電子書籍

雑誌読み放題サービスを徹底比較!おすすめランキング形式で紹介【2019年版】

Pocket

雑誌が読み放題ってどのサービスがいいの?って人はたくさんいます。

そりゃワンコイン価格で、週刊誌やファッション誌、専門誌など、あれもこれも読み放題でワンコイン価格程度なので気になるのは当たり前です。

しかし、雑誌読み放題サービスはたくさんあり、どの雑誌読み放題サービスを選べばいいのか?迷ってしまいます。

ってことで、今回は全ての雑誌読み放題サービスを試してみて、どのサービスがオススメなのかを徹底的に解説していこうってわけです。

雑誌読み放題サービスを利用するにあたって

どのくらいの雑誌読み放題サービスがあるのか

  • 楽天マガジン
  • dマガジン
  • Tマガジン
  • ブックパス
  • マガジンウォーカー
  • タブホ
  • ブック放題
  • コミックDAYS
  • Kindle Unlimited
  • FODマガジン
  • U-NEXT

いわゆる、雑誌読み放題サービスや特典の1つとして雑誌読み放題があるサービスは11ほどあります。

これだけの雑誌読み放題サービスがあったら「どのサービスがいいのか?」なんて、分からなくて当たり前ですよね。

もし他にも「この雑誌読み放題いいよ」ってサービスが合ったら、コメントなり、問い合わせなりしてくれたら、利用してみて追記するのでよろしくお願いします。

まず、知っておきたい注意点

雑誌読み放題サービスでまず知っておいて欲しいのが、配信している雑誌は紙の雑誌の内容と全て一緒ではないと言うこと。

基本的にどの雑誌読み放題サービスも、過激なグラビアであったり、広告記事など読めないページがあります。

自分が読みたいページがあるのかは、自分で試してみるしか無いので、読めないページがあると言うことは覚えておきましょう。

雑誌読み放題のメリット

定額制いわゆる、サブスクリプション型のサービスの最大のメリットは新しい出会いだと思っています。

雑誌読み放題なら新しい雑誌との出会いですね。もちろん、お得に雑誌が読めるのは大前提です。

コンビニなどで表紙が気になった雑誌があったとして、躊躇なく買う人は少ないですよね?

読み放題なら、気になる雑誌が配信されていれば、お金を気にする必要なく、どんどん読めますし、面白くなければ読まなければいいだけです。

つまり、雑誌を手にするハードルが下がり、新しい雑誌との出会いがあるんです。

ちなみに、私も定期的に読んでいる雑誌が雑誌読み放題のおかげ増えました。

雑誌読み放題サービス徹底比較

雑誌読み放題徹底比較

雑誌読み放題を比較するにあたり、全てを比較していこうと思いましたが、数が多すぎるので少し絞りたいと思います。

雑誌読み放題サービスの中には、特典の1つだったり、ジャンルに特化していたりするので、今回は週刊誌やファッション誌などの配信がメインである雑誌読み放題の王道を比較していきます。

