じましたが、Fire TVはそれ以上ですね。

ストレスなんて感じることなく、操作でき、動画を再生することができます。

マジで!小さい

新型になり、サイズがコンパクトになったことは知っていましたが、このスペックでこの小ささは驚きです。

HDMI端子からぶら下げてるタイプなんですが、小さく軽いので、問題はありませんね。

4K動画の再生には、高速で安定した通信が必要

4K動画は感動するくらいキレイなんですが、4K動画を再生するには、高速で安定した通信が必要です。

Amazonビデオの4K Ultra HDビデオだと最低15Mbps、NetflixやYouTubeで4K動画の場合には、最低20Mbpsの回線速度が必要になります。

Wi-Fiだと、たまにですが、通信速度が一時的に落ち、4Kで再生されず、HD再生されている時がありますね。

イーサネットの対応が別売り

旧モデルは有線でのインターネット通信に対応していたのですが、新型では、サイズが小さくなったからなのか、イーサネットにFire TV(New モデル)単体では対応していません

いわゆる、有線で繋げなくなったってことですね。

しかし、別売りのAmazonイーサネットアダプタを購入することで、有線での通信ができるようになります。

おそらく、テレビで動画を楽しむためのモノですから、Wi-Fi通信のみでの使用が多かったための対応でしょうね。

有線で繋ぐと、通信が安定するなどのメリットがあるので、有線で繋ぎたいなら、Amazonイーサネットアダプタを購入しましょう。

これは間違いなく、買いでしょう!

ライバルである、Apple TVやChromecastの4k対応モデルと比べると、圧倒的に価格が安いですからね。

まあ、テレビが自体が4K対応していないなら、意味が無いので、4K対応のテレビを持っていることが前提ですが。

しかし、4K非対応のFire TV Stick (New モデル)の価格が¥4,980円なので、その差が4,000円しかありません。

スペックや対応サービスのことを考慮すると、4K対応のテレビを持っていなくても、購入する価値はあるでしょう。

まとめ

私にとってFire TVシリーズは、動画配信サービスを利用する際には、必要不可欠なモノになっています。

動画配信サービスを利用する人には、ぜひ試してみて欲しいですね。

ただ、私みたいに家から出られなくなる可能性もあるので、そこだけ注意です。笑

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク



-動画配信サービス, Amazon関連

Copyright© なるほど net news , 2017 All Rights Reserved.