今回比較していくのが、【楽天マガジン】【dマガジン】【Tマガジン】【ブック放題】【ブックパス】の5つです。

他の雑誌読み放題サービスについても後々紹介するので心配はいりませんよ。

雑誌読み放題を比較するにあたり、大事なのが[料金][配信雑誌数][無料お試し期間の有無]です。

これらを軸にして比較していうと思うので、参考にして貰えればと思います。

料金を比較

サービス名月額料金(税抜)
1位 楽天マガジン380円
1位 Tマガジン380円
1位 ブックパス380円~
4位 dマガジン400円
5位 ブック放題500円

上記は、料金が安い順に並べたランキングです。

雑誌読み放題の料金は、価格競争として500円ほどのサービスが多いですね。

できるだけ料金を抑えたいなら、月額380円の【楽天マガジン】【Tマガジン】【ブックパス】の3つから選ぶのがいいでしょう。

配信雑誌数を比較

 配信雑誌数
1位 Tマガジン449誌
2位 ブックパス306誌
3位 楽天マガジン276誌
4位 dマガジン269誌
5位 ブック放題222誌

配信雑誌数が多い順にランキングしてみました。

飛びぬけて【Tマガジン】が多い結果となっています。Tマガジンはさらにコミック誌17誌、R18誌が121誌が配信されています。

次いで、【ブックパス】、【楽天マガジン】【dマガジン】と並びますが、ここら辺は目立った違いはありません。

少しブック放題が見劣りしますが、マンガも読めるので、単純に比較するのは難しいと思います。

無料お試し期間を比較

 初回お試し無料期間
楽天マガジン31日間
dマガジン31日間
ブックパス30日間
Tマガジン1ヶ月間
ブック放題1ヶ月間

無料お試し期間には、サービスごとにほとんど違いはありません。

まあ、どの雑誌読み放題サービスも初めて利用する人なら、1ヶ月ほどは無料で試せるってわけです。

見たい雑誌があるのか?見たいページがあるのか?なんてのは実際試してみるしかありませんよ。

せっかく無料期間を用意してくれているんですから、気軽に試してみましょう。

気に入らなければ、無料期間中に解約すれば、お金を払う必要は無いですから。

選んで間違いない雑誌読み放題サービスランキング

1位 【楽天マガジン】はコスパ最強

楽天マガジン

  • 運営会社:楽天
  • 月額料金:380円
  • 雑誌配信数:250誌以上
  • 無料期間:31日間

「雑誌読み放題ってどれがいいのかな?」と迷っているなら、楽天マガジンを選んでおけば間違いないでしょう

月額料金も380円と雑誌1冊ほどの料金となっているうえに、配信雑誌は250誌以上配信し、ラインナップは人気雑誌やマイナー雑誌までありとあらゆる雑誌が揃っています。

月額プラン以外にも、年額プランもあり月額3,600円と1年利用すると月額プランより、960円お得になります。

さらに楽天ポイントも貯まり、楽天ポイントでの支払いも可能なので、ポイントを利用する点でも便利です。

特に、どのジャンルの人気雑誌も配信されており、雑誌読み放題サービスとしての満足度は1番ですね

機能面も、1つのアカウントで、アプリ版5台ブラウザ2代まで登録でき、同時視聴も可能になっています。

アプリやWebビューアーも使いやすく、Android版ならSDカードにも保存可能と雑誌を読むための機能は全て揃っていると言っても過言ではありません。

初回は31日間無料で試せますし、まず試して欲しいサービスは楽天マガジンです。

⇓試してみる⇓

31日間無料

楽天マガジンについて詳しく

2位 【Tマガジン】サービス開始間もないが期待

Tマガジン

  • 運営会社:Tマガジン
  • 月額料金:380円
  • 配信雑誌数:400誌以上
  • 無料期間:1ヶ月

Tマガジンは、TSUTAYAなどを運営するcccグループ会社の株式会社Tマガジンが運営しています。

2019年5月にサービスが開始と、雑誌見放題サービスの中では後発ですが、見劣りはしないどころか引けを取りません。

月額380円で400誌以上の雑誌が読み放題と料金・コンテンツともに優れていると言えます。

さらにTポイントも貯まるので、TカードなどでTポイントを利用しているなら、さらにお得になります。

機能面も問題なし。唯一外部メモリーに保存できないので、常にスマホの容量と戦っているユーザーには痛手かもしれないですね。

独自タイトルも豊富で、基本的には向かうところ敵なしに感じます。

サービスが開始されたばかりな点は少し不安ですが、ポテンシャルとしては、楽天マガジンやdマガジンより上だと思います。

無料期間も1ヶ月間あるので、試してみるには十分な内容ですね。

⇓今すぐ試す⇓

今なら実質3ヶ月分無料

Tマガジンについて詳しく

3位 【dマガジン】ドコモユーザーなら間違いなし

dマガジン

  • 運営会社:NTTドコモ
  • 月額料金:400円
  • 雑誌配信数:250誌以上
  • 無料お試し期間:31日

dマガジンはドコモが運営する雑誌読み放題サービスです。

ドコモが運営していますが、ドコモ以外のユーザーもdカウントを作れば利用できるので心配はいりません。

dマガジンは国内最大級のサービスで、月額400円で250誌以上の雑誌を配信しています

各ジャンルの人気雑誌は網羅しているので、「この雑誌が読めない」なんて不満に思う人は少ないでしょう。

2014年から運営していることもあり、ユーザーがあったら嬉しい機能も充実しいます。

検索機能は秀逸で、「見たい情報を探す」点では、右に出るサービスはありません

月額料金も400円と低料金ですし、無料お試し期間もあります。

ドコモユーザーならdアカウントを持っている人がほとんどでしょう。携帯料金に合わせて支払えることも踏まえると、ドコモユーザーならまずはdマガジンって手もありですね。

⇓試してみる⇓

31日間無料お試し

dマガジンについて詳しく

4位 【ブック放題】るるぶ

ブック放題

 

  • 運営会社:ビューン
  • 月額料金:500円
  • 雑誌配信数:200誌以上
  • 無料期間:1ヶ月

日本で初めて雑誌読み放題の提供を開始したのが、このブック放題を運営するビューン株式会社です。

ブック放題は、月額500円では200誌以上の雑誌を配信しています。

その他の雑誌読み放題サービスと比べると雑誌配信数は劣りますが、ブック放題はマンガも20,000冊以上読み放題となっています。

配信マンガの内容としては、古いマンガが多く、お世辞にもマンガがメインとは言える内容ではないですが、プラスαとしては満足できます。

その他にも、るるぶを100冊以上配信しているので、旅行好きならブック放題を選ぶ理由となるでしょう。

機能面も流石は老舗と言った感じで、細かいところにも気配りを感じます。

こちらも、1ヶ月間の無料お試し期間があるので試してみるのもありですね。

⇓試してみる⇓

初回1ヶ月間無料

ブック放題について詳しく

5位 【ブックパス】

ブックパス

  • 運営会社:KDDI
  • 月額料金:380円/562円
  • 雑誌配信数:300誌以上
  • 無料期間:30日

auブックパスの有料プランは2種類あり、月額380円のマガジンコースと月額562円の総合コースがあります。

マガジンコースなら雑誌が300誌以上読め、総合コースならさらに、書籍やコミックも読み放題に。

安くたくさんの雑誌や書籍を読む点には他サービスと比べ優れているのは間違いないでしょう。

しかし、欠点としてアプリの使いにくさや配信が遅れる雑誌があると言うことあります。

アプリでの雑誌検索ができなかったり、検索面でも見放題以外のコンテンツが表示されるなど、使い勝手としては致命的です。

雑誌によっては、配信日が他のサービスより遅かったりするのも、より新しい情報を得るための手段としてはいかがなものかと。

ただ、総合コースなら雑誌以外にもマンガや書籍も読めるので、お得感は一番だといえます。

無料お試し期間も30日間あるので、試してみる価値は十分にあると思います。

⇓試してみる⇓

30日間の無料期間あり

ブックパスについて詳しく

ジャンルに特化した雑誌読み放題サービス

【Kindle Unlimited】ビジネス書や小説、マンガまで読み放題

Kindle Unlimited

  • 運営会社:Amazon Japan
  • 月額料金:980円
  • 配信雑誌数:250誌以上
  • 無料期間:30日

Kindle Unlimitedは、Amazonが運営する読み放題サービスです。

月額料金980円で、雑誌をはじめ、マンガや書籍が読み放題になります。

配信雑誌数も、250誌以上と雑誌読み放題専門と数は変わりませんが、実際のところに言う、いわゆる雑誌の数は多くはありません。

週刊誌やファッション誌などをメインに読みたい人には物足りない内容ですね。その分マイナー雑誌は多いと言うことですが。

検索機能も雑誌名で検索しないとそんなですし、ジャンル分けも意味が分からない分け方しています。保存も10冊までしかできず、雑誌読み放題サービスとしてはいまいちかと。

ただし、小説やビジネス書などの書籍に関しては驚愕するほど品揃えはいいので、雑誌読み放題をおまけ程度と考えるとオススメはできます。

30日間の無料トライアルもあるので、書籍をメインで楽しみたい人は試してみてもいいでしょう。

⇓試してみる⇓

30日間無料トライアル

Kindle Unlimitedについて詳しく

【マガジン☆WALKER】はKADOKAWA雑誌が読める

マガジン☆WALKER

  • 運営会社:ブックウォーカー
  • 月額料金:500円
  • 配信雑誌数:80誌以上
  • 無料期間:初月

マガジンウォーカーは、角川書店などで知られるKADOKAWAグループ子会社のブックウォーカーが運営しています。

月額料金500円で80誌以上の雑誌が読み放題となり、通常の雑誌読み放題とは違い、マンガやアニメ、ゲーム系ジャンルの雑誌に特化しています。

まあKADOKAWA系の雑誌であるウォーカーシリーズをはじめ、ザテレビジョンなどはもちろん読めますが、メインはKADOKAWAのマンガ雑誌の配信です。

[電撃マオウ][電撃大王][月刊少年エース]などのマンガ雑誌の最新刊を読むことができます。

KADOKAWAのマンガ作品はアニメ化されているのも多いので、アニメファンも楽しめるの間違いないしょう。

BLやTLなどの雑誌が配信されているのは珍しいので、コアなファンにも需要がありそうですね。

初月は無料で試せますし、数カ月まとめて支払うことで、6ヶ月(5%)/12ヶ月(10%)の割引もあるので、マンガやアニメ、ゲームが好きな人なら損するこは無いですね。

ポイント

⇓試してみる⇓

初月無料

マガジン☆WALKERについて詳しく

【U-NEXT】日本最大級の動画配信サービス

U-NEXT

  • 運営会社:U-NEXT
  • 月額料金:1,990円
  • 配信雑誌数:70誌以上
  • 無料期間:31日

U-NEXTは、日本最大級に動画配信サービスです。

「動画配信サービス?」そうメインは動画配信サービスですが、特典の1つとして雑誌読み放題になるんですよね。

月額料金1,990円で見られる雑誌数は70誌以上となっています。

これだけじゃ圧倒的に物足りませんが、メインは15万本以上の動画ですよ。

1,990円と高めの料金設定ですが、見放題の動画だけで13万本の映画やドラマが見放題になります。

残りの2万本は、レンタル作品ってことですね。「なんだレンタル作品もあるのか」とがっかりする人もいるでしょうが、U-NEXTは毎月1,200ポイントの付与があります。

この1,200ポイントを利用して、他の動画配信サービスでは見られならい新作映画とかが見られるわけです。(もちろんポインは課金も可能)

しかもこのポイントは、電子書籍に使えるので、マンガや書籍をポイントで購入することだってできます。

雑誌読み放題としては、バックナンバーが読めないなどの欠点はありますが、特典の1つだと思えば及第点。

さらに無料トライアル期間も31日間あり、登録すれば600ポイントも貰うことができるので、試したこと無い人がいれば、今すぐ試すべきですね。

⇓試してみる⇓

31日間無料トライアル

U-NEXTについて詳しく

【タブホ】マイナー雑誌が見放題

こんな方におすすめ

タブホの概要

  • 運営会社:OPTiM
  • 月額料金:500円
  • 配信雑誌数:900誌以上
  • 無料期間:24時間

タブホは、株式会社OPTiMが運営する雑誌読み放題サービスです。

900誌以上の雑誌が月額500円で見られるサービスです。

500円で900誌以上なら、「他のサービスよりいいんじゃない?」と思ってしまいそうですが、実はそうではありません。

900誌以上と言う数字も盛っていると言うか、定期的に更新している雑誌数は他のサービスより少ないんですよね。

1号分しか配信していない雑誌とかも多く、実際に利用してみると物足りなさを感じます。

他にも、雑誌の配信が1ヶ月遅れるので、どうしても雑誌読み放題サービスとしては、そんなにオススメはできません。

ただ、900誌以上と言うのも嘘ではなく、マイナー雑誌の配信は充実しています。

ジャンルとしては、バイク・旅行・料理などの雑誌の配信は雑誌読み放題サービスの中でもトップクラスです。

無料お試し期間は、24時間しかもアプリからしかないので、試してみるならアプリから試してみて下さい。

⇓試してみる⇓

タブホについて詳しく

【コミックDAYS】講談社のマンガ雑誌が読み放題

コミックDAYS

コミックDAYS概要

  • 運営会社:講談社
  • 月額料金:720円/960円
  • 配信雑誌数:6誌/13誌
  • 無料期間:初月/1ヶ月

コミックDAYSは、講談社が運営する雑誌読み放題サービスです。

週刊誌やファッション誌などが読める、いわゆる雑誌読み放題とは違い、講談社のマンガ雑誌が読み放題になります。

講談社には、少年マガジンをはじめ、ヤングマガジンやイブニングなど人気のマンガ雑誌があり、この人気のマンガ雑誌をまとめて定期購読するとお得になるってわけですね。

料金プランは、月額720円/960円の2つ。それぞれ6誌/13誌が読み放題となります。

今現在、講談社で読んでいるマンガ雑誌あるのなら、もはや利用しない方が馬鹿だとも思えるぐらいです。

例えば、少年マガジンを1ヶ月分買うとすると、月に1,440円かかりますからね。

初回無料期間は、WEBからの登録が初月、アプリからの登録で1ヶ月間と違いがあるのは知っておきましょう。

⇓試してみる⇓

初月無料

コミックDAYSについて詳しく

【FODマガジン】フジテレビの動画も見たいなら

FODマガジン

  • 運営会社:フジテレビ
  • 月額料金:888円
  • 配信雑誌数:100誌以上
  • 無料期間:1ヶ月(Amazonアカウントからの登録)

FODマガジンは、FODの有料会員に付いてくる特典の1つです。

FODには、有料プランが数種類ありますが、FODプレミアムが人気もあり、おすすめです。

FODプレミアム会員になれば、月額888円でフジテレビのドラマや映画の動画が見放題になり、さらに雑誌も見放題になってわけですね。

ポイント付与も魅力で、毎月100ポイントが付与され、8が付く日には400ポイントづつ付与されます。

つまり1月に1200ポイントが付与され、このポイントは電子書籍としてマンガなどを購入することもできます。

888円でフジテレビの動画が見放題になり、ポイントも1200ポイント貰えるなんて、お得以外なにものでもありません

アマゾンのアカウントからの登録で、1ヶ月間は無料で試せますし、無料期間中でもポイントは付与されるので、試してみる価値としては十分でしょう。

⇓試してみる⇓

FODについて詳しく

おすすめ雑誌見放題比較まとめ

今回は、おすすめの雑誌読み放題サービスを比較し、紹介しました。

雑誌読み放題サービスを利用してみると、知りたかった情報や新しい情報がお得で簡単に手に入ります。

普段はネットニュースだけって人も、より深い知識や専門知識も得られるのでオススメです。

ほとんどのサービスは、無料期間があるので気になるサービスがあれば試してみて下さい。

おすすめ記事

-電子書籍
-

Copyright© なるほど net news , 2019 All Rights Reserved.